« コクヨさんの新しい多機能ダンボール箱 kami-no-hako(かみのはこ) | トップページ | たかが一切れ されど一切れ »

2014年1月24日 (金)

机の足を収納するためのギミック

image
テーブルはその体積の9割以上は空間なので、脚だけを自分で組み立てるタイプのテーブルはたくさんあるのです。
脚を収納するということは、同時にテーブルの組み立てをデザインする、ということでもあるのです。


image   □ テーブルからローテーブルへ1

まずは珍しいタイプから。脚を変形させることで、ローテーブルへと変化します。そのギミックは天板を折りたたむだけ。
この両者でまったく異なるデザインのテーブルになるのも楽しいのです。
via→(The MK1 Transforming Coffee Table Can Convert Into a Dining Table in Secondsさん)  
     
image   □ テーブルからローテーブルへ2

こちらもローテーブルに変化するのですが。まるで動物がしゃがんだよう。
バンビと名付けられたテーブルです。
via→(Designline Küche - Newcomer: Bambi | designlines.deさん)    
     
image   □ 天板に収納してみる

こちらは脚を収納して1枚の板になってしまうテーブル。これなら搬送はカンタンです。
とはいえ天板の中に完全に入ってしまうタイプは珍しいのです。
via→(Perfect Design for a Flatpack Trestle Table: Gumdesign's Mastro - Core77さん)    
     
image   □ 一切の工具を使わずに組み立てられるテーブル

こちらは天板まで完全に分解できるので、もはやキットには板しか入っていません。
その板を組み合わせて、脚をくさび代わりにして固定するデザイン。
これなら工具は全く不要なのです。
via→(Timber Table | Furniture | Homeさん)    
     
image   □ 斜めの天板で脚を留める

最後は構造がそのままデザインになってます。
斜めにカットされた板を差し込めば、もうガッチリ脚に食い込みます。
あ、テーブルかと思ったらベンチですねこれ。
via→(London Design Festival 2010: Designs for Hand Luggage Dimensions at Norweigan Prototypes - Core77さん)    
     
image  

【本日のプレみや】
多色スタンプ台 イロドリパッド


|

« コクヨさんの新しい多機能ダンボール箱 kami-no-hako(かみのはこ) | トップページ | たかが一切れ されど一切れ »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コクヨさんの新しい多機能ダンボール箱 kami-no-hako(かみのはこ) | トップページ | たかが一切れ されど一切れ »