« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月の25件の記事

2012年8月31日 (金)

平面でキャラクターを表現する方法

image Paper Cuts ("Olly Moss"さん)

切り絵で表現された映画のキャラたち。
すごい。単にシルエットを切っただけでは、きっとこうはなりません。


image A Spectacular Series of Felt Collages by Jacopo Rosati (Laughing Squidさん)

こちらはフェルトを重ねて。
色が使えて、厚みがあって奥行きが表現できる素材なのです。とはいえこれだけ単純化してもわかるってすごい。

image perspective sculptures (designboomさん)

こちらはいっけんそのままのキャラなのですが…
リンク先、じつはある意外な方法で作られたキャラたちなのです。


image Dancing Beetles Optical Illusion (Mighty Optical Illusionsさん)

最後もある有名キャラ。
…なのですが、どうしても何が描かれているかわからない、っていう人が続出。

| | コメント (0)

2012年8月30日 (木)

透明なトランプ スケルトン・カード

image Playing Cards Invisible (Kikkerland Designさん)

スケルトン・カードといわれるカテゴリがトランプにあるそうです。ご覧のとおり、透明なトランプ。裏からは見えそうで見えないカードなのです。


image Let Us Make One More Thing Clear (Core77さん)

その中でもこちらは印刷面積がものすごく小さなタイプ。
指で押さえて持てば、もうほとんど透明なカードを持っているだけの状態。


image Poker face (I New Idea Homepageさん)

こちらは逆に印刷面積はけっこうありそうなのですが…
ドット状に印刷されているので、向こうが透けて見える半透明なような不思議な感覚。その名のとおり、ポーカーフェイスが通用しません。

image  Zoo Playing Cards (cainaさん)

最後は一部が透明になっていて、向こう側から男の子が覗いています。
手前はそれぞれどうぶつが描かれた動物園カードになっています。





| | コメント (0)

2012年8月29日 (水)

いろんなもので王蟲をつくる人たち 折紙からオムライスまで 建築も?

imageOhmu in LEGO (MAKE | MAKE magazineさん)

レゴで。
最小のパーツ数で表現されるのがレゴの醍醐味。
もうちょっと横からも見てみたいのです。


image 王蟲1.7 (琴希の折紙部屋さん)

折紙で。
こちらのサイトさんでは、これで4世代目のモデルだそうです。
前3代も公開されていますよ。



imageOrigami Ohmu

折紙で。
非常に薄い紙で折られていることがわかります。
王蟲の透明感も表現されています。


image Origami Ohmu v2 (deviantARTさん)

折紙で。
王蟲の体節を表現するのに、折紙は適した材料なのかもしれません。とはいえこの再現度って。


image王蟲を作ろう (はちの食べ物ぶろぐoさん)

ロールパンで。
ロールパンが王蟲に見える、っていうのはよく聞く話ではあるのですが…こちらのブログさんでは、本当に王蟲の大群を表現されています。

image

王蟲を彫ってみた (toribirdさんのイラスト一覧 - ニコニコ静画さん)

消しゴムハンコで。
この色合いとデフォルメができるセンスってすごいと思うのです。

image

Ohmu Family (静水盈盈さん)

ぬいぐるみで。
スパンコールやラインストーンが目に使用できるのって、ぬいぐるみならではですよね。


image

リカさんの王蟲ぬいぐるみメイキング

ぬいぐるみで。
このもっちり感!
このバランスと体節は、誰がみても王蟲とわかるもはや王蟲バランスですね。

image

ペーパークラフト王蟲たん (空を見上げてさん)

珍しいペーパークラフト版。
まったく知りませんでした。ジブリ・ロマンアルバムという書籍に、展開図が掲載されているらしいのです。こちらはその製作記。今も購入可能ですよ。

image

Mecha-Ohmu (Akihabara Newsさん)

板金で。
じつはこの王蟲、ちゃんと動くのです。



image

王蟲ライス (ひげとぼいんさん)

超有名、王蟲ライスです。
"ひだ"を表現した卵の薄焼も素晴らしいのですが、やっぱりネーミングに泣けるのです。


image

The Bowooss Bionic Inspired Research Pavilion (CONTEMPORISTさん)

最後は建築で。
いやごめんなさい。ホントは王蟲じゃ無いらしいんですけど。建築学校で作られた木製シェル。もうどうみても王蟲。






| | コメント (0)

2012年8月28日 (火)

鉛筆の削りかすを再利用してみる

image Red Lion Publicis: The Doodle Book (I Believe in Advertisingさん)

削りかす+落書き帳。
誰が見ても削りかすって知ってるのに、同じものはひとつとない、ですよね。よく考えると。

image Sharpen Pencil, Get Eraser (Yanko Designさん)

けずったかすを押し固めて再利用する鉛筆削り。
消しゴムとして使えるかどうかはさておき、家庭内で再生→再加工まで完了する機器は極めて珍しいのです。


image Parmesan Cheese Pencil (LikeCOOLさん)

食べます。
鉛筆型のチーズ。



image Pencil Shaving Portraits by Kyle Bean (design milkさん)

最後は鉛筆の削りかすアート。ほのかに色がついてますよね。


| | コメント (0)

2012年8月27日 (月)

スペース・インベーダーのプロダクト ヤツらが地球にあらわれた

image Ice Invaders (LikeCOOLさん)

製氷機。
当時おそらく画面表示に最も都合の良かったこのカタチは、いまでもいろんなものに応用が利くのです。


image VinylDesign-Decorative Wall (DESIGNSPOTTERさん)

壁紙シール。
コンセントの位置が絶妙です。



image Space Invader Couch (LikeCOOLさん)

ソファ。
もともと平面だったこのカタチの、奥行きの解釈は自由なのです。


image Space Invaders Low Tables (design milkさん)

テーブル。
やがてこのカタチを見てもインベーダー・ゲームを想像するひとって居なくなるんだろうな。


image Sterling Silver Space Invader Ring (LikeCOOLさん)

最後はリング。
元々は点で接していたドットを立体化するための、微妙なRがアクセサリ感を高めています。

| | コメント (0)

2012年8月24日 (金)

時計と紙を組み合わせてみる

image Kludging 'Round the Klock (Sites in the glorious Cheezburger familyさん)

情報を足すことがちゃんと修理になってる例です。
よく考えると時計って真ん中のムーブメント以外は「情報」や「飾り」であるとも言えそうです。

image 視認性 (ココカラハジマルさん)
とはいえその情報を相手にちゃんと伝えることが時計の役割なのですよね。
よくある「壁に直接文字盤のついた時計」に、白い紙が貼ってあります。なぜそうなってるのかはリンク先をごらんください。
…でもこの『紙をこう貼る』っていう解決方法を思いつくのって、かなりすごいことだと思うのです。

| | コメント (0)

2012年8月23日 (木)

じつはまっすぐなのに 歪んで見える空間

image 物に合わせて、ゆがむ壁紙 (Fun Foreverさん)

そこにものがあるために、まるで空間そのものが歪んだかのように見える壁紙。
なんだか「重力の発生」についてのモデル説明を見ているかのようです。

image deformscape(designboomさん)

こちらはランドスケープに応用した例。木の生えている部分だけ、急激に落ち込んでいるように見えるのです。
イラストを庭に応用するとっても珍しい例と思うのです。


image Peter Kogler (sasapongroove!!さん)

これは!まっすぐ歩けるんでしょうか。
部屋のはしの方の床が落ち込んでいるように見えて、まるで駅のホームのような印象に。それも錯覚なのです。


image This Floor Is Flat (Neatoramaさん)

パリのゲームストアだそうですが。TVゲームは2次元を3次元のように見せますが、この手法は3次元にもう1次元足す手段なのかもしれません。





| | コメント (0)

2012年8月22日 (水)

買えないけど勝手に入るごみ箱と こっちは買える動くごみ箱

image 勝手に入るゴミ箱 (Gizmodo ジャパンさん)

ごみを投げると、自分からキャッチに行くごみ箱です。
リンク先は設計、加工、プログラムまで、すべて一人でこなしてしまうとんでもない方の製作記録動画。


image 勝手に入るゴミ箱 (トレたまさん)

そしてご本人登場。
トレたまさんで紹介された際の公式動画です。じつはキャッチ率が10%程度っていう情報も。いや自立式で10%達成ってすごい数字ですよ。

image エムアンドジー「走る!! ゴミ箱ラジコン」 (家電Watchやじうまミニレビューさん)

こちらは本当に売ってますが、ラジコンなので自分で動かしてくださいな。とここで、ラジコンの場合には「必要なところにごみ箱を届ける」っていう目的に変化することに気づくのです。

| | コメント (0)

2012年8月21日 (火)

ケーキからバットマンまで ゴッホをいつもとちがうかたちで鑑賞する

image Tilt-Shift Van Gogh (Art cyclopediaさん)

チルトシフトによって遠近感をつけたゴッホ。かなりの枚数がUPされています。虚構と現実の不思議な世界。




image The Van Gogh Cake (Neatoramaさん)

こちらはあるもので再現されたゴッホ。
たしかに絵によっては美味しそうに見えますよね。クリーム感が半端ないのです。


image ‘Cafe Terrace On The Place Du Forum 1888’ (Aled Knows Best)

ゲームの世界とコラボレーションしたゴッホ。不思議と違和感はすくないのです。


image Gotham Starry Night (Neatoramaさん)

ゴッホ×ゴッサム・シティ。元はゴッホのStarry Nightという作品で、実際にも月が描かれています。なぜか共通する世界観が。


image ixxi - pixellated murals (LikeCOOLさん)

最後はゴッホの自画像。
このアイデアなら、どんな巨大な壁画でも有名絵画を再現できてしまうのです。

| | コメント (0)

2012年8月20日 (月)

いつも手の届く範囲に本を置きたい人に 椅子そのものを本棚にしてしまった例

image Armchair incorporates 5m of bookcase (Boing Boingさん)

椅子やソファの本体に本を入れていくと、こういう形になると思うのです。収納量はいちばん。



image Bookcase built into chair (Boing Boingさん)

こちらは逆に、箱状のもので椅子をつくったらその箱の部分に本が入るよね、っていうイメージでしょうか。タイヤがついていて移動もラクそうなのです。本って超重量。


image Bookseat (productdose.comさん)

これは本棚をクイって曲げたら椅子になりました、っていう雰囲気のデザイン。結果として本棚椅子では珍しい曲線になってます。


image Sunflower Chair by He Mu & Zhang Qian (LikeCOOLさん)

これはまず本をどう収納するか、っていう解決が先にあって、そこから椅子に落とし込んだのでしょうか。想像なんですけど。
結果としてとっても楽しい椅子になってます。


image 'klaps' stool (designboomさん)

じつは板2枚あればそれって実現できますよ、っていうスツール。とはいえ座りながら本を取り出すことはできないので、大量にある本や雑誌のストックをどう収納するかっていう見事な解決方法ですね。





| | コメント (0)

2012年8月17日 (金)

ピコピコ動く movingprintlab.comの動く広告と 見る角度で動くWedys ウェディスの動く広告技術

7/14の朝日新聞に、こんな広告が掲載されたのです。
朝日新聞デジタル:新聞広告ピコピコ動いた 朝日新聞大阪本社版夕刊 - 社会

専用フィルムを重ねて動かすと、カラー(!)広告が動き出すのです。
この技術を開発したのは電通さん。専用サイトに実例と詳しい解説があります。
image movingprintlab.com

さまざまな楽しいサンプルと、実際にこの画像を作成できるジェネレーターまでついてますよ。
とにかく驚きなのは、カラーであることと、フィルムを動かす方向を問わないっていう点なのです。

image Stripes

この技術そのものは、白黒であれば従来から見ることができます。ただ黒一色なのと、シートは同じ方向に動かさなければならない制限がありました。
ちなみにこの技術を使った絵本もたくさん出版されていますよ。

image【トレたま】動く印刷?!:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京 
もう1点、動く印刷といえばあの、見る角度を変えると動いて見える印刷物、がありますよね。その技術を従来の30倍以上の精度で行った印刷物、「Wedys ウェディス」を技術開発したニュースをこちらで見ることができますよ。




| | コメント (0)

2012年8月16日 (木)

あんなものやこんなものを切り開いて 木をつくりだす人たち

image Flowers cut from paper money (LikeCOOLさん)

お札から。
なんだか成長するイメージ。元はパルプだったことも思い出すのです。


image »Promise (American Style)« (2003) (VVORKさん)

パッケージから。
おそらくパッケージにそのものが写真として写っていたのだと思うのですが。平面と立体でまったく印象が異なるのです。


image Trees cut from McDonald's paper bag (LikeCOOLさん)

マクドナルドの紙袋から。
紙袋の中に折り返す独特の表現です。ちゃんと空間が生まれていて、まるで木漏れ日が射すよう。


image Portfolio Book-Cut SculptureSu Blackwellさん)

本から。
写真のものは星の王子さまで、ストーリーとリンクしています。

| | コメント (0)

2012年8月15日 (水)

カップの染みを楽しむ方法

image Red Hong's No-Utensil Drawing Skills (core77さん)

カップの染みで描く絵画。染みと見るか絵画と見るか、寄りと引きの違い。



image Coffeemaze! Better Than Any Gaming (Yanko Designさん)

ちょっと気になるあの「垂れ」を、ソーサーのデザインで楽しいものに変えてしまいます。冷めるよ!



image Drip Tease cup and saucer in gold (Reiko Kanekoさん)

こちらは染みそのものをデザインに取り入れたカップ。染みが価値に変わるのです。



image Coffee (LikeCOOLさん)

それまではまったく意味が理解できないのです。
そしてある瞬間、誰もが理解できるものに変わります。



image Tea Bag Coffin (laissezfaireさん)

どうせ汚れるならそこにしまっちゃえ。
説明不要の、だれもがそうするカタチ。

| | コメント (0)

2012年8月14日 (火)

ヨーグルトから納豆まで (大げさじゃなく)人類の進化を感じる ふたにされたくふう

image 4ポットヨーグルト史上初!ヨーグルトが付着しにくいフタに!|森永ビヒダスヨーグルトBB536
蓮の葉のような超撥水技術による「ヨーグルトがつきにくいフタ」。ビヒダスの4連ヨーグルトで体験しました。最初は知らずに「今日は運がいい」とか思ってましたよ!それからずっとビヒダスを選んでます。

image 納豆の情報、納豆のレシピが満載!「納豆 金のつぶ®」|ミツカングループ商品・メニューサイト

ふつうはフタを外して→保護ビニールをとって→タレとカラシを取り出す、のですよね。それがひとつの動作で行えます。また「タレがあらぬ方向に飛び出す」現象からも開放されますよ!

image 商品情報|谷川連峰の天然水 FROM AQUA(フロムアクア)

むう。たしかに移動中だともうフタってどうしてよいのかわかりません。たいてい両手が塞がってたりもするし。
外したあとに落ちないキャップ。カチッととまる、って何気にすごいことなのです。

image  Knife Lid (laissezfaireさん)

最後は使いきりバター。フタがバターナイフになってます。
説明書も不要で、誰でもひと目で理解できるデザインなのです。

| | コメント (0)

2012年8月13日 (月)

名刺からロズウェル事件まで あんなものやこんなものをプラモデル化するひとたち

image iPhone (Gizmodo ジャパンさん)

iPhoneです。自分で色を塗っていたガンプラは、いまや多色成型されるようになりました。いつか基盤からバッテリーまで、一体成型できる時代がくるのかもしれません。


image Model Of The Rare 1959 Aston MartinPSFKさん)

DBR1という名車を原寸大でプラモ化したもの。よくみるとキャップやトロフィーまでパーツ化されていますよ。



image Cutout Business Card by Tamiya (MoCo Locoさん)

こちらはタミヤの名刺。大量生産の象徴的なプラモデルで個別サインの代表である名刺を表現する楽しさ。



image Tamiya: Marilyn Conspiracy, Roswell Conspiracy, JFK Conspiracy, Elvis Conspiracy, Moon Conspiracy (I Believe in Advertisingさん)
マリリン・モンロー、ロズウェル、JFK、エルビス、月面着陸。アメリカを代表する歴史が揃っています。プラモは複数の要素をひとつにパッケージする手法でもあるのです。

image TOYS'R'USMichael Johanssonさん)

こちらはボートなんですが。この状態ですでにボートとして機能しています。



image

Snap and Dine (Designlinesさん)

こちらもこの状態で。あとは必要なときに必要なパーツを外して使うのです。プラモデルであることを機能化したとっても珍しい例なのです。

| | コメント (0)

2012年8月10日 (金)

ミスタードーナツ ドーナツを入れるあの箱について

image リカちゃん ミスタードーナツショップタカラトミーさん)
ミスタードーナツの箱って、仕組みとしてはケーキの箱と同じなんですけど、とにかくタテヨコの寸法が独特なんです。シルエットだけでドーナツの箱ってわかるのです。
そのドーナツの箱が、あるものに変化するおもちゃがタカラトミーさんから発売されていますよ。

image ダスキン リッチドーナツ5個セット2007日本パッケージングコンテストさん)

え!初めて見ました。タテ置きじゃなくて平積み、しかも2段積みできるドーナツ用のパッケージです。


image @nifty:デイリーポータルZ:ケーキ箱型カバンの提案

こちらはケーキの箱ですけれども。たしかに別パーツも金属パーツも不要で開け閉めできる画期的なカバンなのです。



image @nifty:デイリーポータルZ:鉄のケーキ箱でケーキを守れ

スチールバージョン。「おかもち」はここから生まれたのかもしれない、というフォルム。



image すぐに作れる、おいしい新発見。おうちでアレンジドーナツミスタードーナツさん)

ミスタードーナツさんの公式サイトで、お楽しみコーナーってあるんですけどね。そこでドーナツのアレンジ調理が紹介されています。ポン・デ・リングのモチモチ感を本当にお餅として使うアイデアを公式サイトでってスゴい。しかも美味しそうなのです。

| | コメント (0)

2012年8月 9日 (木)

平面広告+アクション。ちぎり広告の進化形について

image I love you (LikeCOOLさん)

すでに会話なのです。すでにソーシャル・ネットワーク。




image Free Strips Of Paperebaumsworldさん)

こちらは無償の愛、ですね。
いやたしかに紙片が欲しいときってありうるかも。



image True Blood "Emergency Vampire" Posters (Neatoramaさん)

こちらはもう切実です。
ヴァンパイアに襲われた時用。



image How to cook pasta (Mastercomさん)

もうどこからどうみてもパスタです。
日本でもきしめんくらいの幅があればできそうですよ。



image

Cuttie Cut (CubeMeさん)

ちぎる前もちぎった後もなんとなくコワい感じもしますが。
このアイデアを1枚の紙で実現しているのがすごいのです。



image Free Me (I Believe in Advertisingさん)

最後はアクションを起こすことが他の広告とちぎり広告の決定的な違いとわかる、動物愛護広告。
リンク先、クリックで拡大します。

| | コメント (0)

2012年8月 8日 (水)

ネクタイをあんなことに使ってしまうひとたち

image Camera Strap Necktie (LikeCOOLさん)

ちょっと細身で短めですが、とにかく首にかけても自然なもの。
ネクタイの立場で考えれば、結ばなくても自然な行為、なのです。


image andtie by pral&brokInspire Me Nowさん)

こっちはもう完全にネクタイ。そしてもうびっくりするほど自然な使い方なのです。



image TiebagGizmodiva.comさん)

この長さと幅がそのまま使えてしまうものがあるなんて。
からだにかけることといい、ストーリーがちゃんとつながっているのです。





| | コメント (0)

2012年8月 7日 (火)

トーストで表現するひとたち 任天堂DSからプーさんまで

image toasting pan & plateInspire Me Nowさん)

パンを"pan"でトーストにする方法は昔からあるのですが…いや危うく見過ごすところでした。この模様とお皿との関連を。



image toast messenger (designboomさん)

どういう仕組なのかまったくわかりませんが、とにかくトーストにメモできます。たしかその日の天気をトーストに表記してくれるトースターもあった気がしたのですが…


image NDS toast (LikeCOOLさん)

じつはニンテンドーDS Liteは本当にトーストとピッタリサイズなのですよ。ともに両手でちょうど納まります。いっけん無関係な両者につながりを探すのって楽しい。


image オーブントースター ET-VR22P|商品詳細|象印

象印さんからの新商品です。むう。トーストにプーさんとピグレットの絵柄が焼けてしまいます。しかも左右で別々に焼けるのです。
…ピグレット?

| | コメント (0)

2012年8月 6日 (月)

ハヤカワSF・ミステリebookセレクション発刊とハリー・ポッター電子書籍の日本語版

image「ハヤカワSF・ミステリebookセレクション」配信開始!ハヤカワ・オンラインさん)
これうれしい。ホントうれしい。
もうね、たくさん読んだものです。いまもダンボール箱に大量に眠っています。ベスト5と思う作品をいま検索すると、もう廃刊になってるものがほとんどだったり。あのダンボール箱を手のひらデバイス1つに収められるなら、全部買い直してもいいくらい。

image

Pottermore Shop (mifdesign_antennaさん)
ハリーポッターシリーズは、大手流通機構にのせず個人管理で独占販売される、ってことですよね。これってすごいことですが、日本でもあたりまえになっていくのかも。
さて日本語版も購入できるようになりました。児童書と思われていますが、じつは(映画よりもさらに)ダークな物語が展開しますよ。あの重量級の本がてのひらに収まるってスゴい。
読めるデバイスが限定されている、と購入サイトには書かれていますが、こちらのブログではiPhoneでこのハリーポッター電子書籍版を読む方法を詳細に記載されています。
iPhoneで「ハリー・ポッター」を読む方法Writer's Weblogさん)

| | コメント (0)

2012年8月 3日 (金)

ADpre_miya_logo2

| | コメント (0)

2012年8月 3日 (金)

自動的に長さを決める 指紋がつかない 折り返しを作ってくれる まっすぐ切れる。進化するテープカッター

image長さを決められるテープカッターT-EM50 (コクヨさん)

コクヨさんから発売の電動カッター。1mm単位での自動送り、自動カットができるそうです。効率化、省資源化の他にも、力を入れて切る必要が無いので「指紋がつきにくい」効果もありそう。


image

指紋がつかないテープ・デ・グーザ・ビジネスモールさんから)

「貼ってから切る」方法を採用することで、指紋がつかないテープカッターを実現した画期的な商品です。しかも片手で使えるそうですよ。


image

小型で指紋のつかないおもしろテープカッターDRAPASさん)

こちらも同じく指紋がつかないテープカッター。市販35mのクリアテープを利用することで、小型化を実現されています。



image

自動で折り返しをつくるTAPE INマイクロネット株式会社さん)

テープを切ったあと自動的に折り返しを作ってくれます。通常のテープはのり面が下。でもこの機構だとのり面は上なので、切ったあとどうやって固定するかは大問題。それを見事なアイデアで解決されています。

image

後付けできて折り返しをつくるミミタブテーパーマイクロメーション株式会社さん
こちらは上の商品とは逆で、のり面が(通常の)下になっています。比較するとそれぞれの工夫の違いがよくわかりますよ。しかもこれ、家庭で使用しているテープディスペンサーに後付けできる商品なのです。

image

ギザギザじゃなく直線にカットできるハンドカッター直線美ニチバンさん)

最後は直線にカットできるテープカッター。もはやテープのアイコンですらあったあのギザギザを無くしてしまうテープカッターなのです。

image
amazonコクヨS&T 電動テープカッター 対応テープ幅12-21mm/大小巻両用 T-EM50
image
amazonミタカ精工 テープ・デ・グーM-18

| | コメント (0)

2012年8月 2日 (木)

クッキーとマグカップの美味しい関係って お茶とクッキーを合わせるためのデザインまとめ

image Cookie Cupinspirationlogさん)

ビスケットやクッキーを「つけて食べる」行為は日本では一あまり般的ではないと思うのですが。海外ではそのためのデザインを多く見かけます。代表例はこれ。収納できるマグカップ。


image An Edible Cookie Coffee CupLaughing Squidさん)

そしてこちらはクッキーでつくってしまったカップ。内側にコーティングがしてあって、実際に注ぐことができるようになっています。もちろんそのあと食べられますよ。

image Taça by ENTLO.1A (dezeenさん)

「つけて食べる」ために口を広げたマグカップ。広げるスペースの確保が絶妙のアイデアです。そして使い方までひと目で理解できる素晴らしい写真。


image Cookie for a cupお菓子時々パン日記さん)

カップに「引っ掛ける」クッキー。
「いっしょにどうぞ」っていうデザインですが、同時にカップを彩ることのできる素晴らしいアイデアなのです。


image tea bag cookiesInspire Me Nowさん)

びっくりしました。カップとの組み合わせをクッキーでデザインするためには、カップとの物理的な作用が必要と思ってました。こんなアイデアがあったとは。

| | コメント (0)

ロンドンオリンピックボクシング問題の試合動画 男子バンタム級2回戦 清水聡×マゴメド・アブドゥルハミドフ(アゼルバイジャン) 相手が6度倒れて提訴 判定覆りRSC勝ち

image

NHK 2012 ロンドンオリンピック ボクシング
※リンク先、真ん中あたりの【おすすめ動画】タブの中に動画があります。Round1~3まで、3本の動画がUPされていますよ。

ちょっと珍しく時事ネタで。いやもうタイトルどおりなんですが、問題の試合動画を見つけたのでご紹介。
ところでこのNHKさんのサービス(NHK ロンドン 2012 オリンピック ネット生中継)すごいですよ。解説こそありませんが、ほとんどの試合をネットで生中継されています。

| | コメント (0)

2012年8月 1日 (水)

トイレットペーパーの芯の再利用 工作やアートに 夏休みの工作のヒントにも

型紙ダウンロード可能な夏休みの工作しかけ絵本。型紙ダウンロードなのに個別の作品ができあがります。

トイレットペーパーの芯は、家庭でカンタンに手に入る紙管(しかん)です。
ちょっと薄めではありますが、丸いのでしっかりしていて、意外な工作が楽しめますよ。

今日はそんな実例をいくつかご紹介。

続きを読む "トイレットペーパーの芯の再利用 工作やアートに 夏休みの工作のヒントにも"

| | コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »