« 日本パッケージングコンテスト2013の結果を見る | トップページ | これはもうイヤホンジャックがたくさん要るのでは?イヤホンジャックに挿して機能するガジェット5選 »

2013年12月27日 (金)

2013!カミノデザインが選ぶ10大コンテンツと紙のニュース!

image
さあ今年もやりますよ10大ニュース!
2013年を全体的に見ると、エコが新しい方向に向かった気がします。
特に企業自ら発信する「パッケージの楽しい再利用」の波は、今後も続くと思うのですよ。
またスマホの爆発的な普及から、紙とデジタルの融合が進んだ年でもありました。
もうひとつ、紙で○○を作ってみた や、紙で○○を表現してみた、っていうアイデアが光った年でもありました。


imageimage
image
  □ 企業が発信するパッケージの楽しいリサイクル法

最初はもうこれだと思います。
楽しくなくちゃリサイクルじゃない!っていうことを、CMを利用して大きく広告する会社が現れたことはカミノデザインとしては衝撃だったのです。
この波、きっとまだまだ広がりますよ。

(しぼってリサイクルする | い・ろ・は・す (I LOHAS) 公式サイトさん)

(こうさくハウス|キッズおかしランド|株式会社 明治さん)

(カップヌードル - Google+ - え、段ボール? さん)
     
image   □ Amazonの箱がますます多様化してる件

写真はXM15。永く続いたXM02時代が終わりを告げた瞬間でもありました。そして時代はXM39へと続いていきます。
もはやAmazonの中の人さえ全貌を把握してないんじゃないかとさえ思える多様化っぷりです。そして箱の仕組みの進化がすごい。
via→(amazonのダンボール箱コンプリートプロジェクト XM15: カミノデザイン【kaminodesign】)    
     
image
image
  □ ダンボールが新しい使い方をされ始めました

上の写真はクッキーの箱なんですけど、空き箱がそのまま「おままごと」に仕様できます。ただそのためにかけてるコストや手間はかなりのものですよ!そしてなにより美しい。

下の写真はサムスンのダンボールプリンタ。これからの新しい電化製品のコンセプトを見た気がするのです。
via→(Thelma's Treats - The Dieline -さん)
via→(サムスンがデザインした、画期的な「折り畳み」プリンター3種 « WIRED.jpさん)
   
     
image   □ ミスドツールボックス

今年はダスキンさん50周年なのだそうですよ。みんな大好きミスタードーナツ、あの箱そのものも好きな人って多いですよね。そんな「あの箱」を再利用して、ツールボックスにしてしまう方法です。
via→(ミスタードーナツの箱を再利用する方法: カミノデザイン【kaminodesign】)    
     
image
image
  □ 新しい「伝え方」が登場しました

スマホやiPadを利用した広告が現れた年でもありました。

上はポカリスエットの広告。雑誌の記事とiPadを直接組み合わせて、広告を発信する試みです。

下は朝日新聞の朝刊オピニオン面に現れた「読めない記事」。
デジタル全盛の時代にあって、印刷物で新しいことを表現する画期的な試みと思うのです。
via→(POCARI SWEAT EFFECTさん)
via→(朝日新聞が「壊れた!」それとも暗号か 朝刊オピニオン面に「超難解」CGアート : J-CASTニュースさん)
   
     
image   □ 渋谷駅を作るひとたち

そして街も変化していきます。特に渋谷駅の迷宮っぷりは一段と進んだようで、その全貌を明らかにするために渋谷駅を手作りする人たちが現れました。
via→(渋谷駅をつくる人たち: カミノデザイン【kaminodesign】)    
     
image   □ colAR Mix App

ここからは発明編。
驚愕のスマホアプリです。
自分で塗った紙の塗り絵が、そのまま動き出すのです。
via→(写真を立体にする技術: カミノデザイン【kaminodesign】)  
     
image   □ 一冊なのに複数のストーリーが楽しめるパラパラ漫画

小口のカットを工夫することで、指の位置によってめくるページが変化します。つまり複数のストーリーが楽しめるフリップブック。
via→(3種類の小口ページを交互に重ねて製本することで、6通りのストーリーが楽しめるフリップブック「KALi, The Little Vampire Magic Flip-Book」 | mifdesign_antennaさん)    
     
image   □ コクヨデザインアワードのアタリ!

驚愕のグランプリ作品は、「ガリボール」でした。
もう誰が見ても見た瞬間に理解できるのです。
インクを使い切ると表れる「アタリ」。使い切ること、使い切る楽しみ、特別な一本。そしてもう一本もらえる新しいサービスへ。すべてがつながるデザイン。

via→(コクヨデザインアワード2013結果発表!: カミノデザイン【kaminodesign】)    
     
image

image
  □ ホッチキスの進化

もはや進化はないだろう、って思ってるものが進化するとびっくりします。

上はスタープラチナさんの「TVセッター壁美人」。家庭にあるホッチキスだけで、あの取り付けにくかったプラスターボードの壁にテレビを掛けられるようになります。

下は末広システムさんの真ん中から折れる針。手で曲げると折れるので、器具を使うことなくホッチキスの針が外せるのです。
via→(【トレたま】ホチキスでテレビを壁掛け:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京さん)
via→(
【トレたま】折れるホチキスの針:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京さん)
   
     
image   【本日のプレみや】
2013年プレみや実際に買って良かったものリスト

|

« 日本パッケージングコンテスト2013の結果を見る | トップページ | これはもうイヤホンジャックがたくさん要るのでは?イヤホンジャックに挿して機能するガジェット5選 »

紙について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本パッケージングコンテスト2013の結果を見る | トップページ | これはもうイヤホンジャックがたくさん要るのでは?イヤホンジャックに挿して機能するガジェット5選 »