« ピコピコ動く movingprintlab.comの動く広告と 見る角度で動くWedys ウェディスの動く広告技術 | トップページ | ケーキからバットマンまで ゴッホをいつもとちがうかたちで鑑賞する »

2012年8月20日 (月)

いつも手の届く範囲に本を置きたい人に 椅子そのものを本棚にしてしまった例

image Armchair incorporates 5m of bookcase (Boing Boingさん)

椅子やソファの本体に本を入れていくと、こういう形になると思うのです。収納量はいちばん。



image Bookcase built into chair (Boing Boingさん)

こちらは逆に、箱状のもので椅子をつくったらその箱の部分に本が入るよね、っていうイメージでしょうか。タイヤがついていて移動もラクそうなのです。本って超重量。


image Bookseat (productdose.comさん)

これは本棚をクイって曲げたら椅子になりました、っていう雰囲気のデザイン。結果として本棚椅子では珍しい曲線になってます。


image Sunflower Chair by He Mu & Zhang Qian (LikeCOOLさん)

これはまず本をどう収納するか、っていう解決が先にあって、そこから椅子に落とし込んだのでしょうか。想像なんですけど。
結果としてとっても楽しい椅子になってます。


image 'klaps' stool (designboomさん)

じつは板2枚あればそれって実現できますよ、っていうスツール。とはいえ座りながら本を取り出すことはできないので、大量にある本や雑誌のストックをどう収納するかっていう見事な解決方法ですね。





|

« ピコピコ動く movingprintlab.comの動く広告と 見る角度で動くWedys ウェディスの動く広告技術 | トップページ | ケーキからバットマンまで ゴッホをいつもとちがうかたちで鑑賞する »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ピコピコ動く movingprintlab.comの動く広告と 見る角度で動くWedys ウェディスの動く広告技術 | トップページ | ケーキからバットマンまで ゴッホをいつもとちがうかたちで鑑賞する »