« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月の22件の記事

2012年11月30日 (金)

メビウスの輪を使って表裏のない生活をしてみる

image メビウスラック (MoCo Locoさん)

裏にも置けそうなラック。端のないラックとも言えます。




image メビウスバッグ (dezeenさん)

いやこれよく考えると平面裁断のバッグに立体的な肩紐をつける方法なのかも。



image メビウスベーコン (Neatoramaさん)

終わりのないベーコン。…を3Dプリンタで出力したもののようです。



image メビウスベーグル  (Neatoramaさん)

表側にバターを塗っていくと、いつのまにか裏まで塗れてしまいます。

| | コメント (0)

2012年11月29日 (木)

プロダクトとしてのポスター そして機能のあるポスター

image Canvasworks -機能するキャンバス(能登夫妻さん)

岡山のデザイナーデュオ、能登夫妻。
キャンバス上には白黒の風景が描かれているのですが、その一部が時計だったり、コンセントだったり。機能するキャンバス。


image Flat Time (Digital Analogさん)

こちらもいっけん印刷されたデスククロックやライト。
でもよく見るとちゃんと機能しています。



image eninal "Tissue Case" mini (novelax store onlineさん)

こちらは壁にかけるティッシュケース。というか、キャンバスからティッシュが顔を出すのです。ティッシュの造形を愛でるデザイン。


image ポスラサウンドパネルforスピーチプライバシー (大日本印刷株式会社さん)

人の会話をまわりに聞こえにくくする音楽データを発生させるポスター。これならオープンな場所での打ち合わせも可能になります。オープンなオフィス、増えてますよね。

image なるパネ (コクヨさん)

ポスターそのものがスピーカーになっているパネルが、コクヨさんから発売されています。目にも耳にも訴えるのです。

| | コメント (0)

2012年11月28日 (水)

先に技あり!なマーカー

image スリーウェイ蛍光マーカー(ビートルティップ) (コクヨさん)

最初はやはりこれ。コクヨデザインアワード発の先割れマーカーです。3通りの線を引くことができますよ。
amazonスリーウェイ蛍光マーカー [Beetle Tip]


image uni プロパス ウインドウ (三菱鉛筆株式会社さん)

次は窓がついたマーカー。これならラインがずれることはありません。
amazon三菱鉛筆 プロパス・ウインドウ


image 窓付き蛍光ペン (無印良品さん)

じつは窓付きマーカー、無印さんからも出ています。




image Handy-lineS (ぺんてる株式会社さん)

こちらはマーカーなのに、ノック式で先が収納できてしまいます。これならキャップ要らず、頻繁にラインを引けますよ。
amazon蛍光ハンディラインS 5色セット


image Grime Writer (デジログ!さん)

最後はオドロキの発想。インクの代わりに洗浄液が入っています。街を美しくするマーカー。

| | コメント (0)

2012年11月27日 (火)

プールの正体ってうつわ?それとも水のほう?

image Swimming Pool (I Believe in Advertisingさん)

まるで空を飛ぶようなプール。
水面は境界線でもあるのです。



image Pool coffee table (LikeCOOLさん)

プールの水だけを固めてプルンッって取り出したようなテーブル。下はどうなってるの?



image The Swimming Pool (金沢21世紀美術館さん)

Leandro ERLICH、21世紀美術館収蔵品。
プールを下からも上からも眺められる異体験。

| | コメント (0)

2012年11月26日 (月)

パリで行われたペーパー・アーキテクチャ・エキシビション

image paper architecture exhibition in paris (designboomさん)

パリで行われた紙建築展の作品。
紙だからこそできる表現の美しい作品たち。



image

mathilde nivet

立体影絵のよう。ジグザグに折られているだけなのに、ちゃんとした街並みなのです。



image

beatrice coron

こちらは平面作品。幻想的なモチーフの中に、現代の都市が描かれています。構図がすごい。



image

stephanie beck

もう建築。完全に建築。こうやってみると、建築って都市の骨のようです。



image

ingrid siliakus

いわゆる折り紙建築。
なのですが、四面に広がったり極端にタテに広がったり。



image

peter callesen

最後はこのブログでも何度も登場するpeter callesenさん。
切ったほうではなくて切り抜いた残りのほうもデザインするアーティストさんなのです。

| | コメント (0)

2012年11月23日 (金)

紙やダンボールでできたiPhone用のスピーカーアタッチメント

image 紙でできたスピーカー (TREND HUNTERさん)

一目で装着方法もスピーカーであることも理解できます。
美しい紙製アタッチメント。



image 簡易スマホスタンド スマホーン (トレたまさん)

プラスチックシートで実現されています。ノベルティグッズとしても素晴らしいアイデア。



image オトガミ (だんぼーるパパさん)

国内で製造されていて実際に購入できる、数少ない実例なのです。紙製のスタンド+スピーカー。



image 丸めて使う雑誌広告 (mifdesign_antennaさん)

雑誌をそのまま使用する「スピーカーになる広告」。
このアイデアにもビックリですが、そもそも雑誌をプロダクトに使用するアイデアも初めて見ました。


imageブルガリアヨーグルトの容器 (Beach Resort Photoclipさん)

素晴らしいアイデア。他にもラップの芯やトイレットペーパーの芯などでも試されています。



image

Megaphone (The Green Headさん)

最後は紙じゃないですけれども。
このインパクト。持ち運ばないなら、デザイン的に大いにアリ。

| | コメント (0)

2012年11月22日 (木)

FedEx

image FedExその1 (POP*POPさん)

FedExさんの広告って、とにかく楽しいものが多いのです。

「いま流れ星が!」「いまラジオから曲が!」っていう手紙。
ほぼリアルタイム配達。

image FedExその2 (I Believe in Advertisingさん)

FedExさんはもはや大陸の距離さえなくすのです。
プレートテクトニクスか。



image FedExその3 (Coloribus.comさん)

もう手渡しなんです。
ダンボール箱が仲介してるイメージ。



image FedExその4 (mifdesign_antennaさん)

これすごい。
ひと目であの会社より早く着くってわかります。そしてあの会社のロゴが無くてもわかるのもすごい。

| | コメント (0)

2012年11月21日 (水)

座る名刺 組み立てて椅子に変形する名刺を集めてみました

image アームチェアに変形 (MoCo Locoさん)

作り方もとっても丁寧に掲載されていますが、丸めるタイプは珍しいのです。



image 椅子がポップアップする名刺 (Favim.comさん)

ものすごく素朴な雰囲気で、もらった人の心をつかみます。外からも穴が利用されているのか気になります。



image 曲げるだけのアームチェア (DESIGN AND DESIGNさん)

完全に「折り曲げるだけ」で組み立て不要なタイプも実は珍しいのです。ちょっとリラックスできる感じのチェア。



image 差し込むだけの椅子名刺 (CardObserverさん)

切り込みを最初から入れられる(分離しない)タイプの展開図。




image テーブル付きの椅子名刺 (Extreme Origamiさん)

テーブルまでついたタイプは初めて見ました。
組み立てるタイプの名刺で難しいのは、組み立て説明をどうするか、ですね。


image

まるでパズル?捨てるところの無い椅子名刺 (I Believe in Advertisingさん)

この展開図にはまったく捨てるところがありません。なのにものすごく椅子らしい椅子、なのです。

| | コメント (0)

2012年11月20日 (火)

建築家やデザイナーが提案する犬のための建築

image Architecture for Dogs

すごい企画。
参加されている方々の名前もすごいのですが、提案された建築は図面も公開されていて、実際に作ることができるのです。


image ディレクターは原研哉さんですが、その原さんも参加されています。
自然に犬と目が合うのです。




image 妹島和世さん。
ふかふか建築なんですが、図面にもびっくりしますよ。





image アトリエ・ワンさん。
ダックスフンド専用。この企画、犬種とデザイナーさんの組み合わせでもあるのです。




image トラフ建築設計事務所さん。
Tシャツと組み合わせるハンモック。よく見ると骨付き。





image

伊東豊雄さん。
散歩するための犬の家。

| | コメント (0)

2012年11月19日 (月)

広げて使う

image ランチョンマットランチパック (革新的発明と製品情報さん)

広げるとランチョンマットになるランチパッケージ。
そしてそのことの説明が不要なグラフィックが施してあります。



image ピクニックシートにかわる本 (monogocoroさん)

本形式になったピクニックシート。汚れた後のカバーでもあり、たたみ方のガイドでもあるのです。



image ポテトのパッケージ (Yanko Designさん)

広げて食べられるようミシン目が入っています。スナックの袋方式ですね。



image ピクニックシートに変わるバッグ  (monogocoroさん)

アイデアもものすごく楽しいのですが、ファスナーの使い方が秀逸なのです!

| | コメント (0)

2012年11月16日 (金)

ハグ!ハグ!ハグ!ハグするものとされるもの

image ハグダウン (Geekologieさん)

普段見慣れているけれど、手の存在感って強烈。




image つかまれTシャツ (LikeCOOLさん)

なんかこう、見てると脇腹のあたりがキュッとなりません?




image ブラジルのパッケージ会社ポスター (ABPOさん)

ダンボールがやってくれてること。




image プチプチがやってること (I Believe in Advertisingさん)

いや、まあ、ちょっとコワいですけど。
言いたいことはわかります。



image 「いいね!」が押されると擬似ハグされるジャケット (ロケットニュース24さん)

体感できるごほうび化。今後増えるサービスかもしれません。

| | コメント (0)

2012年11月15日 (木)

水平に保つ技術 あんなものやこんなものをまっすぐにしてみる

image ポスターを水平に貼る方法誠 Biz.IDさん)

身近にある"あるもの"を使って、ポスターを一人でもまっすぐ貼れるようになりますよ。



image iOSアプリ「HorizCamera」デジカメWatchさん)

ファインダーが無くなったカメラにとって、まっすぐ撮影することは難しいことのひとつです。水平を保つアプリ。



image ランチビークル(新型レジ袋) (トレたまさん)

ありますあります!お弁当が中で斜めになって、取り出すと量が半分に減ったんじゃないかっていう現象。
ある工夫でまっすぐに保てるレジ袋です。


image ビリヤード台 (Yahoo!映像トピックスさん)

常に完全に水平を保っていないと成立しないゲーム。




image グラスを水平に保つ (ろろどちゃんねるさん)

おどろきの映像。まるで空中に静止しているかのようなのです。



image

マグカップを水平に保つ(Gizmodo ジャパンさん)

そしてそれを家庭でも実現可能な製品があるのです。
マグカップを水平に保つホルダー。あんがい使い途は多い気がしますよ!

| | コメント (2)

2012年11月14日 (水)

その場所に貼らなければ意味が無いポスターがある件について

image 動物園ポスター (I Believe in Advertisingさん)

すごいぞこれ。
そうやって周りを見渡せば、また違った世界に見えることがすごいのです。
あれ、でも動物園に蝶?


image ライカ (I Believe in Advertisingさん)

貼った場所を撮影したポスターをその場所に貼ってしまうアイデア。実物よりもリアルなのかも。



image

ジャズフェスティバル・ポスター (Mastercomさん)

街中がジャズフェスティバル会場。ポスターが先だったのか、貼る場所が先だったのか気になります。



image

ニキビ治療ジェルポスター (Ads of the Worldさん)

このアイデアすごい。
そして何も知らされなかったであろうモデルさんも見たらびっくり。


image アウディの死角広告 (I Believe in Advertisingさん)

見方を変えれば。
これは段差の奥行きが重要なので、きっと「場所先」と思うのですけれども。

| | コメント (0)

2012年11月13日 (火)

まったく新しい世界を覗く鏡がある件について

image

Self Portrait Mirror (MicroWorks Website!さん)

自分の顔に標準を合わせれば、表情だってビシッと変わってくるよね、っていう鏡です。


image

Five x Five Mirror (Generate Designさん)

おなじ鏡でも、こんな風に使うとまったく違うものになってしまいます。
5×5枚の鏡。どんなふうに映るの?


image

レゾン ブロークンミラー(cainaさん)

鏡の中にいる自分のもう一面。
…と見るか、表面の模様と見るか。写真のこぶしのチカラは大きいのです。


image

開いたドア(MoCo Locoさん)

鏡の中のもうひとつの世界。まさに地と図の反転。




image ドアの向こう(MoCo Locoさん)

こちらも鏡の中のもう一つの世界です。スツールに見える(半分しかない)テーブルが効果を出しまくってます。
もはやどこでもドア。

| | コメント (0)

2012年11月12日 (月)

あんなものを鏡にしてみました 身近にあるもの編

image

アイロンハンガー⇔鏡 (Wallpaper* Magazineさん)

一見べんりグッズですが、恐ろしく良く考えられたディテールとバランスなのです。欲しい。



image

ドレスミラー (X BRANDさん)

壁に掛かっていても、クローゼットにあっても、でも不思議じゃないかたち。



image

額縁ミラー (Generate Designさん)

曲がらないものが曲がります。フレームがそれを強調してますね。対面鏡の不思議な世界が覗けそうですが、あんがいラックとしても使えそうなのです。


image

Vogue Mirror(Generate Designさん)

雑誌の表紙を飾ることができますよ。
鏡の中の自分を見るか、鏡の表面を見るか。



image

ポラロイドミラー (pan-danさん)

ポラロイドはその場で写真を見ることができるのです。
その最速バージョン。



image

ハンドミラー (Generate Designさん)

たしかに!たしかに手鏡のバランスなのです。

| | コメント (0)

2012年11月 9日 (金)

牛乳パックを利用したプロダクトって結構あるんですけど

image 牛乳パックに貼るステッカー (百式さん)

素晴らしいアイデア。
基本的に同じ形状だからこそできることなのです。



image 牛乳パックの形をしたピッチャー (design milkさん)

ひとめでミルクピッチャーと理解できるこのかたち。
プレゼントにも良さそう。



image 牛乳パックに取り付けるハンドル (design milkさん)

そこですか!そこを使うんですか!
後付けするハンドル。



image 牛乳パックをCDケースに (BCOMEさん)

縫製も美しい一品なのですが、驚きなのはCDが入る大きさだったのだってこと。



image Fridgeezoo (ソリッドアライアンスさん)

こちらもびっくり。
冷蔵庫に入れておくトイです。開けると話し出しますよ。開けすぎは怒られたりなんかも。
amazonソリッドアライアンス Fridgeezoo

image

光る牛乳パック (MoCo Locoさん)

使い捨てのものをモチーフとした、使い捨てないプロダクト。

| | コメント (0)

2012年11月 8日 (木)

牛乳パックの新しいかたちとデザイン

image

牛乳パック新形状ねたAtoZさん)

すでに誰もがこの形だと思っているものを改良することって、きっととっても難しいことなのです。
50年同じだった牛乳パックの形状変更。
前後の向きを間違うことももうありません。


image 喜多俊之デザイン牛乳パック (ニューデザインパラダイス - フジテレビさん)
2005年に放送された番組から。喜多俊之さんに依頼する夢の企画です。
当時はデザインへの注目がものすごく高い時代でしたが、なにがきっかけだったんでしょう。

image

時を知らせる牛乳パック (Yanko Designさん)

"熟成"すると色が変わるパッケージです。
時間がデザインするのです。



imageMilk パッケージ (Interior design roomさん)

絶対にミルクしか出てこないパッケージ。
もう少し改良すれば、本当に可能なデザインになるかもしれませんよ。

| | コメント (0)

2012年11月 7日 (水)

ジグソーパズルを使ったプロダクトいくつか

image  (Inspire Me Nowさん)

本当にジグソーパズルになったものは珍しいのです。
もっともいろんな模様を持ったパズルかもしれません。



image カレンダー (Yanko Designさん)

こちらは組み換え可能なカレンダー。
といっても、どのように使用するのかちょっと…


image クッション (Inspire Me Nowさん)

たしかにこれなら大小のクッションを兼ねてしまいます。
ジグソーパズルプロダクトで、柔らかいものは珍しいのです。



image ジグソーパズル型スポンジ研磨材 (トレたまさん)

最後はジグソーパズルにすれば角がたくさんできて磨きやすい研磨剤。

今日はパズルであることに機能を持たせた製品を集めてみました。

| | コメント (0)

2012年11月 6日 (火)

クリップの新しい使いみちがけっこうある件について

image ケーブルフックとして (I New Idea Homepageさん)

あ、これいい。
ちょうどケーブルが外れない、かつ自由に引き出せる絶妙な穴の大きさなのです。…偶然ですけど。


image カフスボタンとして (MAKE:さん)

これにはびっくり。どうみてもカフスボタンにしか見えません。
…裏返すまでは。



image 照明スタンドとして (designboomさん)

クリップの片方の針金を外して、こんなカタチのワイヤーと差し替えてしまいます。



image グラスホルダーとして (designboomさん)

この差し替えアイデア、いろんなことに使えるのです。
これはグラスホルダーとして使用した例。



image 洗濯バサミをiPhoneに挟んでみる (アルファルファモザイクさん)

最後は洗濯バサミですけど。素晴らしいアイデア。ホールド感が写真からも伝わります。

| | コメント (0)

2012年11月 5日 (月)

エスカレーターって実は広告媒体にうってつけって知ってた?

image ヘアスタイル編 (About:Blankさん)

エスカレーター広告って、日本じゃ全く見かけませんが。
世界にはけっこうあるのです。

まずは刻々とヘアスタイルが変化する広告。

image プリンター編 (Billboardomさん)

次はプリンターから排出される紙。
ここまではエスカレーターの「段を送り出す」機能を使ったアイデアですよね。


imageマーカー編 (I Believe in Advertisingさん)

あの黄色い線ってこうやって引かれていたのか!

スタビロは超有名マーカーブランドです。


image ピザ編 (Mastercomさん)

そしてこれ。エスカレーターのこの部分を使用した広告は、後にも先にもコレだけかもしれません。驚きのアイデア。



image 1枚で広告キャンペーン (monogocoro ものごころさん)

最後はエスカレーターを使用したあるアイデア。
たった1枚しかない広告なのに、たくさんの人に手渡せるのです。

| | コメント (0)

2012年11月 2日 (金)

照明スタンドってこういうカタチしてるよね、っていう照明スタンド

image ある方向から見るとスタンドに見える照明 (革新的発明と製品情報さん)

照明スタンドのカタチって一種のアイコンになってるのです。
これは地と図の反転。

image コードでできた照明スタンド (LikeCOOLさん)

こちらは実体が無くて(ホントは2枚のプレートがある)、コードが輪郭を形作ってます。でも曲線はコードが産みだしたものなのです。


image 輪郭が浮かぶ照明スタンド (CONTEMPORISTさん)

こちらは上と似ていますが、輪郭を形づくるのはあくまでもワイヤのほう。コードが実体になることを想起させるデザイン。



image パッケージ照明スタンド (DESIGNSPOTTERさん)

こちらはパッケージ=照明器具。地と図の反転でもあるのですが、照明器具だっていう説明にもなってます。



image めくるとデザインが変わる照明スタンド (monogocoroさん)

まるで日めくりカレンダーのような照明スタンド。
めくると照明スタンドが他のものに変化してしまいます。
アイコンであることを逆手に取ったデザイン。

| | コメント (0)

2012年11月 1日 (木)

照明スタンドのかたちをした紙の照明たち

image Book Of Light by Takeshi Ishiguro (Yanko Designさん)

日本人デザイナーによる飛び出す照明スタンド。
まるで絵本から飛び出したような不思議な感覚。



image honeycomb lamp (designboomさん)

こちらも日本のkyouei designさん、ハニカムランプ。
いわゆる"でんぐり"を使用した美しい照明です。



image ARSTID (シャチョブロ ナウさん)

こちらはIKEAの商品のパッケージ。…を切り抜いて照明にしたもの。



image エトランプ01ラビット(マゴクラ)

最後は紙、じゃなくてポリプロピレンシートでできた照明器具。
照明スタンド…じゃなくてウサギのカタチをしたデザイン。

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »