« クリップやバインダー、ペーパークラフトまで。iPhoneに後付けするアタッチメント | トップページ | nanoblock×大図まことさんコラボ ドット絵が立体になったら »

2012年7月11日 (水)

紙の性質を上手く使ったプロダクト

imageJAVARING FILED-BROSさん)
D-BROSさんから新しい文具のシリーズが発表されています。こちらはカードやチケット類の収納ケース。ある紙の特性を利用して、しっかりホールドできるようになっています。誰もが知ってるはずなのに、初めて見る機構なのです。

imagePEN AND NOTED-BROSさん)
こちらはペンホルダー付きのメモ帳。といっても金属や別パーツなど一切使用せず、紙のある特性でペンを保持するようになっています。


imagePAPER CARD CASED-BROSさん)
最後はカードケース。ふつう紙でカードを保持するためには、ふろしきのように4辺を包むように折る必要があるはずなのです。こちらは左右2辺を折るだけでそれを実現されています。3つとももはや発明。

image Hydro-Fold by Christophe Guberan (dezeenさん)
というわけで過去記事からも紙の特性を利用したものを紹介。ふつうのインクジェットプリンタを利用して、紙に折り目をつける方法です。折り目をつけるだけじゃなくて、自分自身で折り曲がっていくのです。

image

レインボーカード日曜手品日記さん)
100均でも売っているカードマジックなのですが…表裏まったく同じ色なのに、裏返された1枚を当てることができます。紙を扱っている方なら誰でも知っているある性質が、絶対思いつかない方法で利用されています。これには本当に驚きました。

image

紙名手配の景察手帳(京都の梅原洋紙店さんのブログから)
とはいえネットで紙の個別の性質を伝えるのは至難の技なのです。こちら指名手配さんでは、それを伝える工夫を続けておられます。
クイズ うー、紙の種類にはあんまり詳しくないもので…
紙の堅さ 今後の展開が楽しみなのです。

|

« クリップやバインダー、ペーパークラフトまで。iPhoneに後付けするアタッチメント | トップページ | nanoblock×大図まことさんコラボ ドット絵が立体になったら »

紙について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クリップやバインダー、ペーパークラフトまで。iPhoneに後付けするアタッチメント | トップページ | nanoblock×大図まことさんコラボ ドット絵が立体になったら »