« 買えないけど勝手に入るごみ箱と こっちは買える動くごみ箱 | トップページ | 時計と紙を組み合わせてみる »

2012年8月23日 (木)

じつはまっすぐなのに 歪んで見える空間

image 物に合わせて、ゆがむ壁紙 (Fun Foreverさん)

そこにものがあるために、まるで空間そのものが歪んだかのように見える壁紙。
なんだか「重力の発生」についてのモデル説明を見ているかのようです。

image deformscape(designboomさん)

こちらはランドスケープに応用した例。木の生えている部分だけ、急激に落ち込んでいるように見えるのです。
イラストを庭に応用するとっても珍しい例と思うのです。


image Peter Kogler (sasapongroove!!さん)

これは!まっすぐ歩けるんでしょうか。
部屋のはしの方の床が落ち込んでいるように見えて、まるで駅のホームのような印象に。それも錯覚なのです。


image This Floor Is Flat (Neatoramaさん)

パリのゲームストアだそうですが。TVゲームは2次元を3次元のように見せますが、この手法は3次元にもう1次元足す手段なのかもしれません。





|

« 買えないけど勝手に入るごみ箱と こっちは買える動くごみ箱 | トップページ | 時計と紙を組み合わせてみる »

紙と平面世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 買えないけど勝手に入るごみ箱と こっちは買える動くごみ箱 | トップページ | 時計と紙を組み合わせてみる »