« 忘れないために手にメモをする行為 | トップページ | ボウルにかくれた動物たち »

2012年2月 9日 (木)

京都嵯峨芸術大学卒業・修了制作展 「大覚寺賞」受賞のダンボール製収納ボックス

M  CUBE

メルフのものづくり-ダンボール作用点さんで知った京都嵯峨芸の学生さんの作品です。
びっくりしました。すでに製品として完成されています。色のセレクトもとっても気持いいのです。
トレイ型のボックスと、M字型のスタンドからなる組み合わせ収納ボックス。
2種類のボックスなのですが、とにかく多様な組み合わせが生まれています。きっと試作が出来てから新しく生まれた並べ方もあるのだろうなと想像できて、いかにもダンボール製什器らしい楽しさなのです。
写真でみるかぎりわりと小型なのですが、大きく作られることもきっとデザインの想定内なのだろうなと思ったり。その場合は箱同士のジョイント方法にひと工夫必要になるかもしれませんが、そんな課題を考えることもまた楽しみなんですよね。
こうやってデザインの裾野が広がって、家庭にどんどんダンボール製品が普及するといいなあ。今後もあたらしい作品を生み出し続けてくださいな。

|

« 忘れないために手にメモをする行為 | トップページ | ボウルにかくれた動物たち »

紙でできたもの」カテゴリの記事

コメント

ブログ拝見ありがとうございます。会社でカットしたのですが展示までイメージできず、現地でみたらうなされました。
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

投稿: melf | 2012年2月 9日 (木) 21時03分

こんにちは!コメントありがとうございます。このような形で作品製作に協力されていることって素晴らしいですよね。パッケージの技術としてもとても良くできているので、展開図でアドバイスされた点もあるのかな?と思っていましたが、全てデザイナーである学生さん自身の設計ならすごいことです。

投稿: kaminodesign | 2012年2月13日 (月) 09時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 忘れないために手にメモをする行為 | トップページ | ボウルにかくれた動物たち »