« 突き抜けたデザイン 貫通してみました | トップページ | 日本パッケージングコンテスト2013の結果を見る »

2013年12月25日 (水)

とりあえず時計を補修してみた っていう3題

image
時計はとにかく時間を正確に伝えることが必要で、情報の第一優先事項なのです。
故障なら修理が必要ですが、不都合があっても時を刻む場合にはとりあえず補修しちゃいましょう。っていう3題。


image   □ 時計が割れたので

これすごい。
どういう状況ならこんな風に割れるのかわかりませんが、とにかく駆動部が無事だったのでしょう。足し方が秀逸です。
via→(There I Fixed It: Kludging 'Round the Klock - Cheezburgerさん)  
     
image   □ 時計が見にくかったので

これ感心しました。
壁と同色で視認性が悪かったようですよ。そこで目盛りをくり抜いた紙を貼ってあるのですが、これを思いつくってすごい。
via→(視認性 : 藤崎圭一郎の雑思録さん)    
     
image   □ 時計が止まっちゃったので

え!?
外せなかったの?どうしても?っていう状況でしょうか。上からもう一台貼っちゃってます。でも時計はここにしか設置しちゃダメなの?
via→(It Was Just a Matter of Time - Cheezburgerさん)    
     
image  

【本日のプレみや】
とっても手ごろな大きさと価格の木彫のシカを飾ってみる


|

« 突き抜けたデザイン 貫通してみました | トップページ | 日本パッケージングコンテスト2013の結果を見る »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 突き抜けたデザイン 貫通してみました | トップページ | 日本パッケージングコンテスト2013の結果を見る »