« 開くと都市が飛び出す超絶ポップアップがある件について | トップページ | 紙を巻いて鉛筆をつくる人たち »

2013年5月13日 (月)

ティーバッグを引っ掛けるためのデザイン

image[2][4]

ティーバッグって持ち手は必ずカップの外に出ていなければならないのですが。そこには新しいデザインの余地がありえます。
そんな”引っ掛ける”ティーバッグの世界を、今日はいくつかご紹介。

 



image[5]   バタフライ ティーバッグ (Yanko Designさん)

まずはティーバッグそのものに引っ掛ける機能がついているものから。最も数の多いパターンでもあります。これは蝶。
     
image[8]   パーティで活躍するかたつむり (LikeCOOLさん)

引っ掛ける専用道具は珍しいのです。これは多人数のときのグラスマーカーとしても使用できるかたつむり。
     
image[11]   絞り機能つきマグカップ (LikeCOOLさん)

ひっかけるミゾのついたカップはいくつかありますが、「絞る」機能がついたものを初めて見ました。初めてみるものなのに、見れば誰もが理解できるのです。
     
image[17]  

ハング! (sasapongroove!!さんで知りました)

じつはホチキスの針の位置も絶妙なのです。

【本日のプレみや】濱文様のビーチサンダルと和手ぬぐいバスタオルをセットで贈ってみる



|

« 開くと都市が飛び出す超絶ポップアップがある件について | トップページ | 紙を巻いて鉛筆をつくる人たち »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 開くと都市が飛び出す超絶ポップアップがある件について | トップページ | 紙を巻いて鉛筆をつくる人たち »