« nendoさんのおはし | トップページ | 中央をホッチキスで"中とじ"するには »

2014年2月 3日 (月)

味見用のケーキも一緒に焼けるnibbleに見るデザインの進化

image
nibbleっていう名前のケーキ焼き型が発売されているのですが。
ホールケーキを焼くと同時に、味見用のひとくちケーキも焼けてしまう、という一品。
じつは製品版の前に、プロトタイプも発表されていたのです。
ところが目的はおなじでも、デザインの意図がちょっと異なるのです。
どう異なるかというと…


image   □ nibbleプロトタイプ

プロトタイプでは持ち手の片側をちょっと広げて、そこに余分のケーキを充填できるようになってました。フタを閉めるとカットできるアイデアも。
「取手は丸い形の余分だよね」っていうデザインは明快で、ニヤリとできる要素もあるのです。大きな話題になりました。
via→(Baking Utensils | my Boulangerieさん)  
     
image   □ nibble製品版

そして製品版はこう。
取っ手部分を片方にして、シリコン型のひとくちプレートがつきました。
これならフタも要らず、ケーキ本体の側面にキズをつけることもありません。使い勝手は大幅に向上。
「余分に焼けるよ」っていうニヤリ感は減衰するけれど、ユーザーには無用なわけで。デザインの難しさ。
via→(Nibbleさん)    
     
image  

【本日のプレみや】
椀ショット極 さえあればワンプッシュでお味噌汁 3/31まで特別価格だそうですよ

む、欲しい。家庭標準になる日も近いんじゃないのか。


|

« nendoさんのおはし | トップページ | 中央をホッチキスで"中とじ"するには »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« nendoさんのおはし | トップページ | 中央をホッチキスで"中とじ"するには »