« 月をつかまえる | トップページ | amazonのダンボール箱コンプリートプロジェクト XY14 »

2013年7月11日 (木)

転がる人々 宇宙を携帯する方法について

image
ものすごく小さい世界なのに、どんなに歩いても果てにたどり着くことはできません。 もはや宇宙。転がることは宇宙を携帯する方法なのでは。


image   丸い家 (Laughing Squidさん)

家を完全に持ち運びできるようにしてしまった例。このスペースで人は暮らせるのだという意思表示でもあります。
     
image   携帯できる芝 (DVICEさん)

この写真が真にすごいのは、手に持ってる靴だと思うのです。
     
image   本のある生活 (Bis Morgenさん)

本は中から取れない点にも注目。ところで今日の3つ、直径がだいたい同じなことにも意味がある気が。
     
【本日のプレみや】   分銅って美しい 分銅型のウエイトとキャニスターをセットで贈ってみる

|

« 月をつかまえる | トップページ | amazonのダンボール箱コンプリートプロジェクト XY14 »

紙と平面世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 月をつかまえる | トップページ | amazonのダンボール箱コンプリートプロジェクト XY14 »