« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の19件の記事

2012年9月28日 (金)

ポテトチップスを手を使わずに食べる方法と 最後までキレイに食べる方法 についての考察

image

 手を使わずにポップコーンを食べるマシン (Geekologieさん)

声に反応してポップコーンを打ち出してくれます。って書くとカンタンですが、常に正対してるわけではないのとポップコーンの大きさがまちまちなので、とんでもない技術なのです。


image 手を汚さずに食べられるポテトング (プレみや)

単に手を汚したくないだけなら、もうポテトチップス専用のトングで我慢しませんか。いやこれ、けっこう使い勝手いいですよ。



image 底のポテチを引き出す方法工作 (YouTubeさん)

ある!
筒状の容器に入ったポテチ。奥まで手が届かないんです。
半透明のフタを外すと、奥までちゃんと引き出せる工作を解説されています。

image 底までキレイに出せるチップスディスペンサー (プレみや)

横に寝かせれば解決するんじゃないか、っていう話もあるんですけど。それ専用のディスペンサーが販売されています。これなら机を汚しません。また驚きの方法で筒に収納できますよ。

| | コメント (0)

2012年9月27日 (木)

なんでも解剖してしまう人たち

image バービー人形を解剖してみる (LikeCOOLさん)

世の中ではピカチュウやハローキティなどいろんなものが解剖されているようなんですが。
最近見つけたものをいくつか。 これはバービーさん。


image ソルジャー人形を解剖してみる (LikeCOOLさん)

無機質な感じと生々しさの対比が。




image 彫刻を解剖してみる (LikeCOOLさん)

さいきん「彫刻に服を着せる」写真がネットで話題になりましたが。こちらは思い切り脱がすほう。 脱がしすぎ。



image 解剖される気分になるTシャツ (LikeCOOLさん)

そんな気分を味わえるTシャツも存在するようですよ。



image 生魚のパッケージ (TheDieline.comさん)

カミノデザインとしては、最後はパッケージで。

素晴らしいアイデア。キモチワルイどころか、さわやかで美味しそう。

| | コメント (0)

2012年9月26日 (水)

編んで食品をつくるひとたち

image バナナの皮 (Neatoramaさん)

黒ずみの再現もリアル。バナナの皮って床が似合うなあ。




image ハンバーガー 中身も (core77さん)

中身まで忠実に再現されたハンバーガー。
ハンバーガーってパズルっぽい食品ですね。


image 肉屋さん (CubeMeさん)

こちらは肉屋さん。もふもふ感って肉のシズル感と真逆と思うんですけど、もはや欲しいレベル。


image 包んでみる (designboomさん)

肉人気。ラップでパッケージしたものです。
ラップが肉のパーツ感とか生々しさを引き立てるのにびっくり。



image 日本の朝食 (Famille Summerbelleさん)

最後は刺繍された朝ごはん。
ごはん一膳でもきっと豪華に見えてしまうのです。

| | コメント (0)

2012年9月25日 (火)

ダンボールそのままのキャラたち ダンボーからハコイヌまで

image スマイル宅配便 箱づみゲーム | 株式会社アイアップ

今日はダンボール箱そのままのカタチのおもちゃやキャラ。
箱積みゲームですが、本当に紙の商品は珍しいのです。

amazonスマイル宅配便 箱づみゲーム

image いたずらバンクシリーズ (株式会社シャイン)

お金を乗せるとネコが持って行ってしまう貯金箱。箱から出してあげられないのですが、きっと気に入っているからなのです。

amazonいたずらBANK みけねこ

image よつばと! ダンボー|KOTOBUKIYA

言わずと知れた…といいたいのですが、ごめんなさい、なんのキャラなのかは全く知りません。Amazonバージョンも発売中。

amazonよつばと! ダンボー Amazon.co.jpボックスEdition

image ハコイヌオフィシャルホームページ

こちらも紙製のグッズがいくつか発売されていますが、紙の特製を活かしてとってもよくできていますよ。写真集もあります。

amazonハコイヌ [単行本]



| | コメント (0)

2012年9月24日 (月)

アヲハタ ジャム・デ・アート キャンペーン

image アヲハタ ジャム・デ・アート キャンペーン|キユーピー

アヲハタジャムのバーコード、1枚を一口として、キャンペーンに応募できます。10/31まで。



image そしてそのキャンペーン・プレゼントがかわいいのです。

ジャム12種類と、パレット型プレート、そしてペインティングナイフのようなカトラリー。



image palette  (designboomさん)

どうせなら、こんなパレット型のパンもセットにすればいいのに。

とにかくプレゼントらしいプレゼントを久しぶりに見た気がします。

| | コメント (0)

2012年9月21日 (金)

あのパンツの下はこうなってるはずだ予想図

imageこのパンツの下はきっと  (sasapongroove!!さん)

なるほど、だったら理解できます。


image さらにこのパンツの下って (LikeCOOLさん)

うん、だったら仕方ない。

| | コメント (0)

2012年9月20日 (木)

紙を縫うひとたち 紙袋から椅子まで

image 紙袋を縫う (cozaccaya コザッカヤさん)

素晴らしい完成度の紙袋。もう紙バッグです。
それを丁寧に解説されている素晴らしい記事。



image 薬包紙を縫う (ハーブの贈り物さん)

半透明の薬包紙をテトラパック型に縫製された例です。
作品の清涼感も美しい写真もしびれます。

もうひとつ、じつは紙を立体縫製する貴重な例と思います。

image 縫ったクラフト包装紙で編む

クラフト包装紙を帯状に縫い、さらに編みこんでバスケットにしてしまった例です。
完成度もとっても高いのですが、おそらく強度も相当高いはずなのです。

image ダンボールを縫って椅子にする (boxbank+さん)

ダンボールを縫う例はそうとう珍しいのです。
家庭用のミシンでは厚みの問題がありますから。リンク先の作品は手縫いですけどね。
なんだかこう、グローブというか革の雰囲気もありますね。

image SIWA

最後は紙を縫製した商品例。SIWA。

おおげさじゃなく、世界に誇る製品と思います。じっさい海外へのお土産にものすごく喜ばれますよ。

| | コメント (0)

2012年9月19日 (水)

半端ない脱力感 木で作られたスターウォーズキャラ

image 木で作られたスターウォーズキャラ (Laughing Squidさん)

木で作られたダース・ベイダーです。

このここちよい脱力感。コレジャナイロボを彷彿させますよ。


image (コレジャナイロボ オフィシャルサイトさん)

ちなみにですがコレジャナイロボっていうのはコレです。
プレゼントを開けた瞬間、「欲しかったのはこれじゃない!」って子どもが言いそうなロボットです。


image で、話はもどりますが。

こんなパッケージもデザインされてます。
手作り感も半端ないですが、「欲しい」っていう気持ちも隠せないのはなぜでしょう。


image こちらはボバ・フェット大先生です。

ファンの多いボバ。カラーリングはもともと民芸品調かもと気づきました。



imageえっと。だれ。

もしかして冷凍される人ですか。




image

IG-88さん。

そこですか!
他にもっと優先すべきキャラがいそうな気もしますけど。

作者のSW愛を感じさせるセレクトです。 






| | コメント (0)

2012年9月18日 (火)

方法はまったく同じなんだけど描いてる場所がぜんぜん違うこのふたつ

image 路面にメッセージを残せる三輪車 (dezeenさん)

バルブをプログラムされた三輪車で描きます。
三輪車の雰囲気が素朴でいいのです。

走ることでメッセージを残せる素晴らしい方法なのです。

image 空に描かれた円周率 (Geekologieさん)

いわゆる"ひこうき雲"による方法で、空に数字をプロットしていきます。
これなら文絵も描けるわけで、いちどに大量の人にメッセージを送る方法でもありそうです。





| | コメント (0)

2012年9月14日 (金)

パスタ!パスタ!パスタ!

image パスタ・ポスター1 (Mastercomさん)

単に黄色い紙を使っただけで、だれがどう見てもパスタ。




image パスタ・ポスター2 (Mastercomさん)

こちらは一番上のポスターのズレがポイントですね。




image ひとりぶん取り出せるパッケージ (Lovely Packageさん)

中身が見えなくても、量がわかる工夫でもあるのです。




image スパゲティ・スクラブ! (design milkさん)

たわし、ですね。鍋洗いで泳がせると、もうパスタ。




image パスタ・カーペット (designboomさん)

味と密接な関連性があって、カタチが決まっているパスタ。そんな食品って他にあるのかな。

| | コメント (0)

2012年9月13日 (木)

オフィスで安全にものを隠す方法について~フォルダに隠す~

image フォルダを棚のフタにしてしまった例   
   
連結してフタにしてしまった例です。   
棚まるごとを隠せる利点がありますね。   
工作してるとき楽しいだろうなあ。   
   
   
image フォルダそのものをストレージ化した例 (Neatoramaさん)   
   
フォルダを開けると…ボトルとグラスが。美しい収納方法。   
取り出した時に落ちるといけないので、けっこう細かい加工がされているのだと思うのです。   
   
image 市販されているセーフティーボックス  (カール事務器さん)   
   
日本でも、カール事務器さんからファイル・タイプのセーフティーボックスが市販されています。    ……お酒用じゃないですよ。

このセーフティボックスをプレゼントとして使うアイデアを記事にしてみました。→プレみや

 

 

 

| | コメント (0)

2012年9月12日 (水)

字を斜めに書く人たち いままでノートを傾けていた人たちへ

image 45度傾いたノート (LikeCOOLさん)

日本でもたくさんいるはずですが、海外ではそれが当たり前になっている文化もあるそうです。
写真は45度に罫線を傾けたノートの例ですね。


image 斜めに書く人のための まっすぐノート (Notebookers.jpさん)

日本を代表するノートメーカー、ツバメノートさんから、55度傾いたノートが発売されました。
紙質にも定評あるツバメノート、これからは日本でも日常使い可能です。

image 伊葉NOTE・BOOK (トレたまさん)

いっそのことノートそのものを台形にしてしまった製品です。
傾斜角は10度、と公式サイトに記載があります。
開いたときの左右で使われ方が違う点に着目した形状なのだそうです。

| | コメント (0)

2012年9月11日 (火)

地下鉄路線図をあんなものやこんな感じで表現してしまうひとたち

image 電子回路で (Laughing Squidさん)

日本人デザイナーによって製作された電子回路イギリス路線図。基盤にそそられるのってなぜ。



imageストローで (LikeCOOLさん)

色の種類があって直線で構成されてて途中で曲がるもの。




image ドラクエ風 (Neatoramaさん)

リンク先、スーパーマリオ風、っていう説明があるんですけど。




image シルエットに (I Believe in Advertisingさん)

線と○による構成って、もはや路線図を示すアイコンですね。




image イヤフォンで (Mastercomさん)

ソニー・ウォークマン。
イヤフォンも線と点で構成されています。地下鉄とウォークマン、ちゃんとつながっています。


image

想像してみる (hiberno en inviernoさん)

そして路線図は、想像をかきたてるもののようですよ。
実際の路線図から浮かび上がるどうぶつたち。






| | コメント (2)

2012年9月10日 (月)

写真プラス音 写真プラス動き 写真に臨場感を与える方法

image 写真+音の臨場感 @nifty:デイリーポータルZ

いい記事!
たしかに静止画だけどその場にいるっぽいです。写真の大きさとか、シチュエーションとかも影響しそうです。


image 一部が自然に動くGIF画像 (AcidCow.comさん)

こちらは静止画なんだけどアニメーションが可能なGIF画像でできています。写真をGIFで表現するのは最近滅多に見ませんが。なんだか見直されて良い技術。
【再生】をクリックする必要がないのが大きい。

| | コメント (0)

2012年9月 7日 (金)

パッケージそのものがおまけ!動物に変身変形するパッケージ

image おまけつきレーズン

これいい。たとえ中身はなんにも入っていなくても、ちゃんとオマケ付きなのです。Stafideniosという会社のレーズン用のパッケージ。

image フタを開けて、中身を裏返します。






image そのまま組み立て直すと…






image はい、ネコに。

ここまでハサミもノリも使っていません。工業パッケージで裏返すアイデアはいくつか例があるのですが、切る→差し込むを道具を使わず行うのは難しいのです。

image さらに驚きなのは、同じアイデアでバリエーションがあるのです。

これはペンギン。全く同じ展開図の、カットと印刷を変えるだけで実現してあります。


image

さらには立てて使用して男の子のバージョンも。

以前にもパッケージトランスフォーマー!っていう記事の中で、変形する箱をいくつか紹介してるんですけど。
少しのコスト増で数倍の価値が生まれる魔法の方法かも。



| | コメント (0)

2012年9月 6日 (木)

本物のパンで作った○○

image パンが光る!本物のパンで作った照明 (pampshade-パンプシェード- さん)

森田優希子さんの作品。本物のフランスパンでできています。




image フランスパンのパッケージが ( omami.ruさん)

フランスパンの包み紙。オシリがちょっとつき出すのですが…
見ようによってはアタマなのです。




image パンでできたスリッパ (I Believe in Advertisingさん)

たしかにくりぬけばきっと履けますね。
常に『パンをふんだ娘』状態。




image パンでできた花瓶 (Variations on normalさん

花瓶もパンも作り方としては基本同じ。材料が違うだけですね。



| | コメント (0)

2012年9月 5日 (水)

カレンダー、ポスター、壁まで あれやこれやめくってみる まとめ

image 2013 D-BROS CALENDAR ROLL12 

やあ!D-BROSさん2012カレンダーの発表来ましたね!
平面のカレンダーを立体で見せるなんてD-BROSさんお手のもの。ひとつめからドキッとしました。めくって留めるカレンダー。
というわけで今日のテーマは「めくってみる」です。

image ice cream posters for kibon (designboomさん)

めくるとアイスクリームのコーンに。

めくってみる行為は、ポスターの表と裏を同時に利用できる方法なのですね。

image montgrandfonds

こちらはめくってステッカーで留めれば、スノーボーダーが滑走する雪山に早変わり。

ポスターそのものは青い紙でしかない、のがポイントかと。

image Fold poster: do you smell?  (Mastercomさん)

こちらはこの状態で標準。めくると…

めくってみると、ちょうどワキの位置が合うように、高さを調整して貼られています。

imagePeel Wall Lamp by YOY  (LikeCOOLさん)

最後は紙以外のものをめくる表現。

照明器具を後付けしたように見せない画期的な方法です。
そういう意味では、日本の障子に近いのです。

| | コメント (0)

2012年9月 4日 (火)

データ、写真、文字。本物の紙を使って暗号化する技術まとめ

image 印刷された紙を暗号化する技術 (ITmedia Biz.IDさん)

富士通研究所の技術。文書や画像を一部、このソフトで暗号化して(モザイク処理のように?)そのまま印刷してしまいます。もちろん復号も可能。2008年の記事でした。


image PaperBack (GIGAZINEさん)

こちらは最近の記事から。
デジタルデータを、A4の紙1枚に約1MB、暗号化して出力できます。しかも一般の人が使用できるソフトのかたちで提供されています。

image間がたつと文字が消える紙 (ITmedia Biz.IDさん)

米Xeroxさんの技術。16~24時間で完全に消え、熱を加えると即座に消えるそうです。2008年の記事でした。
これ、消える時間をより正確にコントロールできるようになるとおもしろいです。5時間後とか、30分ちょうどとか。タイマーになるスケジュール帳とか、いろんな用途が産まれそうですよ。

image the book that can't wait is printed in disappearing ink (designboomさん)

こちらは2012年の記事から。
光と空気に触れると消え始めるので、事実上1回読めば終わりの本。復号できないけれど、ただ一人にメッセージを伝えることができるのです。

image コピーすると文字が浮かぶ紙 (凸版印刷さん)

技術そのものは97年から製品販売されていたそうですが。自由な文字やロゴを浮かび上がらせることができるそう。
ってことは偽造防止用途だけじゃなくて、たとえば真っ白な紙をコピーしただけで色んなものを表示させることができるんですよね。コピー機を暗号解読機として使えそう。


image

大事なパスワードを分割して保存するフリーソフトPasswordSpliter (Gizmodo Japanさん)

パスワードをバラバラに分解して、テキストにしてくれます。あとは印刷して保存しておいて、必要なときにそれらの紙を重ねて(!)光に透かして(!)見るとパスワードが復活します。
現在はダウンロードアドレスはこちらになったようですよ。

| | コメント (0)

2012年9月 3日 (月)

ホットドッグを犬化するひとたち

imageHot Dogs (JanPieter.comさん)

こういうコスチュームが売ってるんですよね多分。
ケチャップとマスタードの2種類で。



imageDogs are not just for the Queen…  (mifdesign_antennaさん)

というわけで海外ではホットドッグ=犬のイメージがものすごく強いらしいのです。元々ダックスフンドが語源説もありますし。
そしてエリザベス女王とコーギーのイメージが強いことにも、なんだか興味深いのです。

imageWiener Dog (Serious Eatsさん)

食べちゃだめだ。
それにしてもちっさ!



imageHOT "DOGS"(Spice Up Your Life With a Taste of Japanさん)

こっちは食べていいやつ。
リンク先、焼かれる前の写真もあるんですが、ちょっとションボリしててかわいいのです。

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »