« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の19件の記事

2011年2月28日 (月)

スタンプが伝えるもの

Sandra Martins Makeup business card (inspire me nowさん)
押しさえすれば名刺に。口に文字と数字を被せるあたり、本物とフェイクのギリギリのラインなのです。

Bunting stamps (laissezfaireさん)
パーティの招待状に。
いっけん単独では何に使うのかわかりません。繰り返すと現れるその意味。繰り返して使えるのはスタンプのメリット。

単位希望郵便
素晴らしい完成度。これができる学生なら、そもそも中身も推して知るべし。

| | コメント (0)

2011年2月25日 (金)

自己複製

自分より一回り小さい同じロボットを作るようプログラムされたロボットはどこまで小さく自己複製できるか…なんて話を思い出しました。

Just in Time, or A Short History of Production (NOT WILD STYLEさん)
各色をそれぞれのプリンタが担当します。配置が上のロボットの話とそっくりなのです。

The Spray Can that Sprays Itself (monogocoroさん)
そのスプレー缶自身で自分自身にスプレーする方法。

| | コメント (0)

2011年2月24日 (木)

ごみ箱

Bin Step (Interior design roomさん)
ごみ箱ほどいろんなものと組み合わされるものはそうはありません。ステップと組み合わせたアイデア。

光るごみ箱 (革新的発明と製品情報さん)
ごみ箱をインテリア化するアイデアはたくさん考えられてきましたが、光らせる、をひとつ追加。

Top Hat Trash Can (LikeCOOLさん)
そして、ごみ箱ほどいろんなものに例えられるものもそうはないと思うのです。

akarchitectes: the waste-folder (designboomさん)
持ち運びできる分別ごみ箱。ひとつずつ取り外すこともできますよ。
取っ手が見えることで、説明書が不要になるのです。

| | コメント (0)

2011年2月23日 (水)

クリップの行き先

Beeramid Is Locked In And Ready To Go (There, I Fixed Itさん)
クリップって、挟む以外の方法で固定させることもできるのです。

The Infinite Clip (monogocoroさん)
すごいなあ。きっとそうなる。
3Dプリンタが2Dプリンタ並みに普及すれば、プロダクトはデータ供給することが可能になります。各家庭で物を生産する未来。

giha woo: clip + pen (designboomさん)
仮に思いついたとしても、デザイン上クリップとペン本体をどうやってつなぐのかは悩むはずなのです。答えを見ればこれしかないって思うのに。

| | コメント (0)

2011年2月22日 (火)

クッキー

クッキーで作るタコ図鑑 (デイリーポータルZさん)
べつやくれいさんのネタ。アイシング、っていう技法でタコクッキーがタコ図鑑に。型発見→アイシング→タコ図鑑っていうストーリーがすでに普通じゃない素晴らしさ。

Tasty Pantone Chip Cookies (CubeMeさん)
こちらは同じでありながら確実にちょっと違うものの代表ですね。

| | コメント (0)

2011年2月21日 (月)

milk

Milk packaging concept by Kian (LikeCOOLさん)
もう中身がはいっていてもいなくてもミルク。
よくできてます。3本足に使用する発想って世界初じゃないでしょうか。

Milk Carton Lamps (design milkさん)
過去になんどか紹介したミルクパッケージランプなのですが…それを並べると明るさ倍増、っていうのは初めて見ました。たしかにスーパーでは整然と並んでますよね。

| | コメント (0)

2011年2月18日 (金)

切る道具2題

ドラパス おもしろはさみカッター
【Amazon】ドラパス おもしろはさみカッター
はさみの片方がカッターナイフになっています。
おもしろはさみカッター (三幸製図機械製作株式会社さん)
「切る」目的をひとつにまとめた商品。こどもたちにとっては、「危険なもの」を2つから1つに減らすこともできるわけです。

スライドカッター ブルー NSC-NA4-B
【Amazon】スライドカッター ブルー NSC-NA4-B
A4用紙を裁断できるスライドカッター。
スライドカッター (ナカバヤシ 株式会社さん)
スライドカッターっていうジャンルは各社いくつか商品を出されているようなのですが、このカッター、刃の切り替えが可能になっていて、波線、折り罫線、ミシン目などもつけることができますよ。

| | コメント (0)

2011年2月17日 (木)

Panasonic デジタルフォトフレーム MW-15-W

Panasonic デジタルフォトフレーム 9型画面 ホワイト MW-15-W
【Amazon】Panasonic デジタルフォトフレーム 9型画面 ホワイト MW-15-W

2台購入してしまいました。Amazonさん安い(2011.2月15日現在)。
1台はちょっと入院することになった母親向けに、それがとても良かったのでもう1台は他の人へのプレゼントに。
母親のほうはですね、ちょっと悩んだのです。入院中ってヒマなので、なにか良いモノはって考えて、電子書籍リーダーやipadなんかも検討したのですが…でもですね、「使いこなせるかどうか」よりもそもそも「使ってくれない」可能性があると思ったのです。

で、フォトフレームにしました。これなら見るだけ。
撮るには撮ったけどまったく見ないデジタル写真が手持ちにも実家にも大量にあるのですよ。

各社いろいろ検討して、画面サイズと価格とのバランスでこれにしました。黒と白があるのですが、部屋が明るくなるかなと白に。高級感もありますよ。

機能もいろいろ揃ってますが、もうスライドショー1本で電源のオンオフだけ教えました。それで十分です。公式サイトによると、一日10時間つけっぱなしでも1円程度なのだそうですから、もう本当につけっぱなしで良いと思うのです。一日単位でオンオフ調整できるタイマーと、暗くなると自動的にオフになる機能がついていて完璧。

内蔵メモリーは2GB。とりあえず1000枚ほど入れました。SDカードを使用して内蔵メモリーに移動させる際には、「SDから圧縮して取り込む」機能が使え、これが秀逸。数分の一に減りますよ。
PCから直接コピーも可能なのですが、この容量縮小機能を使いたいばっかりにSD経由でコピーしました。それだとまだまだ入る。

そしてそれらが10秒おきに入れ替わるように調整しました。1000枚なら3時間も楽しめます。普通に見入る。話題も尽きない。

非常に満足度の高いこの一品、無理に欠点をあげるとしたら、
●見ながらの写真の消去がカンタンにできない
●スライドショーがファイル名順とランダムだけで「撮影日順」がない
ってことでしょうか。「撮影日順」については、ふつうの人はファイル名=撮影日順なので問題は無いのでしょうが、複数のカメラを使い分けている人にとっては、やっぱり必要と思うのです。

いやいやそれでも母親が言った「テレビよりよっぽど楽しい」っていう感想が全てと思うのです。もっと早く買えばよかった。オススメの一品です。

| | コメント (0)

2011年2月16日 (水)

スリットアニメ

鉄腕アトム マーブルチョコレート (mifdesign_antennaさん)
昨日から探してるんだけどな。
表面の包装フィルムを利用したスリットアニメなんだそうですよ。先日紹介した「ガラステーブルとラグマット」もそうですが、「透ける表面と中身」の組み合わせ、まだ他にもあるかもしれません。

floating animation pen (designboomさん)
こちらもうなります。スリットアニメには「平行に移動させる」行為も必要なのです。たしかにfloating penは「透ける表面と中身」「平行に移動させる」の両方を満たしているのです。

MISDIRECTIONさんご紹介ありがとうございます!

| | コメント (0)

2011年2月15日 (火)

テオ・ヤンセンのミニビースト

大人の科学マガジン Vol.30 (テオ・ヤンセンのミニビースト) (Gakken Mook)
【Amazon】大人の科学マガジン Vol.30 (テオ・ヤンセンのミニビースト) (Gakken Mook)
今回の大人の科学にはテオ・ヤンセンさんのキネティック・アートが付録としてついてます。なぜかAmazonでは品切れ中が続いてますが、机の上で「自分用に一台所有できる」のって魅力的。

公式サイトに詳細が出てますよ。→テオ・ヤンセンのミニビースト

なんだろう、動きももちろん魅力的なのですが、この細かいパーツが規則正しく動くさまって心動かされるのです。

たとえば先日見つけたこのソファ。
yuya ushida: sofa_XXXX (designboomさん)
もうこの計算された動きとその密度に圧倒されるパーツの加工と組み立て。かけたエネルギーは見る人にも伝わるのです。

| | コメント (0)

2011年2月14日 (月)

チョコレートのクギ

時事時事。

まずはこのふたつを見て下さいな。
Los clavos de chocolate (monogocoroさん)
CHOCOLATE (sasapong's room!さん)

どちらもチョコレートのクギなのですが、大きさが違うと用途がまったく異なる好例です。小さいとトッピングの表層をチョコ化するのですが、大きいと内部からチョコ化してしまうのです。

というわけで今日は日本全国で大小のクギを刺す同様の現象が起こっているようですよ。

| | コメント (0)

2011年2月10日 (木)

メイクドゥ

メイクドゥ
びっくりしました。
詳細はリンク先を見ていただくとして。
ノコギリ、ヒンジ、ストッパー、ジョイントのセットになっているのですが。これらの道具で、ダンボールや紙などを切ったり穴を空けたりつないだりすることができますよ。
つまり材料はじぶんで探すわけで、この道具を手にした途端に周囲のモノに対する見方が変わっちゃう道具なのです。

ところでこのメイクドゥに、いつも記事の参考にさせていただいているmonogocoro ものごころさんが関わっておられるのですが、いまイベントまっただなかなのだそうですよ。
形のブレインストーミングツール(makedo) : monogocoro ものごころ
2月6日(日)~2月13日(日) 東京都港区北青山3-11-7 Ao 2F

or-itaプロジェクトの織咲誠さんを迎えてのトークイベントもあるそうでうが、あっ!もう終わってる!トークイベントは2/10でした…
とはいえ東京なので行けたわけではないんですけれども…
メイクドゥイベントは2/13までですから、お近くの方はぜひ。大人もこどもも、勝手にワークショップしちゃっていいことになってるようです。

欲しい。

| | コメント (0)

2011年2月 9日 (水)

コンペ情報

KOKUYO DESIGN AWARD/コクヨデザインアワード | コクヨ
昨年はお休みでしたが、今年から再開されますよコクヨデザインアワード。今年のテーマは自身のブランド名にもなっているCampus。

サンスター文具|第16回 6.1挑戦の日 アイデア募集
サンスター文具さんでも毎回行われているアイデアコンペが応募期間まっただ中なのです。もう16回なのですね。テーマは「すごい」。

| | コメント (0)

2011年2月 8日 (火)

地球儀のいろ

drill design: geografia series (designboomさん)
以前にも紹介したドリルデザインさんの地球儀。地球を塗る感覚は紙の地球儀ならではなのです。その他のグラフィックもドキッとするほど美しいのですが、じつはコアまで表現されています。

one Color Globe by Nendo (Bloesemさん)
地図は最低何色あれば隣り合う色が同じにならないように塗りつぶせるか、っていう問題がありましたが、nendoさんの1色地球儀。じつは国境の有無の問題でもあったのですね。

Map Works (DesignWorksさん)
地図を使って作られたコラージュを初めて見ました。元々の色をそのまま利用されていますが、きっと元の地図は意味があって色が塗り分けられていたはずなのです。そう考えるとこの色は人間の活動の歴史だったりするのですよね。

| | コメント (0)

2011年2月 7日 (月)

デザインのひきだし12

デザインのひきだし⑫
→【Amazon】デザインのひきだし⑫

デザインのひきだし12が2/6に到着しました。

紙の仕事に関わるようになって7年、トムソン刃のミゾ巾の限界は知っていても、どうしてそうなるのかは知らないわけで、食い入るように読んだのです。

ふとこんなことを思い出しました。建築家に弟子入りした一年目、現場にひとりで打ち合わせに行き、あまりの無知ぶりに現場の工務店の社長に怒鳴られました。
「設計よりも大工の修行からやりなおせ!」

なるほどもっともと事務所に帰って師匠に報告すると、今度は師匠が激怒。すぐにその工務店に電話して、こう言ったのです。
「大工を育ててるんやない、設計者を育てとるんや!」
今から20年前の話です。

いま学生から同じような質問を受けます。現場を知るには設計者よりも大工から始めた方が良いのか?って。
なのでこう答えてます。師匠の受け売り。
大工が一生をかけて覚える知識のほとんどは、実は道具の手入れや材料の見極めなど肌で覚える経験と勘。設計者が知っておくべき現場の知識なんて、実はほんの数%でしかない。
だったら設計者からスタートしてもじゅうぶん覚えられるし、またそうしなければならない。

とはいえその数%を知るための建築の教科書は、いまもまったく存在しないので、やはり何年もかけて覚えるのです。

デザインのひきだし12に戻ります。紙を扱うデザイナーにとって、これは唯一の教科書になる、と思ったのでした。
付録も声をあげるくらいすごいですよ。

Amazonさんの写真では上下がまっすぐ写ってることも、驚きのための効果をあげていたりします。

| | コメント (0)

2011年2月 4日 (金)

しおりをはさむ行為

lightleafs (designboomさん)
しおりは「読まない」ときに使うものですが、光るしおりは「読むとき」にも使うことになります。新しい技術が新しい用途を産む好例ですね。

haptic penna (designboomさん)
こちらは羽根ペンのしおり。見れば誰でも用途がわかるのです。手帳にペンをホールドするアタッチメントがありますが、これなら単品でホールドできるのです。

Tongue Bookmark (monogocoroさん)
さいごは本から出っ張らないしおり。こういうアイデアを初めて見ました。本棚に戻すときに引っ掛からないように、しおりを本と揃えて差し込む自分を発見するのです。

| | コメント (0)

2011年2月 3日 (木)

ペットボトルを使った…

101027mago_vase
エコ花瓶シリーズ(ペットボトル+ダンボール)(アースダンボールさん)
使用済みの500mlペットボトルにダンボールのカバーを被せて花瓶として使うこのシリーズ。Oha!4 NEWS LIVEさんで紹介されていて、その動画を見ることができますよ。
あさ○info | Oha!4 NEWS LIVE簡単エコペット!

ガラスでできたペットボトル (革新的発明と製品情報さん)
ペットボトルは強度や耐圧性能を追求した機能から生まれた究極のデザインですが、そのフォルムは美しいのです。

How To: Make A Milk Jug Stormtrooper Helmet (Geekologieさん)
こちらはミルクボトルからつくるストーム・トルーパーのヘルメット。素晴らしいアイデア、究極のリサイクル。問題はこの形状のミルクボトルが日本では手に入りにくいことですね。

| | コメント (0)

2011年2月 2日 (水)

食パン

peanut butter & jelly pouch (fredflare.comさん)
支払いでコレ出すと「えっ」っていう顔されるのか知らん顔されるのかどっちだろう。ちょっと黒い部分が気になります…

Paint On Toasts (LikeCOOLさん)
ピーナツバターかと思ったらマーマイトだそうですよ。英国圏では「ふつう」なんですよね。味覚は年齢とともに変わるらしいので、いまなら食べられるかなマーマイト…

| | コメント (0)

2011年2月 1日 (火)

スプーンと箸

One Super Simple Spoon (Yanko Designさん)
木製の折り紙のようなスプーン。割れないかちょっと心配ですが、姿も美しい大型のスプーンなのです。

Spoonachos (Interior design roomさん)
トルティーヤチップスをワンスプーン料理に変身させるこのアイデア。説明がなくても用途がわかるのです。

ガンダム箸 (バンダイウワサの広報ブログさん)
いまちょうど予約受付中なのだそうですよ。限定生産品。カミノデザインとしては、シールド型の箸袋に注目なのです!

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »