« 道頓堀角座広場のKOKUYOさんのオープンファニチャー | トップページ | amazonのダンボール箱コンプリートプロジェクト XM07 »

2013年8月 8日 (木)

夏休みの工作特別記事 うごくしくみ

image
夏休みの工作のネタを探す方法の一つは、動く仕組みから発想することです。

うごく工作ってクラスのヒーローですよね。決まって返却時には壊れされてたり。
このいっけん難易度の高い動く工作、じつはそこからスタートすればとっかかりになるのです。
…っていうヒント記事がCore77さんで特集されてますよ。
Kinetic Design and the Animation of Products, by Ben Hopson - Core77


image   ▶ Claw - YouTube

真ん中に見えているヒモ状のものは戻すためのゴムだと思うので。開閉だけなら手動でも可能ですよ。
     
image   ▶ Jumping Cube - YouTube

むむ、これはあんまり仕組みが写ってないんですけど。動力はゴムだと思うのですが、良く見ると側面もフタがされているのです。
     
image   ▶ Vacuum Cleaner Attachment - YouTube

これいい!とってもいいです。見ただけで例えばワニの口やマジックハンドなんかにも使えそうです。
     
image   ▶ hinging fan sketch - YouTube

とっても面白い動きをするのですが、何に応用できるかはちょっと考える必要がありますよ。
     
【本日のプレみや】   ステッカー・ファインド(Stick-N-Find)は失くしモノアプリの決定版か?

|

« 道頓堀角座広場のKOKUYOさんのオープンファニチャー | トップページ | amazonのダンボール箱コンプリートプロジェクト XM07 »

紙を加工する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 道頓堀角座広場のKOKUYOさんのオープンファニチャー | トップページ | amazonのダンボール箱コンプリートプロジェクト XM07 »