« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の21件の記事

2012年2月29日 (水)

ストローあれこれ

TOKUJIN×MOROSOMODERNFORMさん)
ストローをディスプレイデザインとして利用した例ですぐに思いつくのは吉岡徳仁さん。

LINX (monogocoroさん)
こちらはストローを連結するためのアタッチメント。おそらくはストローにも直径の規格があるのでしょうから、もう素晴らしいアイデア。

Nestea Straws (The Inspiration Roomさん)
こちらはストローで作ったレリーフ。ストローをドットとして利用した例とも言えるのです。

Cap Sipper (DesignWorksさん)
最後はペットボトルのキャップからストローを組み立てるアイデア。海外ではペットボトルをストローで飲む例をとっても多く見かけます。

| | コメント (0)

2012年2月28日 (火)

二次元から飛び出してみる三題

This is exit (inspire me nowさん)
いや実は非常口サインとしても秀逸と思ったり。

Roy Lichtenstein costume (inspire me nowさん)
コスプレ?

地下鉄駅採集 (デイリーポータルZさん)
あれが昆虫に見えるっていう発想ってすごい。日本固有の表記であることも発見と思うのです。地下鉄の通路地図を切り抜いて採集するデイリーポータルZさんのネタ。

| | コメント (0)

2012年2月27日 (月)

プチプチのつかいみち

2012 Bubble Calendar (LikeCOOLさん)
カレンダー。めくる、とは異なる行為で過ぎた日に目印をつけることができます。

Big Bubble Bags (monogocoroさん)
こちらはバッグ。いや違和感ないですよそんなに。

Volkswagennarizさん)
うーむ、この区別はどうやってつけてるんだろう?つぶすつぶさないではそんなに差ができるとは思わないのだけれど。

| | コメント (0)

2012年2月24日 (金)

吹き出しを生活の中で使ってみると

Dream Bookshelf (DesignWorksさん)
吹き出しシェルフ。背景にならない家具のひとつのアイデアと思うのです。

Blackboard Brooch (LikeCOOLさん)
吹き出しプラス黒板の組み合わせ。身につけることで、メッセージ性が強くなります。

Dreamy Pillow (sasapongroove!!さん)
誰に見せるためなのかわからないけれど、なんかいい。

play video memo by native union (designboomさん)
動画メモを残すための専用機。単一機能だから使われる例ですね。で、単一機能を見た目で説明するために吹き出しが強力に作用しています。

| | コメント (0)

2012年2月23日 (木)

山を積んでみる

Topographic Puzzle (mifdesign_antennaさん)
山を格子状に切断すればパズルになるっていうアイデアが素晴らしいのです。完成品も美しい、山岳パズル。

やまつみ / 富士山だんぼーるパパさん)
こちらはあらかじめレーザーカットされた紙を積み上げて、山を作っていくのです。位置合わせの棒システムが素晴らしいアイデアなのです。

| | コメント (0)

2012年2月22日 (水)

ハンガーの使い道

HANG-​​OVER (monogocoroさん)
棚板として。なんですが、下部のフックもちゃんと役にたってます。上下ともに利用する例はとっても珍しいのです。

Coat Check Chair (design milkさん)
こちらは以前にも紹介しました。ハンガー椅子。ジャケットを掛けるのに椅子はあるけどハンガーが見当たらないっていうものすごくよくある状況を解決してくれます。

white flare hanger light (designboomさん)
こちらはハンガー照明。よく考えると腰から上にあってかつ引っ掛けて吊り下げるものってハンガーか時計かカーテンくらいですよね。

| | コメント (0)

2012年2月21日 (火)

箱の中の緩衝材につかえるもの

Financial Padding (BLTDさん)
いや偽物でもぜったいドキっとします。この方法なら饅頭箱の底に隠さなくても堂々と送れるのでは、と思ったり。

「見てくれ、日本から最高のものが届いた!」らばQさん)
すばらしいアイデア。ぜひリンク先を見てみてくださいな。あの空気の入った緩衝材の一つ一つに穴を開けて廃棄する行為を、とってもうれしい気分に変えてしまうアイデアでもあるのです。

| | コメント (0)

2012年2月20日 (月)

パンに

Japan's toast (LikeCOOLさん)
トーストの焼き加減で絵を描くアートはいままでに何度か紹介したことがあるんですが。上にどう載せるかっていうシンプルな表現が、とっても新鮮に見えたのです。

Sandwich Art (inspire me nowさん)
こちらも上に。パンの形と色と配置。完成度の高いアートなのです。最後に食べられるっていうのも、きっと重要な要素。

| | コメント (0)

2012年2月17日 (金)

ちょっといいテープ

Tape with Easy-to-Find End (monogocoroさん)
ああ、たしかにあれってイライラします。テープの先端を引き出すとき。
波形に巻かれたテープの間に指が入るので、次回も引き出しやすいテープ。

Center Tape (Yanko Designさん)
中央が透明になっていて、センターの位置決めがしやすいテープ。
センターかどうかは美観だけじゃなくて強度も左右するので、けっこう重要なことなんですよね。送られた相手がカッターナイフを入れる際の目安にもなるのです。

| | コメント (0)

2012年2月16日 (木)

Re+g(リプラグ)さんのカレンダー

→「Re+g(リプラグ」 (cainaさん)
Re+g リプラグ、というブランド名で展開されているプロダクトの中に、カレンダーがあるのです。もう2月、もっと早く紹介すればよかった。

カレンダーってとってもおもしろいプロダクトで、印刷としてのグラフィックから始まって、
●どうめくるか
●どう表示するか
●どう立てるか
●どう引っ掛けるか
●どう配置するか
●どう飾るか
…などの「あり方」のそれぞれに、季節や月の時の流れが絡んできて、もうとにかくいろんな可能性があるのです。

といいながら同時に「やり尽くされた感」のあるプロダクトでもあるわけで、これから新しいものをやる場合にはそのひとつひとつが発明になっていくわけです。

リンク先のカレンダーをぜひ見てみてくださいな。ひとつひとつ、まだ誰も見たことがない新しい発明が並んでいますよ。楽しくて新しいカレンダー。

| | コメント (0)

2012年2月15日 (水)

大金を持ってみる

Money Stacks DuffleSpraygroundさん)
まるでお金がつまったように見えるダッフルバッグ。なんだか重そうに見えるから不思議。

こちらはamazonで購入できる3億円。ずばり三億円、っていう名前の商品なのです。バンダイから。

もう一個、こちらもamazonで購入できる三億円です。

三億円スツール。一山欠けて見えるあたりがリアル。

| | コメント (0)

2012年2月14日 (火)

紙の王冠

Crown-Bird (monogocoroさん)
紙かな?
見る角度によって違うものに見えてしまう王冠なのです。権威の象徴の王冠が、「いろんなものをのっけてる人」に見えるっておもしろい。

ペーパーティアラ  (cainaさん)
いやこれねー。中国のお友達(小さいお子さんあり)にプレゼントしたら、もうものすごく喜ばれました。よかった。中国でのプレゼントは大きくて派手で豪華なものが喜ばれるって一般的には言われるのですが、できるだけ日本的なプレゼントをしたいと思っているのです。1Dayプリンセス、っていうコピーも秀逸で、渡しただけで世界中だれにでも理解できますよ。こういうものが日本デザインのスタンダードになっていくと思うのです。

| | コメント (0)

2012年2月13日 (月)

オリガミのリアル

prague designblok 08: color design (designboomさん)
ドラゴンや想像上の動物のように見えます。パーツごとに色が変わるのも想像力を喚起させるのです。本来オリガミって想像力ですよねきっと。

paper (pan-danさん)
大きさもきっと重要なのです。原寸大や、人間が入れること。その大きさの基準は、いつも人間なのです。

The Paper Fox (LikeCOOLさん)
最後はCGで製作されたオリガミ。いわゆる「精巧なオリガミ」とはかなり表現が異なります。でも紙に見える。そして紙で作られたものと似た感情を覚えるこの不思議。

| | コメント (0)

2012年2月10日 (金)

ボウルにかくれた動物たち

Animal Breakfast Bowl (Interior design roomさん)
これすごい。びっくりしました。
とにかくなぜ歪んでいるのか、気にはなるけれど絶対に理由はわかりません。ミルクを入れるまでは。
液体を入れると動物が現れるボウル。

で、これを思い出したのです。
フルーツボウル (Y'not Report Revivalさん)
リンク先ブログさんの下から4枚目の写真です。リスのフルーツボウル。小口が見えなければ、絶対にリスとはわかりません。

…ボウルって、動物を隠しやすい対象なのでしょうか。

| | コメント (0)

2012年2月 9日 (木)

京都嵯峨芸術大学卒業・修了制作展 「大覚寺賞」受賞のダンボール製収納ボックス

M  CUBE

メルフのものづくり-ダンボール作用点さんで知った京都嵯峨芸の学生さんの作品です。
びっくりしました。すでに製品として完成されています。色のセレクトもとっても気持いいのです。
トレイ型のボックスと、M字型のスタンドからなる組み合わせ収納ボックス。
2種類のボックスなのですが、とにかく多様な組み合わせが生まれています。きっと試作が出来てから新しく生まれた並べ方もあるのだろうなと想像できて、いかにもダンボール製什器らしい楽しさなのです。
写真でみるかぎりわりと小型なのですが、大きく作られることもきっとデザインの想定内なのだろうなと思ったり。その場合は箱同士のジョイント方法にひと工夫必要になるかもしれませんが、そんな課題を考えることもまた楽しみなんですよね。
こうやってデザインの裾野が広がって、家庭にどんどんダンボール製品が普及するといいなあ。今後もあたらしい作品を生み出し続けてくださいな。

| | コメント (2)

2012年2月 8日 (水)

忘れないために手にメモをする行為

手のひらにメモをとることってありますよね。忘れないために。そのための道具も過去にはいくつか紹介したのですが。今日はちょっと方向の違う道具をふたつ。

Rememberings (design milkさん)
メモがわりにはめるリング。色違いであるとともに、メモがあらかじめ刻印されています。写真にうつっているのは
Take pills
Call mum
Pay bills
Return books
Buy gift, の5つ。けっこう細かい内容なので、複数くみあわせるとかなり細かいサインが表現できますよ。

LIST-IT 100 (DesignWorksさん)
こちらは腕にまいて留めるタイプのメモ用紙。10色用意されているので、やっぱり色別に行為の目的を決めておけるのです。
買い物リストをメモにすることってよくありますが、メモを手に持つ必要がなくなる道具、ともいえるのです。

| | コメント (0)

2012年2月 7日 (火)

牛乳パックのその後

牛乳パック新形状ねたAtoZさん)
すでに誰もがこの形だと思っているものを改良することって、きっととっても難しいことなのです。50年同じだった牛乳パックの形状変更。

Box Play for Kids (百式さん)
こちらは牛乳パックに貼って遊べるステッカー。こちらは逆に、どれでも同じ形状だから可能な方法なのです。

| | コメント (0)

2012年2月 6日 (月)

野菜で絵を描く

Clown
野菜を並べて野菜以外のものに見えてしまう現象って、きっと人間だけのものですよね。でも人間には、100人中100人にとってピエロなのです。ふしぎ。

やさいでお絵かきトップ | キユーピーキッズ
というわけでキユーピーさんからブラウザ上で体験できるコーナーが公開されていますよ。限られた野菜で絵を描くんですけれども。
リンク先下部に投稿作品が並んでいるのですが、超絶技巧なものがあってびっくり。

| | コメント (0)

2012年2月 3日 (金)

絵をかざる

ixxi - pixellated murals (LikeCOOLさん)
ピクセルに変換された名画。もうそうとしか見えないのです。じゃ元絵を知らなかったら?それって同じ絵なのに見る人によって全く違う絵ってことですよね。

melting wooden sculptures (designboomさん)
こちらは絵のほうじゃなくて額縁。もうまるでチョコレートのように溶けてます。なんだか時が止まったような、まるで柔らかいもののような、不思議な印象の彫刻。

Still Life (mifdesign_antennaさん)
傾きを検知して表示されたオブジェクトに物理的影響を与えるアート。これって完璧に計算された構図の絵なのに偶然の要素を与えられるってことですよね。

| | コメント (0)

2012年2月 2日 (木)

かみのからだ

sculptures by gwon osang (designboomさん)
立体をいちど平面に変換して、そのあと立体に戻します。すると表面だけの情報が記録されるのです。

paper torso with removable parts (designboomさん)
立体パズルのような紙のトルソ。ポリゴンに変換すると、表皮と内蔵の区別ってつかなくなるのですね。

anatomical cross sections in paper (inspire me nowさん)
こちらはスライスされた標本のような人体。もう素晴らしいアイデアと写真。

| | コメント (0)

2012年2月 1日 (水)

みんなレゴがすき

LEGO Cake (LikeCOOLさん)
ケーキに色が付いていることは海外ではけっこう見かけるのですが。このケーキには必然性があります。レゴケーキ。

Unleash Your Lego (thecoolhunter.netさん)
Unleashは解き放つとか開放するって意味ですよね。レゴはレゴ単品だと材料だっていうとっても珍しい玩具なのです。

LEGO Thumb Tattoo (LikeCOOLさん)
たしかにつくよ!そういう形になるのはレゴしかたぶん無いけれど、タトゥーだけ見るとやっぱりきっとわからないと思うのです。レゴ好きなんだね。

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »