« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月の18件の記事

2011年3月31日 (木)

貼ってみる

Pothole (inspire me nowさん)
パトカー後部の写真を貼った道路脇の看板で、スピード違反が激減した記事を以前に紹介したことがあります。慣れた時がちょっと怖い。

Cuppa Luck Tea Set by Jo Westrop  (design milkさん)
うなりました。スクラッチカードを連想しますが、これって非可逆的な現象ですよね。もう元には戻らない。でも食器のすり減りだって、非可逆的なのです。

愛妻弁当 (Sukima Windows Plusさん)
ああ、もうこれは商品にすべき。のりシール。

| | コメント (0)

2011年3月30日 (水)

鉛筆削り

Re-knife (Yanko Designさん)
おなじ鉛筆削りでも、こっちの方向に進化するのはあまり目にしないわけですよ。だから新鮮。

Sharpener Desk Tidy (Interior design roomさん)
なんだろうこう「形を模しました」っていうこと以上に奥深いなにかがあるような気がするのです。

Sharpen Pencil, Get Eraser (Yanko Designさん)
すでにコメントにたくさんの疑問が書いてありますね…でもね、ふだんの生活の中での行為が物を産む道具って、じつはほとんどありません。各家庭を工場に変える、まったく新しいプロダクトなのです。

| | コメント (0)

2011年3月29日 (火)

フェリシモさんの箱

フェリシモさんのお届け箱って、ダンボールの世界ではもう革命的なグラフィックだったのです。一時期はあの模様が箱の内部、つまり裏側に印刷されていたこともありましたよね。開けて感動。

こちらの公式サイトでは、その箱についての詳細な説明がされています。→FELISSIMO 環境活動・調達・配送

これを読むと、その設計段階ですでに「届いた家庭でリメイクされる」ことが目的とされていることがわかります。大小合わせて35種類の箱がある、とも。

フェリシモさんでは今回の東日本大震災の被災者救援のため、約10万点の救援物資を送ることも表明されています。
FELISSIMO プレスリリース詳細
これから送られるぶんのその箱の中に、先日この記事でも紹介した
みかん箱タイプのダンボールがあればはさみ1本でつくれる避難所パーティション
の作り方を印刷したプリントが同封されることになったそうです。
このカラフルな箱が使用されるのかどうかはわかりませんが、ダンボールで被災された方達を勇気づけられるといいなあ。
F01
F02
F03
F04

| | コメント (5)

2011年3月28日 (月)

ハナイク

花粉症で悩むこの季節。外出にマスクが手放せません。

ハナイク(鼻育)っていうコトバをエリエールさんで紹介されています。
ハナイク(鼻育)|エリエール+Water |大王製紙
正しい鼻のかみかたを紹介されているのですが、興味深いのは子どもの花粉症に関するデータ。

15歳以下のこどもの約4割がすでに花粉症の可能性あり、なんだそうです。さらに50%のこどもが正しい鼻のかみかたができていないそうですよ。

子どもに正しい鼻のかみかたを教えたお母さんの割合は70%なのだそうですが、そういや鼻のかみかたっていつどうやって覚えたんだろう。自分が正しいかどうかも怪しいのですが、正しくかむといろんなリスクを減らせるそうですから、同じく花粉症の方はぜひ。

| | コメント (0)

2011年3月26日 (土)

スイッチ

FLOOR PLAN LIGHT SWITCH (DesignWorksさん)
部屋名シールを貼らなくても直感的に部屋を区別することができる、素晴らしいアイデア。別戸にプレートを用意しなければなりませんが、全面をiphoneのように液晶にしてしまえばすぐに実現可能です。

Switch Me (LikeCOOLさん)
ソルト&ペッパーをスイッチで切り替えます。このスイッチの形ってだれが見てもスイッチなんですけど、最初にこれを思いつくってすごい。だってオンオフが同型でしかも同パーツなんですよ。

| | コメント (0)

2011年3月24日 (木)

はさみ+カッターナイフ

以前に紹介した、この一品。
おもしろはさみカッター (家電Watchやじうまミニレビューさん)

このコンセプト、はさみ+カッターナイフになってるものをもうひとつ発見しました。
Free cutter (Yanko Designさん)

違いはきっと、前者が『はさみ+カッターナイフ』なのに対して、後者は『はさみの一部がカッターナイフ』なのです。デザインっておもしろい。

| | コメント (0)

2011年3月23日 (水)

ちぎり広告

FREE Strips Of Paper by mezzoblue (LikeCOOLさん)
うんうんとにかく白い紙が欲しいときってある。

True Blood “Emergency Vampire” Posters  (sasapongroove!!さん)
うんうん吸血鬼に出会ったら確かに欲しい。

take a smile (LikeCOOLさん)
うんうんこんなときこそ。

| | コメント (0)

2011年3月22日 (火)

かみぶくろ

Blow Sofa (The Design blogさん)
紙袋を大きくしたようなソファ。その外観が、「簡単に組めそうだ」って思わせる効果も生んでいます。

home traveller (designboomさん)
バッグ家具。たしかにバッグはポツンと置いてあっても違和感ないものの代表かもしれません。まったく新しい家具のカテゴリかも。

Lee Never Wasted  (Lovely Packageさん)
カレンダー、しおり、ペンスタンドなど、とにかくオマケ盛りだくさんの切って使える紙袋。そのたくさんの使い方そのものがバッグのデザインになっていて、楽しい。

| | コメント (0)

2011年3月16日 (水)

みかん箱タイプのダンボールがあればはさみ1本で作れる避難所パーティション

mago_Partition01    
みかん箱タイプのダンボールがあればはさみ1本でつくれる避難所パーティション【マゴクラ】

 

救援物資が入っているダンボール箱を使って、はさみ1本で簡易間仕切りを作ることができます。mago_Partition02    
その作り方をA4サイズのpdfにして、ダウンロードできるようになっています。

| | コメント (0)

2011年3月11日 (金)

ふきだしプロダクト

selifusen (DesignWorksさん)
付箋のかたちそのものがメッセージに影響を与えるプロダクトなのです。

オギャーモビール (Fresh News Deliveryさん)
こちらは赤ちゃんの感情の見え方に影響を与えそう?なプロダクト。
そしてたぶん泣き声さえも楽しめるプロダクトなのですきっと。

| | コメント (0)

2011年3月10日 (木)

タバコを着るひと

SMOKING REVERSIBLE TIE (Perpetual Kidさん)
タバコを吸わないときに着る服。というかタイ。
けっこうタバコに見えるもんですね。

Smoking Jacket (Interior design roomさん)
タバコを吸うときに着る服。
着る着ないもやっぱり自分の意志なのです。

| | コメント (0)

2011年3月 9日 (水)

時間の流れ2題

Post-it Scheduler (革新的発明と製品情報さん)
きっとなにか便利に使えそう、っていうこの感覚。この感覚が大事なんです。付箋台紙が曜日別にわけられているポストイット。

365 (Designlinesさん)
時間を視覚化する装置は過去にもいくつか紹介したのですが。ものを生産する装置を見るのは初めてです。たしかにひと目ひと目が時間の流れを紡いでいるような気がします。

| | コメント (0)

2011年3月 8日 (火)

ブックエンド

スチールプレートをプレスしてつくるあのブックエンド。
デザインの巾はまだまだありそうなのに、ずぅーっと昔から同じカタチを保っている製品でもあるのです。

bookend+ tape dispenser (DesignWorksさん)
これすごい。背を高くすることが、新たな利用法を生む例なのです。

Jepri (OPENERSさん)
棚になるブックエンドは初めて見ました。マグネットを仕込むための加工など、けっこう複雑な曲げですよ。

| | コメント (0)

2011年3月 7日 (月)

ダンボールでつくるイベント用立体看板

image
立体看板【マゴクラ】パーティションBOXでつくるイベント用立体看板
mago_sign01

会社のイベントや展示会などで、「とにかくなにか目立つ物を置きたい」っていう話になる、っていうのはいかにもありそうな話です。
でもその目立つものって何だろう?って考えるとけっこう難しいのです。
普通に考えると看板だったり商品を陳列する棚だったりするのですが、それって必ず特注になります。つまり高くなっちゃいます。

三日間程度の展示会であれば、そのあと廃棄するしかないものを特注するっていうのもきっと難しいことなのです。

こういう条件のときに、ダンボールっていう素材は威力を発揮するのです。しかもその場で組み立てて終われば分解し、かつとっても安価でデザイン自由だったりすれば、もうこれにかわるものはありません。

ダンボール製のパーティションボックスでつくる立体看板。
基本的にはパーツは一種類しか使いません。
そのパーツの並べ方だけで意匠をつくるので、ダンボールの色以外には特注する必要がなくなります。

こうやって書くといいことずくめな気がします。実際そうだと思うのですが、普及するといいなあ、素材としての紙やダンボール。

| | コメント (0)

2011年3月 4日 (金)

トランプとさいころ

house of cards table (designboomさん)
スチールのままなら安定感、トランプ柄を印刷すると途端に不安定に見えるこの不思議。
トランプタワーの家具。きっとトランプにも表と裏があるのでしょうが、家具として使うときにはどう並べると美しいのだろう?リンク先では左右の足で表裏の並べ方が違います。…と、変なところが気になってしまいました。

Letterpress prints using dice as “type” (MAKE:さん)
さいころ印刷。
気づかなければ美しいパターン、にしか見えません。そのうち誰かが「これさいころに見えない?」って言い出すけど本当にさいころを使って印刷するのにはもう1段高い壁があるのです。制作者が柱の影からこっそりほくそ笑むこの感じ。この感じのなかにデザインの神髄が隠されている気がするのです。

| | コメント (0)

2011年3月 3日 (木)

パッケージのふた

PIZZA (inspire me nowさん)
かなりの衝撃。食欲が減衰しないか心配です。

ZAGGmate with Keyboard (monogocoroさん)
ipad自身がフタになるキー-ボードのデザイン。

Knife Lid (laissezfaireさん)
100人中100人がそうやって使うはずの、バターナイフフタ。

| | コメント (0)

2011年3月 2日 (水)

ダンボール戦機

テレビ東京・ダンボール戦機
テレビ東京系6局ネット 2011.3/2から 毎週水曜日 7:27~
だそうですよ。リンク先の「PVを見る」をクリックすると…

『2046年、強化ダンボールが発明され、あらゆる衝撃を吸収するその箱は、輸送手段の常識を覆し、世界の物流に革新的な進歩をもたらした』…って素晴らしい。もう思いっきりダンボールのアップから始まるオープニング。そしてゴールデンタイムのアニメのタイトルにダンボール。

これは来たんじゃないですか。ダンボールの時代が。

いや強化ダンボールって2011年のいまでも普通名詞なんですけど、衝撃吸収というよりは面材としての強化なので。

たしかにあらゆる衝撃を吸収すれば、物流だけじゃなくて世界が変わるはず。家やビルや車だってダンボールでつくれば良いのです。そういう未来の革新のために主人公が汗を流す…っていうアニメじゃなさそうですね続きを見る限り。

いやいやいいんですそれで。だってこのシリーズのトイが発売されたときには、きっとバトルステージにダンボールがついてくるはずなんですもん。今日からスタートだそうですよ。

| | コメント (0)

2011年3月 1日 (火)

つつみがみ

ガムのつつみがみってガムを捨てるために使ったりするのですけれども。
それがチューイングキャンディになれば、そういう用途はなくなるわけですよね。
きかんしゃトーマスとなかまたち チューイングキャンディ

うーむ。うなりました。過去こういう前例があったのかどうかわかりませんが、とっても楽しいアイデアなのです。「ごみ」から「楽しみ」に変わるアイデアですよね。→公式サイト

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »