« 中なのか外なのか | トップページ | 紙でつくられた空間ディスプレイ »

2012年1月19日 (木)

積層された空間

carlos teixeira: the other, the same (designboomさん)
ダンボールを積層してつくられた空間。この方法は枚数と作業量こそ必要ですが、もっとも強度が出せる方法なのです。また平面的には曲線を出すこともできてしまいます。

Rabobank Headquarters by Sander Architecten (dezeenさん)
こちらも積層してつくられた空間なのですが…ダンボールの厚みや規格の違いによる小口の形状を、意匠として利用する例を初めて見ました。まるでタイルか左官の鏝絵のようですよ。

fachhochschule trier: commodulate (designboomさん)
最後はピザボックスを積層して作られた空間です。材料はダンボールなのですが、箱組にすると枚数と作業量と重量が大幅に削減できます。箱を組む必要はありますけどね。写真をよく見ると、接着ではなくてビス留めにしているようです。

|

« 中なのか外なのか | トップページ | 紙でつくられた空間ディスプレイ »

紙でできたもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中なのか外なのか | トップページ | 紙でつくられた空間ディスプレイ »