« えんぴつを立てて収納することについて | トップページ | ポリプロピレンシートの可能性 »

2011年11月 8日 (火)

多面体のパッケージ

mathias van de walle: clicq'up for veuve clicquot (designboomさん)
展開するとシャンパンクーラーになります。面の集合であることが、ロゴの分割によってより強調されています。

Kiwi (Lovely Packageさん)
1枚の紙で製作することはできないカタチなので、中から差し入れて作られたパッケージ。そのことが新しい形状を産み出しています。

TK Food Pineapple Pastry (Lovely Packageさん)
こちらは多面体であることを、そのまま意匠に利用した例なのです。バラバラの箱を包み込んで葉に見せる、ちゃんと繋がるストーリー。

|

« えんぴつを立てて収納することについて | トップページ | ポリプロピレンシートの可能性 »

紙でできたもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« えんぴつを立てて収納することについて | トップページ | ポリプロピレンシートの可能性 »