« できない!できないよ!これって不可能物体なの? | トップページ | 切断の表現 »

2014年3月28日 (金)

2種類のしおりに見る棚から本を抜き出すデザイン

image
ギッシリ詰まった本棚。
引き抜きにくいですよね。
それを解消する"しおり"があるのですが、そのデザインは全く違うのです。


image
image
  ■ Bookmark' by Ivan Zhang

まるでアイスクリームのスプーンのようなしおり。
使い方もまったく同じ、中央で半分に折って使用します。

ちょうどスプーンの皿にあたる部分が外に飛び出して指をかける構造。

考え方としては、タテのものをヨコに変換するデザインなのです。
本から上に飛び出すのも大きな特徴。ひと目でわかります。
via→(Bookmark' by Ivan Zhangさん)  
     
image

image
  ■ P-Hook Bookmark by Pyloneer

こちらはP-Hookと呼ばれる商品。
いっけん何に使う道具?って思っちゃうカタチなのですが、使用写真を見れば誰もが理解できるデザインなのです。

指掛かりが大きく飛び出すのですが、それは必ず空いてる前面になってます。これなら高さがぴったりな本棚でも使用可能。

首の部分にかかるチカラが半端ないので、使用する材料に強度が必要になりますね。

考え方や構造の違いがちゃんとカタチに現れるのです。デザインって面白い。
via→(get that book without trouble: P-Hook Bookmark Sign | perfect cubeさん)→(P-Hook Bookmark by Pyloneer | Emmo Homeさん)    

|

« できない!できないよ!これって不可能物体なの? | トップページ | 切断の表現 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« できない!できないよ!これって不可能物体なの? | トップページ | 切断の表現 »