« どうみても惑星に見えるシリーズ | トップページ | できあがった夏休みの工作をコンテストに出してみませんか »

2013年8月28日 (水)

amazonのダンボール箱コンプリートプロジェクト XM11

image
amazonのダンボール箱コンプリートプロジェクト XM11
amazonさんのダンボール箱をコンプリートしたい!っていうこのブログ企画、
略してA.D.C.P

XMシリーズの用途はいわゆる"ふだん使い"。流通量も最も多く、種類も最も豊富なシリーズなのです。
あまり知られていませんが、大きさが全く同じなのに箱の仕組みが異なるものがあるのも特徴です。


Amazonのダンボール箱一覧リスト

小型の箱が多いXMシリーズ。流通量も多く、ふだん最も目にするシリーズなのです。また外形がまったく同じサイズで箱の仕組みだけが異なるものが多いのも特徴ですが、このXM11ではXM08とXM07とほぼ同じ大きさです。

違いはワンタッチ底かみかん箱タイプかの仕組みの問題なのですが、みかん箱は強度がある代わりに上下にテープを貼らねばならず手間がかかります。このあたり、ラインと重量によって使い分けがなされているのかもしれません。

となると、これを区別するマニュアルかプログラムが存在するはずで、おそらく経験則か実測かはわかりませんが商品の重量が計測されているはずなのです。これを7不思議の一つに認定したいと思うのです。

image
底面はワンタッチ底。
 

XM11

外形 約W330 D251 H172(mm)
ワンタッチ底タイプ

宅配便の梱包箱として使用すると
→80サイズ
日本郵便 運賃表(荷物)
ヤマト運輸 料金検索
佐川急便 料金検索

【本日のプレみや】クレープを焼くためのフライパン ホットケーキを焼くためのフライパン

|

« どうみても惑星に見えるシリーズ | トップページ | できあがった夏休みの工作をコンテストに出してみませんか »

ADCP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どうみても惑星に見えるシリーズ | トップページ | できあがった夏休みの工作をコンテストに出してみませんか »