« 紙でできた靴 | トップページ | さんけいさんのみにちゅあーとキットシリーズ »

2013年3月22日 (金)

ダンボールで作る古代生物 アノマロカリス シーラカンス オウムガイ カブトガニ

imageアノマロカリス (マゴクラ magocraft)

ダンボールで製作する組立工作キットって、「相互のミゾの差し込み」で作られることが多いのです。厚みがあるダンボールシートならベストな方法。でもこの方法、面や丸みを表現するのが難しいんですよね。

image シーラカンス

逆に面で構成する工作の代表格は、いわゆるペーパークラフトです。薄い紙なら丸めることもできるので、丸みや膨らみは大得意。「のりづけ」が必要なことが多いのですが、厚いダンボールの場合にはのりづけはちょっと苦手。


image オウムガイ

この古代生物シリーズは、厚さ3mmのかなり厚いダンボールの工作キットなのですが。ちょっと面白い方法で、面や膨らみを表現してあります。またハサミものりも不要にしてあります。


imageカブトガニ

ただしこの方法では、細いけれど大きな径を持つ節のある生物、のほうが向いています。つまり動物や昆虫だと難しいのですね。そこで古代生物。これなら確かにピッタリです。

 

【本日のプレみや】建築モチーフの木のおもちゃ、KUNDEときぐみをセットで贈ってみる

|

« 紙でできた靴 | トップページ | さんけいさんのみにちゅあーとキットシリーズ »

紙でできたもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紙でできた靴 | トップページ | さんけいさんのみにちゅあーとキットシリーズ »