« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の17件の記事

2010年10月29日 (金)

工具のパッケージ

Evolv (TheDieline.comさん)
いや結局は「くくって」留めてるんですけどね。ちょっとカッコいい。きっと「ぴったりのサイズ」に萌えるのだと自己分析。

ドライバー6本入り(Lovely Packageさん)
こちらは以前に紹介したもの。
ドライバーセットの内容を見せるには、”先っちょ”を見せるのはいちばんですよね。

Tool Box by Tim Oelker (LikeCOOLさん)
最後はうなりました。持ち手がカナヅチになってます。たしかに開けたときはいらない。

| | コメント (0)

2010年10月28日 (木)

平面←→立体

ただいま。上海はやりたいと思ったことが実現できる街でした。

physical scollbars (designboomさん)
平面を動かすために操作していたものが動いて見えると、空間のほうが動いて見える。

paper apple from David Brownings (inspire me nowさん)
究極にデフォルメしても、リンゴに見えるこの不思議。

Super Mario Bros. Castle Pop-up Card (Paperkraft.netさん)
ゲーム中の平面の城も、やっぱり立体に見えるのです。ゲーム脳?

| | コメント (0)

2010年10月22日 (金)

ダンボールでつくりました

Giant Cardboard Robot Arms (LikeCOOLさん)
これだ!このアイデアを実現できる素材って、きっとダンボールだけなのです。

Cardboard plant (Bloesemさん)
上から二つ目の作品。ダンボールを使う表現としては、ものすごく珍しいと思うのです。めくるのかな。突き破るのかな。

Goldsmiths at NUDE (MoCo Locoさん)
普通はラケットに目がいくのですが、今日は卓球台のほう。なるほど積み上げれば使えます。

effective cycling protection (designboomさん)
自転車用のヘルメット。組み方は珍しくはないのですが、微妙な角度がついていてものすごく新鮮に見えます。そして設計の難易度は格段に上がるはずなのです。

今週末から上海出張なので、来週の月火水の更新はお休みしますね。

| | コメント (0)

2010年10月21日 (木)

名画

Picture Frame Ant Farms for "sophisticated children" (core77さん)
アリの巣がつくる軌跡。生きている名画なのかもしれないのです。

impressionist cake by megpi (LikeCOOLさん)
チューブで絞り出すなら、ものすごく適した素材なのです。印象派ケーキ。

Gotham Starry Night (Neatoramaさん)
なんという違和感の無さ!

| | コメント (1)

2010年10月20日 (水)

パンでできた

パンでできた○○。もっと見たような気がするけれど、ブックマークフォルダにあったのは今日の2点。
基本的にいつも蔵出しで、記事を書くのに新しく検索しようとはしないカミノデザインなのです。

Ready to bake at home (I Believe in Advertisingさん)
パンスリッパ。できる。くりぬけばきっと履ける。常にパンをふんだ娘状態。

Bread vases (Variations on normalさん)
こちらはパンでできた花瓶なのです。たしかに製法は同じ。

| | コメント (0)

2010年10月19日 (火)

折り紙のような

eat Pressed Bags, Fun Accident (Yanko Designさん)
ずっと注目しているこの手法。いわゆる貼り箱ではなくてヒートプレスなのできっと金型が必要だと思うのですが、中芯がどうなってるのかよくわかりません。一体なの?溶けるの?
とにかく紙のように扱えるのです。

TUKLUK (tri) (das moebelさん)
どうやら連結は磁石のようで、これなら子どもでも扱えます。三角形っていうのが予期せぬ形状を産むのです。

Killer new production method: Metal origami (core77さん)
板金のことはよくわかりませんが、こういう技術は一般的なものなのでしょうか。単に破線で切るのとどう違うのか興味あります。まだまだ知らない事って多いなあ。

ステンレス折り紙ワールド ([WBS]トレンドたまごさん)
これはユーザー自身で曲げられる商品。曲げたままの角度や曲率が保てる素材って金属ならでは。紙ではこうはいきませんよね。
ステンレス板で製作する動物やガイコツ。
こちらがその会社のサイト。→I-Factoryさん 購入もできるようですよ。

| | コメント (0)

2010年10月18日 (月)

傘の面積

傘は面白いんです。集中的に特集したいくらいなんですけど、それだとカサノデザインになっちゃうので我慢してます。

でも日用品で目にする1枚の面積としては、おそらく最大のものなのです。あ、カーテンとかあるな。

The Bucky Bar by DUS Architecten and Studio for Unsolicited Architecture (dezeenさん)
→傘シェルター。すでに骨組みもあって、モジュール化されていて、単価も安く、簡単に手に入る。

Umbrella recollector filters rainwater for drinking purpose (The Design blogさん)
傘で雨水をためるアイデアはいくつか見られるのですが、飲んじゃうのは実は珍しいのです。

691236 (Generate Designさん)
傘へのプリントは可能性がものすごくあるジャンルなのですが、実際の用途が設定されているのは珍しい。日時計になる傘。
n35°tokyo 691236 -太陽で時間がわかる日傘-
【Amazon】n35°tokyo 691236 -太陽で時間がわかる日傘-

| | コメント (0)

2010年10月15日 (金)

ルービックキューブ3面

Bronze Rubik's Cube (Neatoramaさん)
ギギーッって言いそう。ブロンズ製のルービックキューブ。インディ・ジョーンズ臭すらただようのです。

Braille Rubik’s Cube for the Blind (LikeCOOLさん)
こちらは触るだけで面を区別できるルービックキューブ。以前に各面の手触りが異なるものを紹介したことがあります。
ところで表記される点字は色名である必要はもはやありません。でもなんと描けばピッタリなのかは難しいのです。

ルービックキューブバンク (NIKKEI DESIGNさん)
つい最近発売された、ルービックキューブ型の貯金箱。
500円玉が100枚入るそうですが、そのスペースを確保しているだけですごいと思うのです。緑面を完成させないとお金を取り出せないそうですよ。ある意味ルービックキューブをロックとして使用しているわけです。

ルービックキューブバンク
【Amazon】ルービックキューブバンク

| | コメント (0)

2010年10月14日 (木)

くしゃっ

Jan Kriwol (LikeCOOLさん)
空間の平面化。紙化と名付けたいと思います。

creation of a chair (pan-danさん)
椅子ではなくて椅子を梱包したものに見えてしまうのです。
布や革で包まれていても中身を想像することはないわけだから不思議。

Deracine Wrinkle Series: Deracine (I Believe in Advertisingさん)
アルミホイルのしわを伸ばすとき、金属であることを思い出すのです。

| | コメント (0)

2010年10月13日 (水)

10 Marion Bataille

以前にこんな飛び出す絵本、ポップアップを紹介したのです。
<参考過去記事>→ABC 3d

Marion Batailleさんの本なのですが、アルファベットを見開きでひと文字ずつ見せるっていう手法がものすごく斬新だったのです。

でもって同じ作者から、こんどは数字版が発売されていますよ。その名も10。
10 Marion Bataille (Tateさん)
うーむ。こんども見開きひと数字なのですが。その見せ方や手法はABCのときとまったく異なる印象なのです。めくるごとになるほどな変化を見せてしまうのです。こんな手があったのか。

Amazonさんなどでも扱いがもうありますよ。大日本絵画さん扱い版と洋書版のふたつが購入できます。

10 (しかけえほん)
【Amazon】10 (しかけえほん)

10
【Amazon】10

| | コメント (0)

2010年10月12日 (火)

Re-board[リボード]

Re-board[リボード] (NSK 日本製図器工業株式会社さん)
…っていう素材があるのです。パルプ製品で、構造的にはかぎりなくダンボールに近いのですが、もっと厚みも強度もあって、事実上の面材として使用されています。

同様のものはいくつか商品として流通しているのですが、耐湿性や印刷適応、軽いことなど、きっと大型面材として中心になっていくのです。

今日は同様の素材で作られた椅子ふたつ。

Playful: Finnish Design (core77さん)
恐らくは2枚のパーツを組み合わせて作られた椅子。途中で曲げが入っていますが、座れて手で曲げられる素材となるとちょっと他に見あたりません。

alexander brink + antti pulli: yksi chair (designboomさん)
こちらは恐らく1枚のパーツでできた椅子。ベルクロで分解組み立てが可能になっています。それを手で行うには軽いことが絶対条件ですね。

| | コメント (0)

2010年10月 8日 (金)

カミニュース

燃えない紙 ([WBS]トレンドたまごさん)
紙そのものではなくて、塗ると難燃化する塗装剤。塗る行為は相手の形状によらないので、後から機能だけを付加することができますよ。塗る断熱材とか。

ポスラサウンドパネルforスピーチプライバシー (DNP 大日本印刷株式会社さん)
なるほど。元は「しゃべるポスター」が元なんですね。会話を打ち消す音源をしゃべるポスターで流します。オープンスペースでプライバシーを保つことができる技術。しゃべるポスターでしゃべらせない、ってところがいいのです。

| | コメント (0)

2010年10月 7日 (木)

はこ

mamazon (アルファルファモザイクさん)
素晴らしいアイデア。いつもの矢印もいっそう効果的に見えるのです。

Shoe Box Art (laissezfaireさん)
良い。統一規格なところ。リアル100かいだてのいえ。
100かいだてのいえ
【Amazon】100かいだてのいえ

How Easy It Is to Break into Your Home (Neatoramaさん)
簡単に侵入できますよ、っていう。
紙は悪者じゃないよ。悪者じゃないよ。

| | コメント (0)

2010年10月 6日 (水)

影→顔

折り紙 (monogocoroさん)
山下工美さんの作品。気づいた瞬間に地と図が入れ替わります。
正方形の紙から生まれる様々な表情。表情なんて顔の皺かもしれないのです。

アルミホイル (Variations on normalさん)
こちらはアルミホイルでつくった顔。やはり陰影が表情をつくっているのです。

| | コメント (2)

2010年10月 5日 (火)

座席前のトレイに

以前にこんなアイデアを紹介したのです。
Day 2: Pop Up Train Tray Surprise (Variations on normalさん)
座席前のトレイ。ものすごく汚れてたりなんてすると非常にブルーになるあれですが、これなら次の人も思わずニヤリ。

TrayKit (百式さん)
で、今日のネタはこれ。座席前のトレイに設置できるおもちゃトランクです。
あのトレイ、おそらく規格の大きさって無さそうなんですけど、でもそんなに外れた大きさにもならないのです。案外利用できるアイデアが眠っているのかもしれません。

| | コメント (0)

2010年10月 4日 (月)

アイコンの表現

Dylan Freeth (design milkさん)
フォルダスツール。フォルダはもはや重ねる行為のアイコンなのです。

Microsoft Windows7 (广告放肆さん)
4枚の紙で表現できるwindows。

Ctrl-V, Ctrl-X, Ctrl –Z (LikeCOOLさん)
ある意味アイコンの逆輸入なのです。じゃCtrl+Cって何になるんだろう?

| | コメント (0)

2010年10月 1日 (金)

えんぴつを作る

Never Ending Pencil (Yanko Designさん)
短くなった鉛筆は次の鉛筆のヘッドに。
プラスチック製で同じ機構のものがあった気がするけれど、思い出せない…とにかく削れるってとこがポイントです。

DIY Pencils (LikeCOOLさん)
あ、ほんとに作ってる。

Paper To Pencil, Just Like That! (Yanko Designさん)
こちらは紙をまいて鉛筆をつくる道具。…でいいんですよね。

デコエン (家電Watchやじうまミニレビューさん)
でもって巻いて鉛筆をつくるといえば今はきっとこれ。「シャーペン禁止令」を逆手にとったアイデア。

こちらは公式サイトです。→BANDAIガールズチャンネル
デコエン デコエン DX いっぱいデコれる バッグセット
【Amazon】デコエン デコエン DX いっぱいデコれる バッグセット

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »