« ろうそくのかたち | トップページ | ダンボールと紙でできたパズルやブロック »

2010年9月 9日 (木)

水に溶ける紙

いわゆる「水溶紙」といわれる紙です。水につけるとあっというまに溶けて(というか繊維がほぐれて)しまいます。

むかしなにかの付録なんかでも見かけた記憶がありますが、きっといまの水溶紙とは性能が異なるのでしょう。

学研の大人の科学でも付録としてついていたことがあります。鑑識キット。現在は入手困難のようです。
詳細はこちら→大人の科学マガジン Vol.02(探偵スパイセット) (ショップ.学研さん)
大人の科学マガジン Vol.02 ( 探偵スパイセット ) (Gakken Mook)
【Amazon】大人の科学マガジン Vol.02 ( 探偵スパイセット ) (Gakken Mook)

紙そのものの取り扱いもAmazonでありますよ。
A4サイズ50枚入りなのだそうで、パソコンのプリンターやコピー用紙としても使用可能とのこと。シュレッダーがいらない、または完全に機密情報が隠滅できるわけですから、けっこう需要はありそうです。

10秒で水に溶ける紙「シークレットペーパー」
【Amazon】10秒で水に溶ける紙「シークレットペーパー」

|

« ろうそくのかたち | トップページ | ダンボールと紙でできたパズルやブロック »

紙について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ろうそくのかたち | トップページ | ダンボールと紙でできたパズルやブロック »