« ダンボールインテリアまとめ ③と⑥平面・グラフィックタイプ | トップページ | ダンボールインテリアまとめ 【量産可能】⑤ユニットタイプ »

2013年3月14日 (木)

ダンボールインテリアまとめ 【量産可能】④ダンボール箱タイプ

今週一週間の特集記事。ダンボールインテリアは大きく分けて・世界にひとつタイプ と・量産可能タイプ に分かれます。

A 世界にひとつタイプ (1パーツずつ異なり、量産がむつかしい)

サンプルカットタイプ (パーツをひとつひとつ切り出す建築様式)
積層タイプ (シートを重ねてつくる シートは1枚ずつ異なることも)
平面・グラフィックタイプ (切り抜きまたは印刷や絵でデザインを作る)

B 量産可能タイプ (基本的なパーツは同型 量産・販売が可能)

ダンボール箱タイプ (箱を積んで作成 単に載せるか接着による積み)
ユニットタイプ (ユニットを積んで作成 積む仕組みがあり接着不要)
平面・グラフィックタイプ (同じ切り抜きや印刷によるスクリーン状)

今日は④番のダンボール箱タイプ。じつはダンボールインテリアで最も数が多いのはこのタイプなのです。箱は特注する場合が多いのですが、軽くて大きいので数箱でも空間構成できるメリットがあります。ただ互いに接着して製作されることが多いので、箱は手に入っても積み方を再現することが難しい面もあります。

imageDeskontalia store in Donostia by VAUMM (Dezeenさん)

まさにインテリアとして使用されている例ですが、その大きさも配置もグラフィックもカンペキに計算されていることがわかります。リンク先下部に図面があるのですが、図面までも美しい。


image London Design Festival 2008: Cardboard Cafe (Core77さん)

おそらくはこの展示のために特注されたボックス。二重になっていて、側面のオレンジ色が強烈な印象を与えます。それをチラ見させるための曲面配置。


image booth-generator (RhinoJungleさん)

ピザの箱を積んだ例です。そう考えるとピザの箱って薄くて平たいので積むのにはうってつけ。



image Box Top Shop (Architonic さん)

こちらも珍しい、ダンボール箱をそのまま什器に利用したデザインです。といってもこのために特注された箱なのですが、「箱そのままです」っていう演出が楽しい。


image Living Nature : By Hector Ruiz Velázquez (HouseVarietyさん)

これすごい。この規模で使用された例は珍しいと思うのです。いっけん組積造ですが、ダンボールが外皮として使用されています。レンガやタイルのようですね。


image

Aesop at Merci by March Studio (Dezeenさん)

いやもういっそのこと積まずに使用した例。ネットに入れて吊ってあります。なるほどその手があったか。

 

 

【本日のプレみや】絵で理解する 「パリvsニューヨーク」と「Life in Five Seconds」をセットで贈ってみる

|

« ダンボールインテリアまとめ ③と⑥平面・グラフィックタイプ | トップページ | ダンボールインテリアまとめ 【量産可能】⑤ユニットタイプ »

紙でできたもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ダンボールインテリアまとめ ③と⑥平面・グラフィックタイプ | トップページ | ダンボールインテリアまとめ 【量産可能】⑤ユニットタイプ »