« ダンボールのラジオ ダンボールのカメラ | トップページ | かしめるアクセサリー »

2012年5月 9日 (水)

電子書籍のいま

こんな書籍を購入したのです。インプレスジャパンから発売されている、「必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意」。

ごめんなさい!まだまったくの未読なので、今日はレビューではありません。この本の冒頭に、気になる文章があったのです。「本書をお買い上げの方は、無料の電子書籍版をDownloadしていただけます」って。えっ!ホントですか?
で、実際にやってみました。Downloadできました。なので、実際の読書はIpadでするつもりです。

でもこのアイデアには驚きました。紙の書籍そのものがDownloadの鍵になる、っていうアイデア。
それが過去にさかのぼって幅広く可能であれば、もう今まで購入した本を自炊する必要もありません。本屋さんだって存続できそう。中身を確認して買った本が、電子書籍のパスワードでもあるからです。

問題はきっと、本を実際に買った人だけにわかる暗号のつけ方、ですよね。ここんとこに優れた方法を編みだした人がいれば、大成功するかもしれません。

きょうはもうひとつ、こんなサイトの紹介。
PUBLOFF(パブロフ)“無料”電子書籍投稿配信プラットフォーム

パブロフさんは、原稿を投稿すると無料の電子書籍として一般公開されるサービスです。電子書籍界のYouTube、って言われてるみたいですよ。20年前、インターネットが情報発信を一般の人たちにも可能にしたように、電子書籍はだれでも本の著者になれるチャンスを広げているのです。

|

« ダンボールのラジオ ダンボールのカメラ | トップページ | かしめるアクセサリー »

紙について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ダンボールのラジオ ダンボールのカメラ | トップページ | かしめるアクセサリー »