« パッケージ再利用促進委員会 | トップページ | サイコロのデザイン »

2014年3月22日 (土)

もしかして最大のナゾなのでは amazonのダンボール箱コンプリートプロジェクト XL02

image
amazonのダンボール箱コンプリートプロジェクト XL02

amazonさんのダンボール箱をコンプリートしたい!っていうこのブログ企画、
略してA.D.C.P

これまでにもAmazonの箱の七不思議をいろいろ紹介してきましたが。
どれも「こういう理由なのかな」ととりあえずの推測はできたわけです。

でもね、この箱の存在理由だけはもうさっぱり。


Amazonのダンボール箱一覧リスト

困りました。どうしてなんだろ。

新しい箱を設計するなら、当然必要が生じてだと思われるのですが。

このXLシリーズ、ダンボール箱らしい箱が多くて再利用しやすいシリーズなのですが。それもそのはず、どれもほぼ同じ大きさなのです。

このXL02、XL06、XL08、XL12。どれも数ミリの違いしかなく、箱の仕組みであるワンタッチ底まで同じです。まだコレクションしていないものもあるのでわかりませんが、もしかすると他にもまだあるのかもしれません。

いったいなぜ。そしてどう使い分けるの。おしえておじいさん。

image
XL02、XL06、XL08、XL12はほぼ同じ大きさ。
 

XL02

外形 約W402 D314 H210(mm)
ワンタッチ底タイプ

宅配便の梱包箱として使用すると
→100サイズ
日本郵便 運賃表(荷物)
ヤマト運輸 料金検索
佐川急便 料金検索

|

« パッケージ再利用促進委員会 | トップページ | サイコロのデザイン »

ADCP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パッケージ再利用促進委員会 | トップページ | サイコロのデザイン »