« ダクトテープでつくる世界 | トップページ | amazonのダンボール箱コンプリートプロジェクト XM05 »

2013年5月16日 (木)

脚が本体よりも内側にある椅子をスタッキングする方法

image
身の回りにもあると思います積み重ね可能なイス。
ところがそれらはほとんど、座面より脚が外にはみ出してるはずなんです。逆に脚を内側に入れたイスをスタッキングさせるのってものすごく難しいこと。
今日はそれを可能にしたイスをいくつかご紹介。

 



image   ヒュケリスツール ヒノキ (スタイルストアさん)

脚をナナメにすれば、上部では脚と本体を一体化でき、さらにデザインにも利用できます。間伐材のヒノキで作られた美しいスツール。
     
image   ソデント デスク (ナカヤマ木工さん)

脚をナナメにするのではなくてナナメに"削いだ"例です。その三角形の穴がそのまま特徴的なデザインに。イスではなくてテーブルの例。
     
image   Kulms Chair (Design Spotterさん)

外に脚を出すのではなくて中に出す珍しい例です。結果三本脚になりますが、1枚のプレートを曲げたような特徴的なデザインに。
     
image   Parts of a Rainbow (laissezfaireさん)

最後は上ではなく横に重ねる珍しい例。イス全体が中空にテーパーが取られていて、お互いがお互いの中に差しこみ可能になっています。
【本日のプレみや】グリコ「パトンドール」ラインナップの変更



|

« ダクトテープでつくる世界 | トップページ | amazonのダンボール箱コンプリートプロジェクト XM05 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ダクトテープでつくる世界 | トップページ | amazonのダンボール箱コンプリートプロジェクト XM05 »