« トランプの模様って | トップページ | MFC-J6710CDWとPX-1700Fを比較するとどうなの?レビュー »

2011年12月 9日 (金)

もうひとつの研究所パラパラブックス

こちらが公式サイトです。
パラパラブックスシリーズvol.1~4
パラパラブックスシリーズvol.5~6
パラパラブックス「クリスマスの足音」

Amazonで普通に購入できるシリーズとしては、
客の多い穴
めからかいこうせん
ばくだんむし
階段のふり
歓迎の多い村
うさみみ
クリスマスの足音
の6種、でいいんでしょうか。ちょっと前にテレビで紹介されたことで、いまんとこAmazonさんでも入手が難しいものがいくつかあるようです。
で!いま4つ持っていてあと2つを注文中です。
いや来年のお正月早々にまた上海に仕事で行くんですけどね、向こうの方たちへのおみやげに配ろうと思っているのです。たくさん買って。なんだろう、ものすごく日本的なおみやげだと思うのですけどどうでしょう。どんな国の、どんな言語や文化を持つ人たちにも必ず笑顔になってもらえると思うのです。
中身については。
いやもうこれは「パラパラマンガ」って呼ぶのは失礼です。もはや発明。穴を開けたり、紙以外の「あるもの」を使うアイデアも。
個人的にいちばん好きなのは「めからかいこうせん」。
ホントに出ますよ。こうせん。ビックリします。それを紙だけで実現されています。とにかくプレゼントのもう一品、に添えてみてくださいな。いやクリスマスならメインになりますよ、「クリスマスの足音」。ぜひ手にとってほしい一品なのです。



|

« トランプの模様って | トップページ | MFC-J6710CDWとPX-1700Fを比較するとどうなの?レビュー »

紙をあつかう本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トランプの模様って | トップページ | MFC-J6710CDWとPX-1700Fを比較するとどうなの?レビュー »