« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月の20件の記事

2013年3月29日 (金)

折り紙の船プロダクト

imageサラダボウル (The Green Headさん)

サラダサーバーの効果も大です。




image 壁面ラック (革新的発明と製品情報さん)

金属板を曲げて作られたラック。船に見えるかどうかは、ほんのちょっとしたことなのです。



image ペンシルケース (Neatoramaさん)

ファスナーの錨がポイントです。




image 紙ナプキンホルダー (Laughing Squidさん)

紙ナプキンを挿すことで完成するホルダー。




image 浮かぶ水栓 (designboomさん)

む、これはボートであることにちゃんと意味があるのです。




image

本当に乗れる紙の船 (TechEBlogさん)

というわけで本当に浮かぶのか?を実践した記録です。

 

 


【本日のプレみや】山田文具店さんセレクトの医療用トレーと万能壷をセットで贈ってみる

| | コメント (0)

2013年3月28日 (木)

漢字家具 漢字そのままのプロダクトや家具がある件について

image 本ブックエンド (Interior design roomさん)

おそらくいちばん有名な漢字プロダクトかと。
実はものすごく計算されたバランスなのです。



image

漢字シェルフ (design milkさん)

"見"の文字のセレクトがものすごく秀逸であることがわかるのです。目的にも形態にもかなってる。



image

月に届く月 (CubeMeさん)

2本増やしても読めるってすごい。きっと10本増やしても読めるのです。100本でも。
そう考えると、いつかきっと月にたどり着くのです。


image重さにいちばん強い漢字はどれだ (デイリーポータルZさん)

デイリーポータルZさんの記事。強度があるかどうかで漢字を分類する試みでもあるのです。

 

 

【本日のプレみや】オランダNEXTIMEの掛け時計 ロミオとジュリエット フリーダム から選んで贈ってみる

| | コメント (0)

2013年3月27日 (水)

編まれた人体

image 編んだ髪 (DesignWorksさん)

髪ってもともと編めるものですが。ニットで表現された髪型。ちょっと粘土っぽい不思議な感じ。



image ニット・ハート (CUTE + DELICIOUSさん)

じつはいわゆる「ハート型」をニットで表現したものはたくさんあるのです。ハートはハートでもこっち。



image 刺繍ポートレート (Yatzerさん)

超絶技法。刺繍で表現された肖像画。




image 編んだ人体 (Neatoramaさん)

臓器と骸骨をニットで表現してあります。色がポップなので大丈夫。



image ニット・スケルトン (MAKEさん)

こちらも同じニットの骸骨ですが。こんな立体的な表現が可能なのですね。離れてみればわからないかも。

 

 

【本日のプレみや】受験のための立体イメージ教材キットを楽しんでみる

| | コメント (0)

2013年3月26日 (火)

ドールハウスのいま

image ダンボールでできたドールハウスとその展開図

ダンボールでドールハウス(人形の家)を作るのって楽しい。リンク先、展開図データまで公開されています。



image コーヒーテーブルドールハウス (LikeCOOLさん)

まるで近代建築のようなドールハウス。よく見るとミゾが切ってあって、開口や間仕切り壁を移動できるようです。ってその考え方も近代建築。


image ギターの中の世界 (Laughing Squidさん)

空間さえあれば、ドールハウスになっちゃうのです。
いかにも音楽好きな感じの部屋。



image

フレームドールハウス (MoCo Locoさん)

まるでスチールの一枚板をくりぬいたかのようなドールハウス。ドールハウスで表現が難しい階段も、素晴らしいアイデアで解決されています。


image

ドールハウスハウス (Famille Summerbelleさん)

とっても不思議なことに、こうされるとスケールや本来の大きさがわからなくなってしまいます。




【本日のプレみや】誰かのために淹れる1杯 ハリオラブドリフィルターとペーパースタンドをセットで贈ってみる

| | コメント (0)

2013年3月25日 (月)

さんけいさんのみにちゅあーとキットシリーズ

image油屋 千と千尋の神隠し

株式会社さんけいさん、という会社があるのです。紙をレーザーカットした組み立てキットを製作されていて、たとえばこんなジブリシリーズも製品化されているのですが…


image なつかしのジオラマシリーズ アパートC

1/150スケールで、ジオラマに使用できる添景キットも発売されているのです。そのマニアックなラインナップっぷりにびっくり。
これはアパート。その小ささと精巧さ。


image 墓石A

墓石。Aとあるので、やがてBも出るんじゃないかっていう。




image 枠組足場セット

足場て!単管は50mmほどですから、1/150だと約0.3mm。さすがに0.3mmでは無いと思うのですが…それにしてもとんでもない精巧さです。単品で欲しい。


image 工事用フェンスB

もうレーザーカットの真骨頂。でもたしかにこういうのがジオラマにリアルを産むのだと思います。



image

材木置場

ああ、ありました!こういう材木置場。トタンの風情がたまりません。しかも着色済み。

 


【本日のプレみや】あのロッテのチョコパイ 濃茶仕立て がプレゼントとオンラインショップで手に入ります

| | コメント (0)

2013年3月22日 (金)

ダンボールで作る古代生物 アノマロカリス シーラカンス オウムガイ カブトガニ

imageアノマロカリス (マゴクラ magocraft)

ダンボールで製作する組立工作キットって、「相互のミゾの差し込み」で作られることが多いのです。厚みがあるダンボールシートならベストな方法。でもこの方法、面や丸みを表現するのが難しいんですよね。

image シーラカンス

逆に面で構成する工作の代表格は、いわゆるペーパークラフトです。薄い紙なら丸めることもできるので、丸みや膨らみは大得意。「のりづけ」が必要なことが多いのですが、厚いダンボールの場合にはのりづけはちょっと苦手。


image オウムガイ

この古代生物シリーズは、厚さ3mmのかなり厚いダンボールの工作キットなのですが。ちょっと面白い方法で、面や膨らみを表現してあります。またハサミものりも不要にしてあります。


imageカブトガニ

ただしこの方法では、細いけれど大きな径を持つ節のある生物、のほうが向いています。つまり動物や昆虫だと難しいのですね。そこで古代生物。これなら確かにピッタリです。

 

【本日のプレみや】建築モチーフの木のおもちゃ、KUNDEときぐみをセットで贈ってみる

| | コメント (0)

2013年3月21日 (木)

紙でできた靴

imageダンボール靴

かわえー。じつはけっこうデフォルメされてて仕組みもシンプルなのだけど、素朴で可愛い。



imageタイベックの靴 civicdutyshoes.com

ありそうで案外無いのでは。不織布でできた靴。




image

使い捨てスリッパ (Yanko Designさん)

脚の裏に貼るスリッパ。ちょっと「ひっかける」感じで。まるで未知の道具なのに、置いてあれば使い方がわかりそうなのがスゴいです。


imageティッシュ靴 (WORLD PHOTO CLUB V1さん)

そのまま履いてるのかと思ったら。ちゃんとそういう風に作ってるんですね。ソールもあります。違和感ありありの写真ですけれど、実はやったことある、って言う人多いんじゃないでしょうか。

 

【本日のプレみや】iPhone用のアナログゲームケースと1970年代ポケットメイトをセットで贈ってみる

| | コメント (0)

2013年3月19日 (火)

サクラサク 桜デザインプロダクツ

image hiracle 桜小皿 ホワイト (COCOMOさん)

しょうゆを差すと桜が咲きますよ。
なにげない行為に驚きを産むのです。



image さくらデザインクラッカー (caina.jp さん)

華々しいクラッカーに、情緒をプラスしてくれます。
花びら舞うクラッカー。



image サクラサク ロックグラス (CIBONEさん)

テーブルに残るグラスの結露のあとが、桜模様になるのです。
本来は好ましくない状況を「好ましい」に変えるデザイン。



image SAKURA PUNCH (FUUVI WEB SHOPさん)

こちらもそう。本来は捨てるはずの紙片を、「好ましい」に変えてしまいます。



image さくら石鹸 (caina.jp さん)

桜の花びらのかたちをした紙石鹸。手のひらでやさしく溶けるのです。海外へのおみやげにも。

 

 

【本日のプレみや】これってもしかして最強の組み合わせなのでは コクヨつまんではる とミミタブテーパー 見えるテープ をセットで贈ってみる

| | コメント (0)

2013年3月18日 (月)

紙飛行機プロダクト

image ドアストップ (LikeCOOLさん)

形といい角度といい、投げたら刺さっちゃった感といい。




image 壁フック (ideaciousさん)

こちらも刺さっちゃった感ですが。ちょうど谷部分に小物が入りそうなのです。



image 空飛ぶ便箋 (MoCo Locoさん)

テラダモケイさんの作品。紙飛行機を下から見上げるのっていい。本日唯一の紙ですね。



image カードホルダー (分度器ドットコムさん)

表だと1ミゾ、裏だと2ミゾ。そういう形にしたら紙飛行機になったのかな。

 

 

【本日のプレみや】ドナ・ウィルソンのクッションとぬいぐるみをセットで贈ってみる

| | コメント (0)

2013年3月15日 (金)

ダンボールインテリアまとめ 【量産可能】⑤ユニットタイプ

今週一週間の特集記事。ダンボールインテリアは大きく分けて・世界にひとつタイプ と・量産可能タイプ に分かれます。

A 世界にひとつタイプ (1パーツずつ異なり、量産がむつかしい)

サンプルカットタイプ (パーツをひとつひとつ切り出す建築様式)
積層タイプ (シートを重ねてつくる シートは1枚ずつ異なることも)
平面・グラフィックタイプ (切り抜きまたは印刷や絵でデザインを作る)

B 量産可能タイプ (基本的なパーツは同型 量産・販売が可能)

ダンボール箱タイプ (箱を積んで作成 単に載せるか接着による積み)
ユニットタイプ (ユニットを積んで作成 積む仕組みがあり接着不要)
平面・グラフィックタイプ (同じ切り抜きや印刷によるスクリーン状)

最終回は⑤番のユニットタイプ。相互に連結できるよう設計されたユニットを組み合わせてインテリアを構成します。そのユニットがあれば誰でも再現可能なので製品化に最も向くタイプなのですが、 このタイプが最も実例が少ないのです。

image ダンボールオフィスインテリア 【マゴクラ】

日本で製品化されている例です。曲面パーティションとサンプル棚で構成されています。接着と裁断を一切せずに、高さや全長を自由に調整することができます。


image Magma Art Bookshop by Blustin Heath Design (Dezeenさん)

雑貨店の内装で使用された例です。陳列棚がそのままインテリアとなっています。店舗用にかなりの強度に耐えられる構成となっています。



imageBloxes (Architecture Linkedさん)

まったく同型のピースを積み上げて空間や什器を製作する例です。いわばダンボールブロック。この方法、1個の組み立てがちょっと大変ですが強度もかなりありますよ。

 

【本日のプレみや】2013年 室内で揚がるホームカイトと 1970年代ゲイラカイトをセットで贈ってみる

| | コメント (0)

2013年3月14日 (木)

ダンボールインテリアまとめ 【量産可能】④ダンボール箱タイプ

今週一週間の特集記事。ダンボールインテリアは大きく分けて・世界にひとつタイプ と・量産可能タイプ に分かれます。

A 世界にひとつタイプ (1パーツずつ異なり、量産がむつかしい)

サンプルカットタイプ (パーツをひとつひとつ切り出す建築様式)
積層タイプ (シートを重ねてつくる シートは1枚ずつ異なることも)
平面・グラフィックタイプ (切り抜きまたは印刷や絵でデザインを作る)

B 量産可能タイプ (基本的なパーツは同型 量産・販売が可能)

ダンボール箱タイプ (箱を積んで作成 単に載せるか接着による積み)
ユニットタイプ (ユニットを積んで作成 積む仕組みがあり接着不要)
平面・グラフィックタイプ (同じ切り抜きや印刷によるスクリーン状)

今日は④番のダンボール箱タイプ。じつはダンボールインテリアで最も数が多いのはこのタイプなのです。箱は特注する場合が多いのですが、軽くて大きいので数箱でも空間構成できるメリットがあります。ただ互いに接着して製作されることが多いので、箱は手に入っても積み方を再現することが難しい面もあります。

imageDeskontalia store in Donostia by VAUMM (Dezeenさん)

まさにインテリアとして使用されている例ですが、その大きさも配置もグラフィックもカンペキに計算されていることがわかります。リンク先下部に図面があるのですが、図面までも美しい。


image London Design Festival 2008: Cardboard Cafe (Core77さん)

おそらくはこの展示のために特注されたボックス。二重になっていて、側面のオレンジ色が強烈な印象を与えます。それをチラ見させるための曲面配置。


image booth-generator (RhinoJungleさん)

ピザの箱を積んだ例です。そう考えるとピザの箱って薄くて平たいので積むのにはうってつけ。



image Box Top Shop (Architonic さん)

こちらも珍しい、ダンボール箱をそのまま什器に利用したデザインです。といってもこのために特注された箱なのですが、「箱そのままです」っていう演出が楽しい。


image Living Nature : By Hector Ruiz Velázquez (HouseVarietyさん)

これすごい。この規模で使用された例は珍しいと思うのです。いっけん組積造ですが、ダンボールが外皮として使用されています。レンガやタイルのようですね。


image

Aesop at Merci by March Studio (Dezeenさん)

いやもういっそのこと積まずに使用した例。ネットに入れて吊ってあります。なるほどその手があったか。

 

 

【本日のプレみや】絵で理解する 「パリvsニューヨーク」と「Life in Five Seconds」をセットで贈ってみる

| | コメント (0)

2013年3月13日 (水)

ダンボールインテリアまとめ ③と⑥平面・グラフィックタイプ

今週一週間の特集記事。ダンボールインテリアは大きく分けて・世界にひとつタイプ と・量産可能タイプ に分かれます。

A 世界にひとつタイプ (1パーツずつ異なり、量産がむつかしい)

サンプルカットタイプ (パーツをひとつひとつ切り出す建築様式)
積層タイプ (シートを重ねてつくる シートは1枚ずつ異なることも)
平面・グラフィックタイプ (切り抜きまたは印刷や絵でデザインを作る)

B 量産可能タイプ (基本的なパーツは同型 量産・販売が可能)

ダンボール箱タイプ (箱を積んで作成 単に載せるか接着による積み)
ユニットタイプ (ユニットを積んで作成 積む仕組みがあり接着不要)
平面・グラフィックタイプ (同じ切り抜きや印刷によるスクリーン状)

今日は③と⑥番の平面・グラフィックタイプをまとめて。たとえば壁紙やポスターなんかも広義ではこれにあたると思います。そして壁画はAの世界に一つタイプにあたり、障子やふすまはBの量産タイプになるわけですね。ただそれをダンボールで行う例は、案外少ないのです。今日は珍しいものをいくつかご紹介。

image Cardboard Furniture by Creative Trust (MoCo Locoさん)

ダンボールの床、壁面、什器すべてにペイントが施されています。じつは①と③の融合例でもあります。ダンボールのクラフト色とフリーハンドの黒がなんとも柔らかい感じに。


image THANN Tea Cafe (jikuさん)

ダンボールで型抜きした植物を張り巡らせた店舗インテリア。
壁紙とちがって、立体感というか奥行きが出ますよね。クラフト色のままでも陰影が美しいのです。


image Heart of Shapes by Keiko + Manabu (Dezeenさん)

びっくりしました。きっと誰もが紙を丸めてこういうカタチを作った経験があるはずなのです。それをこの規模で行うと、空間になることに驚き。立体であり、平面なのです。ダンボールじゃないですけれども。

imageFlatform 322 (Dezeenさん)

これも珍しい例。ダンボールに切り込みと折れ目を入れて、そのまま組んで什器にしてあります。そしてその展開図そのものがインテリアになってます。これは実は量産可能なアイデア。

 

【本日のプレみや】手のひらサイズの有田焼小皿MAMEと専用木箱をセットで贈ってみる

| | コメント (0)

2013年3月12日 (火)

ダンボールインテリアまとめ ②【世界にひとつ】積層タイプ

今週一週間の特集記事。ダンボールインテリアは大きく分けて・世界にひとつタイプ と・量産可能タイプ に分かれます。

A 世界にひとつタイプ (1パーツずつ異なり、量産がむつかしい)

サンプルカットタイプ (パーツをひとつひとつ切り出す建築様式)
積層タイプ (シートを重ねてつくる シートは1枚ずつ異なることも)
平面・グラフィックタイプ (切り抜きまたは印刷や絵でデザインを作る)

B 量産可能タイプ (基本的なパーツは同型 量産・販売が可能)

ダンボール箱タイプ (箱を積んで作成 単に載せるか接着による積み)
ユニットタイプ (ユニットを積んで作成 積む仕組みがあり接着不要)
平面・グラフィックタイプ (同じ切り抜きや印刷によるスクリーン状)

今日は②番の積層タイプをご紹介。 このタイプはシートをひたすら重ねていくのですが、箱組みよりもずっと複雑な曲面を作ることができ、また人が乗れるほどの強度も確保できます。量と重さがちょっと(かなり)大きくなりますけどね。そのぶんコストもかかっちゃいます。でもイベントでの効果も大きいですよ。

image Cardboard Sound Box (The Cool Hunterさん)

大きな立方体をくり抜いたように見える空間。実際には一枚一枚カットしたものを積み上げてあります。



image Rabobank Headquarters by Sander Architecten (Dezeenさん)

こちらは珍しい、積層の方法そのものを変化させて意匠にした例です。よく見るとダンボールの種類もさまざま。



image The Other, the Same (A Daily Dose of Architectureさん)

積層を大掛かりにやるとこんなふうになりますよ。もはや土のイメージ。まるで原始の建築を見るようなのです。



image Wall Wave (MoCo Locoさん)

タテにつんで壁面スクリーンにした珍しい例です。よく見ると一枚一枚カタチが違うことがわかります。左官の雰囲気さえしますよね。


image Rip Curl Canyon (ARCHISEARCH.GRさん)

驚きのスケール。まるで波動を再現したかのようなのです。よく見ると中には木造フレーム。お子さん乗っちゃってますけど大丈夫なんでしょうか。

 

【本日のプレみや】毎日使える逸品を コクヨパワーラッチキスとカール事務器アリシス2穴パンチをセットで贈ってみる

| | コメント (0)

2013年3月11日 (月)

ダンボールインテリアまとめ ①【世界にひとつ】サンプルカットタイプ

ダンボールで店舗や会社、オフィス、仮設イベントや展示会場のインテリア・内装を製作した例。それらを分類して今週5にわたって紹介します。
※ここでは商品ディスプレイではなく、インテリア寄りの例を紹介します。

●ダンボールで内装を行うメリットは?

材料安価 軽量 加工が容易 量産が可能 印刷も可能 組み立てに工事や技術が不要 リサイクルや可燃ごみで廃棄可能

…など、じつは良い事ずくめ。強度が無い、水に弱いなどの弱点は、折れたり汚れたりした部分だけを交換できることで逆にメリットになるのです。

●じゃ普及しないのはなぜ?

イメージとコストでしょうか。ダンボールっぽさ、のイメージ。でもこれってデザインで解決可能。デザインはやがてイメージを覆すかもしれないのです。
コスト面では、実は想像よりも高くなります。材料は安価なのに。そしてこれもデザインで解決可能。ダンボール箱と同じように量産すれば、安価になるのですきっと。

●ダンボールインテリアの分類

大きく分けて・世界にひとつタイプ と・量産可能タイプ に分かれます。

A 世界にひとつタイプ (1パーツずつ異なり、量産がむつかしい)

サンプルカットタイプ (パーツをひとつひとつ切り出す建築様式)
積層タイプ (シートを重ねてつくる シートは1枚ずつ異なることも)
平面・グラフィックタイプ (切り抜きまたは印刷や絵でデザインを作る)

B 量産可能タイプ (基本的なパーツは同型 量産・販売が可能)

ダンボール箱タイプ (箱を積んで作成 単に載せるか接着による積み)
ユニットタイプ (ユニットを積んで作成 積む仕組みがあり接着不要)
平面・グラフィックタイプ (同じ切り抜きや印刷によるスクリーン状)

それぞれ一長一短ありますが、今日は①番のサンプルカットタイプをご紹介。
このタイプの特徴は、1パーツずつ部品を切り出して組み立てるため、建築に極めて近い方法で作られること。基本的に特注の一点物なので、同じものをもう一つ組み立てるには同じ工程を2度必要とし、コストも2倍かかります。でも複雑なものが作れますよ。

image cardboard office (Creative Reviewさん)

もうこれって建築。全ての部材がダンボールでできています。
厚みのあるちょっと特殊なダンボールが使用されています。
木材や鉄骨のようにも見えるから不思議。


image Pupa by Lazerian (Dezeenさん)

いっけん同型の三角形ユニットを積んだようにみえますが、じつはこれを実現するためには三角形はひとつひとつ異なる形になるのです。Pupaは[さなぎ]の意。


image ACE Pavilion (ArchDailyさん)

格子状に組んで面材として使用された例。美しい三次元曲面なのです。軽量で大判のとれるダンボールが活かされた例。



image SOFTlab @ Pratt: GAUD exhibition 2012 (ALANtanseyさん)

こちらも三次元曲面ですが、まるで生き物のよう。
ダンボールとベニヤ板で構成されています。ポリゴンを形づくる一枚一枚は、すべて形が違うのです。

 

【本日のプレみや】トラスコのツールボックスを日常使いの小物いれとして贈ってみる

| | コメント (0)

2013年3月 8日 (金)

ハンガーでものを作るひとたち ハンガーで工作するひとたち

image トイレットペーパーホルダーをハンガーでつくる

うん、ワイヤーを曲げて何かつくることってありますよね。靴を干すためのフックとか。



image ハンガー彫刻 (Inspire Me Nowさん)

こんなの初めて見ました。木製ハンガーを彫刻した例です。




image ワイヤーハンガーでつくるものたち (designboomさん)

かわえー。単純な造形と決められた長さの中に奥深さがある気がします。



image ハンガー T-Rex (Geekologieさん)

こっちもすごい。よく見ると必要最小限の本数なのです。




image ハンガーパーティション (Inhabitatさん)

ポールが芯に入っています。ハンガーが輪っかであることを思い出させる造形。



image

ハンガーで火をおこす方法 (LikeCOOLさん)

こっちはハンガーで作るのじゃなくてハンガーから生まれるものなのです。

| | コメント (0)

2013年3月 7日 (木)

結束バンドで組み立てる椅子

image

viktor matic: 'zipit' chair (designboomさん)

結束バンドで組み立てる椅子。棒材の継手や仕口に使用する珍しい例です。ボルトやネジと違って緩んでるかどうかすぐわかる利点も。切断するとまたバラバラになりますよ。


image

Zippy(Interior design roomさん)

今度は「辺」を固定するアイデア。なので材料も面材となってます。もうひとつ、結束バンドが表に出てくる率も高くなってます。ただし強度はこちらのほうが上かも。


image Furniture - Improvisation (Core77さん)

む、同じピッチに穴だけ開けて、あとは好きな面材を組み合わせるシステム。くぎやネジではこうはいきません。

| | コメント (0)

2013年3月 6日 (水)

紙の花瓶・花器 紙で植物を育てる

image Postcarden (百式さん)

つまるところ、紙の耐水性をどう確保するかがポイントなのです。
相手に送ることができるポストカード。生育期間が短いことと、いざとなれば移し替えられます。

image F-base (MOLZAさん)

こちらは立体成型、熱プレスで製作された耐水性のある花器で、水をいれても大丈夫。



image フラワーベース (SEMPRE.JPさん)

水を入れる部分を別素材にするのもひとつの方法です。
この製品ではアルミの筒が本体になっています。



image Growing Pot (MoCo Locoさん)

紙っぽい素材にしてしまうのも、ひとつの方法。
リンク先、たぶんポリプロピレンのイメージだと思うのですが…



image Tyvek Vase (MoCo Locoさん)

こちらは不織布であるタイベック製。
でも紙の素朴な雰囲気。

| | コメント (0)

2013年3月 5日 (火)

あたらしいろうそくのかたち キャンドルプロダクト

image コンセントキャンドル (Better Living Through Designさん)

コンセントに挿せるろうそく。スタンド不要。
コンセントのかたちをしたキャンドルスタンドだと考えればいいのか。


image 巻いて使うろうそく (monogocoro ものごころさん)

最初はシート状になっていて、巻いて使うろうそくです。




image 誕生日セット (I New Idea Homepageさん)

年齢表示、メッセージ、お祝い、ろうそく、マッチが全部入ったボックスです。これ1個あれば。



image 後片付けの要らないろうそく (Incredible Thingsさん)

あるものの先端にろうそくがついているので、そのまま使用できちゃいます。消してから使ってね。



image Flowering Musical Birthday Candle

これはびっくり。リンク先の画像をぜひ見て下さい。
これは日本でも発売できるのかドキドキ。

| | コメント (0)

2013年3月 4日 (月)

スターウォーズ建築 スターウォーズインテリア

image スターウォーズモザイクタイル (LikeCOOLさん)

いい!これいい。
最小限の表現だけに素晴らしい完成度。



image ミレニアム・ファルコン便座 (Neatoramaさん)

元はピザがデザインの原型といわれる機体ですが。
ぴったり。



image R2-D2天文台 (MAKE:さん)

完成度高いんだか低いんだか。
タテヨコのバランスがポイントですね。



image ホスの戦いジオラマ (Geekologieさん)

部屋にホスを再現しちゃったひと。
爆発シーンの表現がリアルですが、その作成方法の動画が掲載されています。

| | コメント (0)

2013年3月 1日 (金)

宙に浮くマジック または空を飛ぶ方法

image 浮く彫刻 (Neatoramaさん)

浮いてます。こうやって見ると髪とスカートから女性であることに意味があるのです。



image 本当に浮く雑誌広告 (中国广告人网站さん)

魔術学校とあるのでそういう学校の広告なのでしょうか。広告ながら本当に浮きます。



image 空飛ぶ絨毯 (Gizmagさん)

む、誰でも簡単に空飛ぶ方法。インテリアが空間の広がりに影響を与える例でもあります。



image 跳べるかな? (I Believe in Advertisingさん)

写真だとそうとしか見えない。実際に立つとどうなんでしょう。




image 空中浮遊写真を撮る方法 (@nifty:デイリーポータル Zさん)

誰でも浮遊写真を撮れる驚きのアイデア。
そして完成度の高さ。

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »