« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の20件の記事

2011年11月30日 (水)

椅子を組み合わせて椅子をつくる方法

以前に紹介した椅子なんですが。まとめてご紹介。

puzzle-like inception chair (designboomさん)
だんだん小さくなっていく、マトリョーシカのような椅子。と思ってよく見ると、ひとつひとつ組み合わせて初めて座面になるのです。

Triplette chair (Daily Dawdleさん)
ふつうに椅子をスタッキングしたように見えますが…そのままグッと抑えると、一脚に重なってしまいます。

each other chair (designboomさん)
最後はお互いがオスメスの関係になっていて、重ねるとまったく同型の一脚の椅子になってしまいます。ずらせば幅を変更することだってできてしまうのです。

| | コメント (0)

2011年11月29日 (火)

たまごを包むことって

package of two eggs (Lovely Packageさん)
たまごの全周が点で接するようにするには、一個ずつ包装するのがいちばん簡単なのです。2個専用パッケージのアイデア。2個欲しいときってありますよね。

interesting egg carton (Lovely Packageさん)
素晴らしいアイデア。ダンボールだけでできたたまごのパッケージには、ある有名なデザインがあるのですが。それを凌駕するかもしれないデザインなのです。

What Came First? (LikeCOOLさん)
最後はニワトリが先かたまごが先か。考えてみるとニワトリって、世界一安全にたまごを運んでいます。

| | コメント (0)

2011年11月28日 (月)

生きたパッケージ

Bloom (TheDieline.comさん)
パッケージでそのまま植物を育てる…は、とってもスマートな方法なのですが。けっこうクリアしないといけない問題も多くて、まだまだ普及していないのです。

mushroom garden (inspire me nowさん)
びっくり。このままパッケージとして販売されていてもおかしくない完成度。なのですが、マッシュルームを育てるためのキットなのです。

Kudamono  (monogocoroさん)
最後はくだものの外皮をそのままパッケージにするアイデア。そう考えれば、ほとんどの果物はすでにパッケージをまとっているのです。

| | コメント (0)

2011年11月25日 (金)

新しい印刷の技術

透かしプリントウッド (デザインの現場「これ、誰がデザインしたの?」さん)
家具などに使用される表面に貼った薄い木のことを、「突き板」と呼びます。すると中身はベニヤ板だったりするのですが、安価で美しく、狂いの少ない材料を提供できる優れた方法なのです。…その突き板から透けて見えるように印刷を施す方法です。

香り付インクジェット詰め替えアロマインク (daiko2001.co.jpさん)
こちらはインクジェットの詰め替えインク。家庭で印刷することに+αの機能をつける、素晴らしいアイデアなのです。

触ると色が変わる紙 (トレたまさん)
触れると電気が流れ、表面の色が変化します。
いわゆる電子ペーパーではなくて、いつかきっと紙そのものがディスプレイになる時代がやってくることを期待しています。

請求書をプリンタ無しで出力する3つの方法 (デイリーポータルZさん)
いやもうびっくりしました。後半に出てくる、青焼きをディスプレイで感光させる方法。製版と感光が同時にできているのです。もはやこれって発明。まったく新しい家庭用の印刷機器がここから産まれるかもしれません。ご存じ乙幡啓子さんの記事。

| | コメント (0)

2011年11月24日 (木)

紙袋でできる包装じゃない表現って

clever Ugly Betty adv (inspire me nowさん)
アグリー・ベティは「醜いベティ」。なので顔を隠してる…っていう単純なことでは無さそう、と思うのです。紙袋である理由も、きっと文化とか歴史あたり関係していると思ったり。

SACO DE PAPEL (NOT WILD STYLEさん)
こちらは紙袋のような革製のバッグ。繰り返し繰り返し使うことができるのです。

BoxBag (Yanko Designさん)
最後は底が分離して簡易なトレイやボウルとして使用できる紙袋。畳めるのかな。畳めるといいなあ。

| | コメント (0)

2011年11月22日 (火)

使い捨てと思われてた食器のその使い方って

aluminium tray profiles (designboomさん)
"アルミ"は金属だけど"アルミ皿"は紙に近い印象なのです。使い捨てられることもしばしば。そのアルミ皿にエンボス加工を施すと、不思議と再び質量が増したように見えるのです。

kup - eatable cup by sugiX (designboomさん)
米粉を使って作られた食べられるカップ。たとえていうと軍艦巻きの海苔とか、シチューに被せられた蓋のパンとかかな。違うかな。

Wall Cold Cup (LikeCOOLさん)
いっけん「中身があんまり無くてもたくさん入っているように見えるカップ」とか「氷をいれても薄くならないカップ」なのかな、と思いました。違いました。結露を解決する、二重になったカップ。

| | コメント (0)

2011年11月21日 (月)

さいころと重力

Self-Loading LEGO Dice Tower (LikeCOOLさん)
レゴで作られた、さいころをシャッフルするための道具。一回の動作で、元の状態にちゃんと戻ってしまうのです。

Gravitation (inspire me nowさん)
初めて見ました。過去に似たようなアイデアって存在するのでしょうか。まるで自ら重力に引かれたように目が下に寄っています。いやいやこれ、目の出る確率まで片寄っちゃうんじゃないでしょうか。当然目が寄っている方が下に…あれ、彫り込んである分だけ軽くなって上にくるのかな?

| | コメント (0)

2011年11月18日 (金)

額縁にいれるもの

signage (inspire me nowさん)
ああやられた!って感じのサイン。配置も縁の太さも絶妙なのです。独立しているはずのものが一続きになる楽しさ。

Family Wallpaper (UrbanOutfittersさん)
こちらは一続きも一続き、壁紙になった額縁。これだけ並ぶと模様に見えてくるから不思議。ある意味「機能性壁紙」なのです。

| | コメント (0)

2011年11月17日 (木)

紙のホワイトボード

The Draw Top (百式さん)
たしかにデスク上にある垂直の面材で、ある程度の面積があるものといえばこれしかありません!ノートPCの天板に貼り付けて利用できるホワイトボードシート。

消せる紙(けせるし) (欧文印刷株式会社さん)
こちらは紙の表面に特殊加工することによってできているホワイトボード。ブラックボードも用意されているのです。紙なので切ったり貼ったりも簡単にできてしまいます。
これなら書いて消せるギフトボックスやペーパークラフトも可能になっちゃいます。

| | コメント (0)

2011年11月16日 (水)

宙に浮いたり 体を切断したり

大卫魔术学校 (广告放肆さん)
雑誌のページに挟み込まれたフィギュアを動かせば、まるで宙に浮いているように。赤いカーテンは実際にトリックを隠しているのです。

胴切りファッション (エメリーのお気に入りさん)
こちらは体が切断されたように(浮いたように?)見えるドレス。ある意味光学迷彩ですね。

| | コメント (0)

2011年11月15日 (火)

紙の魔法 魔法の紙

Alice in Wonderland (LikeCOOLさん)
いやもういまさらで申し訳ないです。でもリンク先の動画を見てたら、いま普通にできることがほんの20年前には魔法だったんだなあ、ってつくづく思ったので。

リンク先の動画は次の動画につながるムービーだと思うのですが。
iPadが出た時に、一気に見られるようになった電子書籍紹介ムービーです。

そしてさらに魔法が進めば、きっと紙でも同じことができるようになるのです。

| | コメント (0)

2011年11月14日 (月)

蝶の輪郭

Graphic Butterfly Collection (laissezfaireさん)
美しい蝶たちなのです。よく見ると一つ一つカタチが異なります。飛ぶために進化した形状が、全く異なる(トンボやハエとも!)のは不思議なのです。

Butterfly' on coffee (LikeCOOLさん)
こちらも美しい写真。泡がちょうど蝶の表情に。

| | コメント (0)

2011年11月11日 (金)

ペットボトルのかたち ワインボトルのかたち

CORKCICLE (monogocoroさん)
コルク栓と一体になっていて、ワインを中から冷やすことができるワインクーラーなのですが。栓をすること、冷やすこと、結露、冷やす面積の増大、とにかくぜんぶつながる素晴らしいアイデア。

The 45-Degree Neck (Yanko Designさん)
こちらはあたりまえになっちゃってることをちょっと変えると便利になるよね、っていうアイデア。ペットボトルの口元が45°傾けてあります。ペットボトルの巾よりもちょっと出ちゃってますけど、これも最後の一滴までキレイに飲み干せる工夫ですね。

| | コメント (0)

2011年11月10日 (木)

iPadに後付けするキーボード?

このふたつ、全く同じ目的で作られた製品ですがアイデアがぜんぜん違うのです。

iKeyboard (IDEA*IDEAさん)
こちらはより「区別しやすく」するための道具。なので穴が空いていて、固い素材で作られています。取り付けも画面にスライドする感じですね。

TouchFire  (monogocoroさん)
こちらはより「キーボードに近づける」ための道具。なのでキー毎に盛り上がっていて、柔らかい素材で作られています。画面に張り付くかんじ。

むぅ。おもしろいです。

| | コメント (0)

2011年11月 9日 (水)

ポリプロピレンシートの可能性

Folder Chair (design milkさん)
ポリプロピレンシートは紙と同じようにカッターナイフで切断でき、折り目をつけることも可能なのです。紙やダンボールと違い目の方向がないため、設計の自由度も高いのです。折りクセをつけるのが難しいことと、ちょっと重いことが欠点ですが、組んだときの強度は相当期待できてしまうのです。これは椅子で使用した例ですね。紙製品と同様、たたんだ状態で販売することができます。

ZiPP Mannequins (monogocoroさん)
折りぐせをつけにくいということは、紙と違い折り目がついてしまわない、っていうことでもありますね。こちらは立体に組んだ例、ポリプロピレンのトルソーです。半透明の表情が美しいのですが、透明にできることもPPと紙の違いです。

Foldboat (dezeenさん)
最後は素材がよくわからないのですが、プラスチックシートでできたボート。完全に平らにすることが可能です。リンク先下の方、紙でつくられたサンプルにシビれます。

| | コメント (0)

2011年11月 8日 (火)

多面体のパッケージ

mathias van de walle: clicq'up for veuve clicquot (designboomさん)
展開するとシャンパンクーラーになります。面の集合であることが、ロゴの分割によってより強調されています。

Kiwi (Lovely Packageさん)
1枚の紙で製作することはできないカタチなので、中から差し入れて作られたパッケージ。そのことが新しい形状を産み出しています。

TK Food Pineapple Pastry (Lovely Packageさん)
こちらは多面体であることを、そのまま意匠に利用した例なのです。バラバラの箱を包み込んで葉に見せる、ちゃんと繋がるストーリー。

| | コメント (0)

2011年11月 7日 (月)

えんぴつを立てて収納することについて

Cast Desk Tidy by Benjamin Hubert (dezeenさん)
立てる位置と種類があらかじめ決められています。これって結構重要かもしれません。ペンスタンドの中身って定期的にベストな状態に戻す必要ってありますよね。

筆記具入れ DESK TIDY (買物は怪物さん)
ありそうで案外ない、違う用途のものを流用するデザイン。あ、でも本来えんぴつ立てじゃないものを使ってる例は多いなあ。ピース缶とか。

Under My Roof by Christian Vivanco (dezeenさん)
これ楽しい。ファイルケースはどうしても大型になっちゃうんですけど、だったら大きいことを楽しもう、っていうデザインです。えんぴつは収まるべきところに収まってます。

giha woo: twisted pencil (designboomさん)
自己完結デザインです。鉛筆はその断面で鉛筆と解るのですね。そしてもうひとつ、鉛筆立てには「上部の囲い」だけじゃなくて必ず「足元の囲い」も必要と解るのです。

| | コメント (0)

2011年11月 4日 (金)

ゾンビになりたい

そんな願望があるのかなあ。人間には。っていうか人間じゃなくなってるし。

Zombie Attack Hoodie (LikeCOOLさん)
Zombie Feet Sandals - Slippers

| | コメント (0)

2011年11月 2日 (水)

紙の箸 紙の箸置き

Paper Sticks (Yanko Designさん)
紙の箸。箱状に広げてから使用します。箱に組むと紙の強度は格段に上がる一例です。印刷も可能と思いますから、あたらしい媒体になるかもしれません。箸袋と一体になってる、なんてアイデアもひろがります。

BRANCH 紙の箸置き (JDNさん)
こちらは紙の箸置き。製本されていて、必要なぶんだけちぎって使用します。折りたたむその行為も食事の一部と思うのです。なんだろう、箸置きのある文化って美しいですよね。

| | コメント (0)

2011年11月 1日 (火)

すでにあるものに編んだり刺繍したりして新しいモノが産まれる例

カゴに編む (monogocoroさん)
素晴らしいアイデア。見ていると色んなメッセージが込められている気もしてきます。なにより2つとも同じ機能を持つモノで、さらに完成後だってちゃんと使用できるのです。

レントゲン写真に刺繍する (DesignWorksさん)
こちらも全く新しい表現方法。中身の写真に、新しい表皮を被せる作業でもあるのです。

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »