« 消しゴムの進化した姿って | トップページ | ちまみれ »

2012年1月10日 (火)

デバイスを投影する技術


Magic Cube|マジックキューブ|レーザーキーボード
これ評判いいなあ。

ipadを持つようになってから入力が不満なんですけど、キーボードつけたらそれってノートPCじゃん、って思ってます。
でもこれならキーボードを投影して入力できますよ。大きさ約38mm x 75mm x 29mmで、重さも約78gだそうで。

ノートが主流になったPCでは、結局のところ面積をとるのはキーボードとスクリーンなわけです。でもiphoneはじめ、キーボードはついに姿を消しつつありますよね。
Light Touch (LikeCOOLさん)
で、最後はこうなるのかもしれません。というかいますぐ実現できそうです。投影する場所が問題になるのかもしれませんが、それこそ紙一枚でなんとかなるわけで。
ところでリンク先の映像、携帯電話の初期のデザインによく似ています。まわりまわってまた戻ってくるのって面白い。

|

« 消しゴムの進化した姿って | トップページ | ちまみれ »

紙と平面世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 消しゴムの進化した姿って | トップページ | ちまみれ »