« 絵で書いた家具 | トップページ | ダンボールのラジオ ダンボールのカメラ »

2012年5月 7日 (月)

ペンタドロンと展開図

立体の「もと」大発見 (aサロン科学面にようこそさん)
先日の朝日新聞さんの記事から。
空間を隙間なく充填できる平行多面体5種は、じつはたった1種類の五面体から成る、というものです。
それってつまり「立体の元素」だろうと。うーん、面白いです。
そしてリンク先、カラー図版にその元素=ペンタドロンである五面体の展開図が掲載されているのですが。
日々展開図と格闘する身としては、この展開図に見入ってしまいました。これが立体の元になる形だなんて。
組み立ててペンタドロンになる展開図が複数存在することもまた面白いと思うのです。

そう考えると、一般の箱の展開図は分子式である、とも言えますね。

その分子式を世界中から集めよう、というサイトを見つけました。→istockpack

とにかくありとあらゆる箱の展開図を収集し分類しよう、という試みです。あまり数が増えていないようなのが気がかりですが、とにかく夢の企画だと思うのです!

 

|

« 絵で書いた家具 | トップページ | ダンボールのラジオ ダンボールのカメラ »

紙でできたもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 絵で書いた家具 | トップページ | ダンボールのラジオ ダンボールのカメラ »