« もしかして最大のナゾなのでは amazonのダンボール箱コンプリートプロジェクト XL02 | トップページ | 自販機になりたい人たち »

2014年3月24日 (月)

サイコロのデザイン

image
サイコロは本来、賭けごとの道具でしたから。
いかに公平で公正で偏りがないかがポイントで、そういう意味ではデザインの余地があんまり無いのかもしれません。


image   ■ 鉛筆サイコロ

作例が多いのはこれかと。
試験中に転がすイメージ。じつは並びが重要で、123…と順に並べたのではダメなようです。
via→(Inspire Me Now pencil dice by Sebastian Bergneさん)  
     
image   ■ サイコロリング

上と同じ六角形ですが、こちらは身に付けるサイコロ。肌身離さず…のイメージ。
最もよく出る面が穴なのもいい。
via→(A Hex Cast as a Die - Core77さん)    
     
image   ■ 振られたサイコロ

まるで目まで振られたようなサイコロ。もちろんちゃんと使用できますが、偏りが無いはずのサイコロを崩すデザイン。
via→(Generate Design: Shaken Dice (シェイクンダイス サイコロ) : Atypyk Paris : Atypykさん)    
     
image   ■ 重力ダイス

方向が無いはずのサイコロに方向を持ってくるとこうなります。
もはや上面は白紙。底はどうなってるの?
via→(Inspire Me Now Gravitation by Suzy Lelièvreさん)    

|

« もしかして最大のナゾなのでは amazonのダンボール箱コンプリートプロジェクト XL02 | トップページ | 自販機になりたい人たち »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もしかして最大のナゾなのでは amazonのダンボール箱コンプリートプロジェクト XL02 | トップページ | 自販機になりたい人たち »