« 紙やダンボールでできたiPhone用のスピーカーアタッチメント | トップページ | プールの正体ってうつわ?それとも水のほう? »

2012年11月26日 (月)

パリで行われたペーパー・アーキテクチャ・エキシビション

image paper architecture exhibition in paris (designboomさん)

パリで行われた紙建築展の作品。
紙だからこそできる表現の美しい作品たち。



image

mathilde nivet

立体影絵のよう。ジグザグに折られているだけなのに、ちゃんとした街並みなのです。



image

beatrice coron

こちらは平面作品。幻想的なモチーフの中に、現代の都市が描かれています。構図がすごい。



image

stephanie beck

もう建築。完全に建築。こうやってみると、建築って都市の骨のようです。



image

ingrid siliakus

いわゆる折り紙建築。
なのですが、四面に広がったり極端にタテに広がったり。



image

peter callesen

最後はこのブログでも何度も登場するpeter callesenさん。
切ったほうではなくて切り抜いた残りのほうもデザインするアーティストさんなのです。

|

« 紙やダンボールでできたiPhone用のスピーカーアタッチメント | トップページ | プールの正体ってうつわ?それとも水のほう? »

紙でできたもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紙やダンボールでできたiPhone用のスピーカーアタッチメント | トップページ | プールの正体ってうつわ?それとも水のほう? »