« 多面体のパッケージ | トップページ | iPadに後付けするキーボード? »

2011年11月 9日 (水)

ポリプロピレンシートの可能性

Folder Chair (design milkさん)
ポリプロピレンシートは紙と同じようにカッターナイフで切断でき、折り目をつけることも可能なのです。紙やダンボールと違い目の方向がないため、設計の自由度も高いのです。折りクセをつけるのが難しいことと、ちょっと重いことが欠点ですが、組んだときの強度は相当期待できてしまうのです。これは椅子で使用した例ですね。紙製品と同様、たたんだ状態で販売することができます。

ZiPP Mannequins (monogocoroさん)
折りぐせをつけにくいということは、紙と違い折り目がついてしまわない、っていうことでもありますね。こちらは立体に組んだ例、ポリプロピレンのトルソーです。半透明の表情が美しいのですが、透明にできることもPPと紙の違いです。

Foldboat (dezeenさん)
最後は素材がよくわからないのですが、プラスチックシートでできたボート。完全に平らにすることが可能です。リンク先下の方、紙でつくられたサンプルにシビれます。

|

« 多面体のパッケージ | トップページ | iPadに後付けするキーボード? »

紙に似たもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 多面体のパッケージ | トップページ | iPadに後付けするキーボード? »