« 染みのデザイン | トップページ | こわいサンドウィッチ »

2012年3月28日 (水)

プログラミン

プログラミン、っていうWEBアプリを文科省が公開しているのですが。これがとっても楽しいのです。→プログラミン | 文部科学省

プログラミンっていうせいぶつ?を組み合わせて、簡易なプログラムを組むことができます。といっても複雑なこともちゃんとできますよ。そのためにはそれなりに複雑な組み合わせと試行錯誤を繰り返すわけで、そこんところにゲーム性があってとっても楽しめるのです。オトナも子どもも。いやこれ、学生たちへのワークショップネタとしてもじゅうぶん使用できますよ。

きっかけはこんなこと。

先輩の息子さん(小3)がゲームばかりして困ってる、っていう話を聞いたので。子どもの立場で考えれば、ゲームをして怒られるのなら、ゲームを作ってれば怒られないのでは、と思ったのです。親御さんだって熱中してなにかを作ってる姿をみれば安心ですよね。
あと「人を楽しませるためになにか作る」ことって、きっとデザインだと思うのですよ。

というわけで行って来ました。マンツーマンワークショップ。
小学校3年生の男の子が、小一時間でつくった「だっしゅつゲーム」です。

ぜひやってみてくださいな。遊び終わったあとに、「このプログラムをへんしゅう」とクリックすれば、これだけ動かすのにどれだけの組み合わせを試したかがわかります。オトナがヨコについていてアドバイスさえ行えば、低学年でも熱中して作業を行えます。

|

« 染みのデザイン | トップページ | こわいサンドウィッチ »

紙と平面世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 染みのデザイン | トップページ | こわいサンドウィッチ »