« ゴッホの世界を再構築してみる | トップページ | なぜかそそられる 折りたたむプロダクト »

2014年2月18日 (火)

ピザを切るための道具にみるデザイン進化の方向

image
via→(ピザフォークカッター - Engadget Japaneseさん)
国によってはピザは日常食なわけで。ピザを切る行為も日常茶飯事なのです。
となるとそのための道具もいろいろと進化するはず。

上はフォークにカッターがついたもの。ひとりならこれでじゅうぶん。案外ピザ以外でもこれ1本でいけるんじゃないだろうか。食べる行為と結びつく珍しい例です。
今日はその他3題。


image   □ スタートレック・ピザカッター

圧倒的によく見る進化は、○○風のカタチをしたピザカッター。これはエンタープライズ号。ちゃんと持ち手になってます。
via→(ThinkGeek :: Star Trek Enterprise Pizza Cutterさん)    
     
image   □ まっすぐ切れるピザカッター

まっすぐ切りたい!を満たす方向の進化も。これはレーザー照射で切る方向を示してくれるカッター。
viavia→(You've Gone Too Far: Tactical Laser-Guided Pizza Cutter | Geekologieさん)    
     
image   □ 同じ大きさに一度で切り分ける

まったく同じ大きさに切れる巨大なハサミ。

ここでふと、「人数分同じ角度に切る道具」がほとんど無いことに気づくのです。これはきっと、ピザはケーキと違ってひとりで複数片を食べるので、人数分にわける必要が無いからでは、と想像するのです。
via→(Pizza Scissors, Anyone? - Core77さん)    
     
image  

【本日のプレみや】
かみの工作所さんの 紙のゲーム

紙であることをテーマに開発されたゲームたち。


|

« ゴッホの世界を再構築してみる | トップページ | なぜかそそられる 折りたたむプロダクト »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゴッホの世界を再構築してみる | トップページ | なぜかそそられる 折りたたむプロダクト »