« 紙コップのデザインに見る使い捨て文化 | トップページ | タングラムをリアルにプロダクトに応用した例 »

2014年2月25日 (火)

ぴったりはまる あの感じ

image
ふだん生活してる中で、あっ!っと思うあの感じ。予期せぬものがぴったりはまっちゃうあの瞬間って、なんだかうれしい瞬間なのです。
あ、ペットボトルはリサイクルへ。


image   □ モップがスルリと

割と頻度の高い、うれしい瞬間だと思うのです。モップや掃除機がスルリと抜ける瞬間。掃除機だと高さが合うっていう瞬間もありますよね。
via→(The Joy of Objects That Fit Together Perfectly For No Good Reason - Core77さん)  
     
image   □ 無印良品のペンケースって実は

これは意外な発見。チロルチョコレートが12個ぴったりサイズとのこと。もしかするとチロルチョコレートが世の中のモジュールかもしれないのです。
via→(Twitter / Canopus_072: 【世紀の】無印良品の筆入れに、チロルチョコが一ダースぴったり ...さん)    
     
image   □ ぴったりはまる をアートに 

そんな「あの感覚」をアートに。Michael Johanssonさんの作品です。単に埋めただけじゃなくって、大きさや微妙ないろの違いのバランス。
via→(Michael Johanssonさん)    
     
image   □ ぴったりはまるの本

そして実は、その感覚を1冊にまとめた本がかつて出版されていたのです。佐藤雅彦さんのぴったりはまるの本。2006年の出版です。
印刷されたカタチを元に、家の中でぴったりのものを探すのです。
知る限りもっとも情報が少ない本で、かつもっとも想像力の引き出される本。
via→(Amazon.co.jp: ぴったりはまるの本 (ピタゴラブック): 佐藤 雅彦, ユーフラテス: 本さん)    
     
image  

【本日のプレみや】
珪藻土のたまごコンクリートのりんご

食べられないけどタマゴとリンゴ。


|

« 紙コップのデザインに見る使い捨て文化 | トップページ | タングラムをリアルにプロダクトに応用した例 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紙コップのデザインに見る使い捨て文化 | トップページ | タングラムをリアルにプロダクトに応用した例 »