« ペーパークラフトとダンボールのクリスマスツリー | トップページ | ハンガーのつかいみち »

2010年12月10日 (金)

ペットボトルを再利用するダンボール製の花瓶

飲んだあとのペットボトルを再利用して、花をいけるダンボール製の花器がアースダンボールさんから発売されています。

全部で3種類。ポット、ブーケ、ヘキサ。
リンク先で直接購入もできるようですよ。三種ぜんぶが入ったセットも販売されています。

 280_01
○01 ポット(Pot)
もっとも「花瓶」に近いイメージです。
一枚の紙を筒にして、輪ゴムで口をしばってしまいます。もともとペットボトルは口の大きさや高さに規格があるのですが、その大きさのままでいわゆる「花瓶」に変換しています。
ボリュームのあるなしや背の高い低いなど、オールマイティにどんな花でも似合いますよ。花瓶ですから。

 

280_03
○02 ブーケ(Bouquet)
こちらはペットボトルの丸さを四角いイメージに変換しています。ある意味バランスを保ちながらペットボトルとはまったく違うものにするカバー。ブーケと名付けられています。
その名のとおり、ブーケのようなアレンジが似合います。3種の中でただひとつ白いダンボールで製作されているのです。

 

280_02
○03 ヘキサ(Hexa)
最後は6本のまったく同じパーツを組み合わせて作るヘキサ。同じ部品を蜂の巣のように組み合わせたら、上下を輪ゴムで留めてしまいます。ダンボールで表現できる究極の多角形かもしれません。
3種の中ではいちばんボリュームがあるので、背の高い凜とした花をいけるととっても映えるのです。
上面にはレース模様が表現されています。

|

« ペーパークラフトとダンボールのクリスマスツリー | トップページ | ハンガーのつかいみち »

紙でできたもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ペーパークラフトとダンボールのクリスマスツリー | トップページ | ハンガーのつかいみち »