« もっとも"ダンボール箱"のイメージに近い amazonのダンボール箱コンプリートプロジェクト XL04 | トップページ | “落ち”部分で作る »

2013年9月20日 (金)

原寸大のプラモデル ちっさいの

image
原寸大なのに小さいって矛盾してるけど身の回りのものっていう意味。

原寸大だと本当に使用できるのですプラモデル。今後は3Dプリンタに置き換わっていくのかもしれません。つまりこの考え方が日用品の標準になるかもしれないのです。


image   □ティーセット

分解可能なプラスチックでできてます。そこんところが「プラスチックだけど使い捨て可能」なイメージを生んでます。
via→→(Biodegradable Coffee Kit | Design | Gearさん)  
     
image   □サングラス

この方式ならカスタマイズも可能なわけで。思わぬものが「継ぎ手の国際標準化」を産み出したりするのかも。
via→(FLOTspotting : Flat Pack Sunglasses by Guillaume Bordas - Core77さん)    
     
image   □ディナーセット

必要なものがぜんぶ1枚に揃ってます。プラモデル化は生活のキット化でもあると気づくのです。
via→(Designline Küche - Newcomer: Snap and Dine | designlines.deさん)    
     
image   □タミヤ名刺

世界中でニヤリとできる数少ない企業なのですタミヤさん。
これは情報のキット化ですね。
via→(Cutout Business Card by Tamiyaさん)    
     
image   □ズワイガニ

最後は乙幡さんのポータルZ企画から。本物のカニを分解し、ボールジョイント接合で可動するカニモデル、作ってます。
via→(@nifty:デイリーポータルZ:カニの殻で“カラモデル”を作ったよさん)    
     

【本日のプレみや】

  リアル脱出ゲームを体感できるグッズ

|

« もっとも"ダンボール箱"のイメージに近い amazonのダンボール箱コンプリートプロジェクト XL04 | トップページ | “落ち”部分で作る »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もっとも"ダンボール箱"のイメージに近い amazonのダンボール箱コンプリートプロジェクト XL04 | トップページ | “落ち”部分で作る »