« 各国カンニング防止策に見る覗き見防止装置について | トップページ | なんとしても!酒を隠す人たち »

2013年9月 3日 (火)

渋谷駅をつくる人たち

image
工事の人、っていう意味じゃなくって。

先日終了した渋谷駅体得展。行ってないんですけども。しかも終了してから記事にするカミノデザイン。
地下迷宮と呼ばれる渋谷駅。もはや全貌を知るにはこの方法しかないのです。


image   □東京メトロ 渋谷駅構内図

公式構内図です。あまりに密度が濃すぎて、もはや階段がほぼ垂直。
via→(渋谷駅 構内図|東京メトロさん)  
     
image   □渋谷駅体得展の1/100模型

昭和女子大学田村研究室制作。地道な計測の結果で、膨大な作業にクラクラします。模型、っていうのがポイントで、例えていうと地表の穴からセメントを流し込んで引っ張り上げればこの形になるはずなのです。
via→(迷宮・渋谷駅の構造を模型で展示 通勤経路を一目で :日本経済新聞さん)    
     
image   □デイリーポータルZさんのダンボール渋谷駅地価地図

2013年5月の記事から。ダンボールを切り抜いて立体地図を作る試みです。こちらは地図だ、っていうのがポイントです。実際に構内図とYahoo地図を元に徒歩で地図を作成されたようですよ。
ちなみにYahoo地図は地下街が記載される貴重な資料なのです。
via→(@nifty:デイリーポータルZ:ダンボールで渋谷駅の地下地図を作るさん)    
     

【本日のプレみや】

  イワタニマテリアルさんのフロイスと手おけ

|

« 各国カンニング防止策に見る覗き見防止装置について | トップページ | なんとしても!酒を隠す人たち »

紙でできたもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 各国カンニング防止策に見る覗き見防止装置について | トップページ | なんとしても!酒を隠す人たち »