« 机の足を収納するためのギミック | トップページ | セロハンテープの端を見つける方法 »

2014年1月27日 (月)

たかが一切れ されど一切れ

image
via→( France 3 Basse-Normandieさん)
ケーキと聞いてまずイメージするのって三角の一切れか丸いホールケーキかどっち?
両方のイメージが根付いた珍しいデザインなのですケーキって。
上はフランスの「買った商品の一部をそのまま寄付する運動」。CGだけど、ひと目で意味がわかる広告なのです。


image   □ 一切れ分の金額を寄付する運動

日本でもそういう運動は存在します。しかもビジュアルでそれとわかるデザイン。実際に一切れぶん欠けた状態で販売されるホールケーキ。
via→(この冬、「一切れ欠けたケーキ」が途上国の子供を救う?|これが気になる!|ダイヤモンド・オンラインさん)  
     
image   □ ケーキ一切れ分のカバー

ケーキって保存するときちょっと困ります。ラップをするとクリームでベタベタに。そこでこんな商品が販売されていますよ。特別な一切れのために。
via→(ヤムヤムカバー|ボウル & プレート,スウィーツ|Sghr online shopさん)    
     
image   □ ケーキ袋

ケーキを一切れだけ買う時ってなんだか申し訳ない気持ちに。ちゃんとあのケーキ箱に入れてもらえるので。
一切れのための袋。そのまま開封して、手で食べることも可能なのです。
via→(『ケーキ袋』 | 2013日本パッケージングコンテスト|社団法人 日本包装技術協会さん)    
     
image   □ サーバー→紙皿→スプーン

1枚の紙なのですが、サーバーとしてホールから取り出し、紙皿としてケーキを乗せ、さらにスプーンにすることも可能。
via→(Cakes Ret’ To Eat » Yanko Designさん)    
     
image  

【本日のプレみや】
Kindleで角川文庫が軒並み70%オフの祭り状態になってますよ

つい大量大人買い。文庫本を持ってるけど買っちゃった本もあるのです。本で床が抜けそうなので、全部電子書籍にしたい。


|

« 机の足を収納するためのギミック | トップページ | セロハンテープの端を見つける方法 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 机の足を収納するためのギミック | トップページ | セロハンテープの端を見つける方法 »