« 未来の象徴だと思ってたあの道具が実現してる件について | トップページ | 顔ハメ看板を持ち歩こう! »

2014年3月10日 (月)

この傘が自立してくれたら手が空くんだけど。

image
…ってときありますよね。どうしても手が塞がる傘。差してない時の傘の邪魔にされようと言ったらもう。
というわけで今日は傘を自立させる方法。一口に自立といっても、
・たてかける もたれかかる
・ホントに立っちゃう
の2タイプあるのです。


image   □ 自在に曲がる持ち手

これは新しい。
持ち手部分がシリコンになってて曲がります。なのでくくったり壁の角度に合わせて立てかけたり。

すごいのは見た目が完全にビニール傘だってこと。
via→(Flexibler - 2013 | concept | Red Dot Award: Design Conceptさん)  
     
image   □ めり込んだような

ちょうど立てかけて安定する角度に持ち手がカットしてあります。立てかける傘。
困るとしたらスーパーの袋を掛けられないことくらいかな。
via→(Lean-able Umbrella by Cheol Woong Seo and Jae Hee Park » Yanko Designさん)    
     
image
image
  □ 先っちょがストッパー

場所限定だけど、他力本願だけど、ちゃんと自立します。
…と思ったら、ドアをストップしてるから共存共栄か。

説明不要でひと目で理解できるデザイン。
via→(wallpaper* graduate directory 2009さん)    
     
image   □ テーブルフック付の折りたたみ傘

ふつうの傘以上に使った後の処理にこまる折りたたみ傘。
テーブルフック付きなので、とりあえずは自立してくれます。
持ち帰るの忘れないように。
via→(Mohock Smart Umbrella by Ju Hyun Lee » Yanko Designさん)    
     
image   □ 足が生えてる

ここからは完全自立タイプ。
有名な脚付きの傘。じゃまにならず、かつ自立できるギリギリのところで設計してあります。
via→(自立傘 :いけてるカサランキング - ランキングシェア byGMOさん)    
     
image   □ 逆に畳む

より安定して自立させるには、こんな方法があったとは。
逆に畳む傘。これなら足元で広がるので自立します。
さらには濡れてないほうが表に出るメリットも。
via→(傘を逆さまに開くことで閉じたとき濡れず、自立もする傘『アンブレラ』さん)    

|

« 未来の象徴だと思ってたあの道具が実現してる件について | トップページ | 顔ハメ看板を持ち歩こう! »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 未来の象徴だと思ってたあの道具が実現してる件について | トップページ | 顔ハメ看板を持ち歩こう! »