« なんかこうなまなましい感じのラグ | トップページ | あんなかたち こんなかたちのラグマット »

2013年1月23日 (水)

輪郭線と現実との間にあるものについて

image ソファカバー (design milkさん)

輪郭線を描くことで、現実にそこにある効果と漫画のように見える効果を手に入れることができます。ところでこの2つ、本来は相反する効果と思うのです。


image ワイヤー彫刻 (Laughing Squidさん)

こちらは完全に平面作品のように見えます。でも実は立体作品。



image スケッチのような (dezeenさん)

花が無ければフィクションで、花を挿すことによって現実になるのです。



image Gif: walking (LikeCOOLさん)

一瞬の光が照らす輪郭が、とたんにリアルな動きを産むのです。

|

« なんかこうなまなましい感じのラグ | トップページ | あんなかたち こんなかたちのラグマット »

紙と平面世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なんかこうなまなましい感じのラグ | トップページ | あんなかたち こんなかたちのラグマット »