« 味見用のケーキも一緒に焼けるnibbleに見るデザインの進化 | トップページ | ガラスが隔てる2つの世界 »

2014年2月 4日 (火)

中央をホッチキスで"中とじ"するには

image
ステープラーはアームの届く範囲しか作業できないので、中央中とじは苦手なのです。大型で中央まで届く特殊なステープラーも発売されていますが、今日はより小型のもので中央を閉じる方法。


image   □ マグネットを利用して中とじする

上からガチャンと押しこめば中とじ完了。下のガイドは分割されていて、マグネットで位置合わせができるようになっています。
このアイデアなら小型化可能。
via→(Center Stapler by Daehyun Kwon » Yanko Designさん)  
     
image   □ 回転させて中とじする

良く考えると中央って左右からだと遠いけど上下からなら近いのです。
ヘッドを回転できるホッチキス。マックスさんの商品です。→(ホッチくるさん)
via→(3分LifeHacking:中綴じ製本を行うツールを比較する - 誠 Biz.IDさん)    
     
image   □ ガイドだけを単品でセットする

針を閉じなくても良いのなら、上から叩き込めばいいわけで。
そこでガイドだけの商品も発売されています。やっぱりマックスさんから。定規になっていて、紙を挟み込んで位置合わせできる点が秀逸。
via→(中とじカンタン!多機能スケール MC-140 - 文具・オフィス機器 - 製品情報 - マックス株式会社さん)    
     
image  

【本日のプレみや】
イームズの張替えを検討している方に。座面カバーっていう方法がありますよ

イームズのクッション座、いつかは必ず痛むのです。


|

« 味見用のケーキも一緒に焼けるnibbleに見るデザインの進化 | トップページ | ガラスが隔てる2つの世界 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 味見用のケーキも一緒に焼けるnibbleに見るデザインの進化 | トップページ | ガラスが隔てる2つの世界 »