« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月の18件の記事

2010年5月31日 (月)

シール4題

HA‐RU インテリアステッカー ウォッシャブル (Excite エキサイトさん)
ウォールデコとしてシールを貼るインテリアが増えています。そしてそのための商品も。リンク先で紹介しているのは、貼って剥がせるだけじゃなくて丸洗いしてまた貼れるシール。

TakeBreak Wall Decal (MollaSpaceさん)
よーく見ないとわかりません。壁の亀裂をデコレーションするためのシール。ただ日本の場合はビニルクロスが多いので、左官の壁は和室だったりしますよね。

ザイロンX150 シールメーカー (家電Watchやじうまミニレビューさん)
家庭で使えるシールメーカー。薄くて粘着テープがつくものなら、不定形であってもシールにできますよ。

PhotoPaddles (百式さん)
いやもう使い方はまさにシール。写真撮影の際にモデルさんにかぶせてしまいます。手元で。

XYRON ザイロン X-150 シールメーカー オレンジ
【Amazon】XYRON ザイロン X-150 シールメーカー オレンジ

| | コメント (0)

2010年5月28日 (金)

本棚まとめ その3 揺れる

<参考過去記事>
本棚まとめ その1 住む
本棚まとめ その2 紙

今回のテーマは「揺れる」。揺れる本棚ってけっこうあるのです。

Topple bookshelf (Core77さん)
揺れること自体をデザインにした本棚。
なのですが、傾くことが機能にもなっています。最後の1冊まで端から揃えられて倒れてくることがありません。

See-Saw Bookshelf (Geekologieさん)
ブックエンドの位置が左右で異なることがポイントです(変更できるのかもしれませんが)。よく考えると、同じ出版社、同じシリーズの本であっても"まったく同じ質量"になる本は無いのです。2冊買わない限り。
釣り合いがとれないことのデザイン。

Lean and Clean Balancing Machine (Yanko Designさん)
今度は釣り合うことのデザイン。
本棚が中央一点で支持されていて、左右に錘がぶら下がっています。釣り合いをとるためには錘の位置を常にずらさなければなりません。万一のときのために、ストッパーもちゃんとついています。

Do Not Touch (counterbalanced shelves) (danieleatock.comさん)
最後も釣り合うことのデザインなのですが。
いっけん普通に見えて、じつは一本のL字ブラケットだけで支持されています。棚板そのもののバランスがとれていないので、必然的に載せるものの位置と重さで釣り合いを取ることに。
もはや動かすことも日常入れ替えることもできません。そのギリギリの緊張感で満ちあふれているにも関わらず、普通の棚に見えてしまうのです。

ところで今回で本棚まとめシリーズも3回目。まだもうちょっと続く予定なんですが。
以前に一度やっているので、もうこのまとめシリーズで本棚ネタは一区切り、と思っていたのに、もう1回目と2回目のネタで出し損ねたネタを発見してしまいました。どうしよ。
出すかここで。
〈住む、で追加したい記事〉
stunts studio: stunt 1 (designboomさん)
jojoの第四部で鉄塔に住む男の話が出てくるのですが。それを思い出しました。究極にシステム化された建築は、だんだん鉄塔に似てくるのかもしれないのです。

〈紙、で追加したい記事〉
Cadence Shelving System (Apartment Therapyさん)
どうしてこれを忘れてたんだろう。
ダンボールをスタッキングするのは非常に難しいのです。積むのではなくて。特に左右の連結は難しい。積層すれば解決できてしまう、ひとつの解答なのです。強度もありますよ。

| | コメント (0)

2010年5月27日 (木)

染み

Making of B (LikeCOOLさん)
染みをコントロールしてイラストにしてしまうムービー。時間差が凄いのです。

テーブルクロス (omami.ruさん)
こぼしてしまう、ことを楽しいことに変えてしまうテーブルクロス。クロスに蝶が舞うのです。

Ariel (DigiArtさん)
染みを剥がすと企業のロゴが。非常にとれにくいものを非常にとれやすいものに変換する楽しさ。

| | コメント (0)

2010年5月26日 (水)

クレヨンを

クレヨンリング (omami.ruさん)
しっかりホールドできますよ。折れ、は何とかなるかな。
というよりカラフルなリングなんですよね。

クレヨン彫刻 (LikeCOOLさん)
うまい棒を思い出しました。
ちょっと光る質感がすばらしい。

クレヨンロケット (LikeCOOLさん)
いちばんクレヨンなのにクレヨンじゃない。

| | コメント (0)

2010年5月25日 (火)

メジャー2題

昨日の定規につづいて、今日はメジャー。

過去にもこんなの紹介したのですが。
Alexandros Stasinopoulos' watch(core77さん)
書き込めるメジャー (無印良品さん)

今日はこんなの。
Stunning Pendant Lamps Spun from Measuring Tape (Inhabitatさん)
メジャーでできたランプシェード。そうかメジャーもリボンと同じような使い方ができるんだ。

メジャーでできた… (ObjectbiS BLOGさん)
だったら編むことだってできるはず。
リボンよりも素材感が薄いので、こんなものに化けるんだっていう驚き感も強いです。柄が選べないのは難点。

| | コメント (0)

2010年5月24日 (月)

定規4題

ライオン事務器「ステンレス定規」 (Business Media 誠さん)
そうなってさえいれば誰でも使い方に気づくのです。ほんのちょっとのことなんだけれど、全く違う加工が増えるのでラインの変更は大変と想像してしまいます。

ZERO POINT RULER (革新的発明と製品情報さん)
どういう仕組みかわかりませんが、起点がかならずゼロになる定規。
建築では同じピッチで点を打つ作業が割とあるのですが、目盛が指定のピッチに変わってくれたらうれしい。

Tattoo Meter (LikeCOOLさん)
なぜそこに!
…と思ったのですが、指ではあまりにも道具然としてしまいます。それ以外ではもっとも直線的な場所ですね。

How to keep smart sideburns? (I New Idea Homepageさん)
正確にもみ上げの巾を決めることができるカミソリ。位置は?位置はカン?

| | コメント (0)

2010年5月21日 (金)

Rufus Butler SederさんのStar Wars Scanimation

Rufus Butler Sederさんといえば!
あのページをめくると画像が動き出す一連の絵本で有名ですが。
<参考過去記事>Rufus Butler SederさんのGallop!

もうニュースです。
5/12扱いで、新作が出ています。それもStar Warsですよ!
Star Wars Scanimation: Iconic Scenes from a Galaxy Far, Far Away...
【Amazon】Star Wars Scanimation: Iconic Scenes from a Galaxy Far, Far Away...

なんだろうこの流れ。まるでMatthew Reinhartさんがポップアップでスター・ウォーズ本を製作されたときのことを思い出します。もう避けて通れない道なのかもスター・ウォーズ。
<参考過去記事>Star Wars: A Pop-up guide to the galaxyが届きました

内容ですけどね。
いやたしかにYoutubeで検索すればたくさん見つかるんですけど。
ここで紹介するのはやめておきます!楽しみにしてくださいな!

いやでも白状します見ちゃいましたそこなのかそのシーンを選ぶのかと。
どれも有名なシーンばかりなんですが、同時に「動き」のあるシーンが選ばれています。このシステムに適した動き。ぜひ実際に確かめてみてくださいな。

| | コメント (0)

2010年5月20日 (木)

地球儀

地球儀のペーパークラフトって、ペパクラ界では立派なひとつのジャンルですよね。もうとにかく色んな地球儀が公開されています。
地球儀 ~世界の希少動物マップ~ (キリンビバレッジさん)
たとえばこれなどは、地球儀表面に「なにかを貼って」完成させる珍しいタイプ。ペパクラ地球儀の新しい楽しみ方なのです。

地軸23.4度組立式地球儀 (cainaさん)
こちらは実際に販売されています。ドリルデザインさんデザイン。
表面を外すことが前提の地球儀も珍しいのですが、なにより机に置くと地軸23.4度に傾く、っていうアイデアに唸りました。これによりスタンドが不要になるのです。

衛星写真は本当に地球なのか (デイリーポータルZさん)
こちらはご存じデイリーポータルZさんの企画。衛星写真から実際に球体を起こされています。最後はちょっと残念な感じですけれども。この作業が楽しいのはよくわかります!

local globes (designboomさん)
最後はちょっとびっくりしました。これってそういう球体展開図にするサービスがあるってことですよね。いやそれよりも、地域限定で球体にするそのアイデアに脱帽。プチ界王星。いやあれもプチか。

| | コメント (0)

2010年5月19日 (水)

カレンダー5点

カレンダーっていつも年末年始あたりに紹介しているのですが。いまやっておかないと今年のぶんは消費できないことに気づきました。

Jahresplaner 2010 (das moebelさん)
月表示がないと思ったら。
最後の行の使い方が秀逸なのです。

The Ring Calendar (Design You Trustさん)
黒い棒が目盛であって構造軸であって回転軸でもあるのです。
なんだかこう、宇宙を感じる美しい一品。

2010 Calendar by Beto Janz (design milkさん)
こちらは年度限定の(?)万年カレンダーですが。日にちが固定で曜日の色のみ移動します。初めて見る機構。

STIHL Leaf Blowers: Autumn Calendar 2010 (DesignWorksさん)
こちらは日めくりカレンダーですが。自動的に切り離せる機構が備わっています。

patrick frey: gregor calendar (designboomさん)
最後はニット・カレンダー。ほつれていく様が過ぎ去った時間なのです。

| | コメント (0)

2010年5月18日 (火)

食器を…

Divide and Conquer Your Food (Yanko Designさん)
「ちょっと折るだけでテーブルマナーを成立させる」デザインと見れば楽しいのです。

Spaghetti Scrub by Goodbye Detergent! (design milkさん)
鍋で泳ぐ姿はまさにスパゲティ!なスクラブ。

Spooning The Yogurt (Yanko Designさん)
なるほど。そうか。フタの裏を合法的に「舐める」アイデアでもあるんだ。

yu-hun kim: reading tray (designboomさん)
読書トレイ。食べる前提ですけどいやいや案外いろんな場面で使えそうなのです。情報をレイヤで重ねる道具。

| | コメント (0)

2010年5月17日 (月)

罫線

Think experimental (sasapong's room!さん)
背景が前面に出てくる瞬間ですね。

Slant-ruled notebook (LikeCOOLさん)
最初から傾いているノート。

Gridus barbecue grid (Art. Lebedev Studioさん)
いやもうそうとしか見えません。エクセル。

| | コメント (0)

2010年5月14日 (金)

がくぶち3

<参考過去記事>
がくぶち
がくぶち2

Illoiha Omotesando climbing wall by Nendo (dezeenさん)
以前に紹介した気もするのですが。
日常のなかの非日常。いや逆か。nendoさんのデザインのなかでも、特に好きな作品なのです。

titus kaphar (designboomさん)
もはや絵画の3D化。

maison martin margiela milan design week 2010 (designboomさん)
隠してるのに隠されてない。金庫の存在が絵画さえフェイクに見せてしまうのです。

Frame Sketchbook (Generate Designさん)
これはいい!素晴らしい!スケッチブックの表紙が額縁になっています。

| | コメント (0)

2010年5月13日 (木)

本棚まとめ その2 紙

本棚まとめシリーズの2回目。今回はダンボールをはじめとした紙ですよ。じつはダンボール製の本棚ってたくさん市販されているのですが、ちょっと特殊なタイプをご紹介。

Book&Shelf by Nendo (pan-danさん)
nendoさんデザイン。良く見ると特定の大きさの本しか入りません。セレクトされた本と本棚をコレクションとして同時に販売する楽しいアイデア。

Magma Bookstore (dezeenさん)
ショップ内装ですが、ここまで大々的に内装にダンボールを使う例は日本ではあまりないと思います。

cardboard office (Creative Review - Homeさん)
こちらは本棚はもちろんオフィスの内装すべてがダンボールでされた例。強度のある特殊なダンボールですが、これだけの面積を嫌み無く使えるのはすごい。

90° Furniture Makes Your World Super Flat! (Yanko Designさん)
こちらもおそらく広義のダンボール。紙らしくフルフラットになりますよ。軽量な材料だからできることなのです。

Cardboard Furniture (Yanko Designさん)
組み替えるタイプの変型家具。ダンボールだと思うんですが。紙は局所的に負荷のかかるギミックに弱いので、組み替えるのは良いアイデアなのです。

Cartoon furniture from @Fashion4Home (Design You Trustさん)
最後は積層するアイデア。普通ダンボールで強度を出すもっとも優れた方法ですが、材料が膨大になるのと重くなるのが欠点。ダンボールで丸みを出せる方法でもありますよ。

amazonのダンボール箱でつくるコミック&文庫本ボックス (マゴクラ magocraft)
Amazonの梱包箱をつかって自作する本棚。このBX1230、12ロールのトイレットペーパーを購入すると高確率で送られてくるようです。

<参考過去記事>
本棚まとめ その1 住む

| | コメント (0)

2010年5月12日 (水)

ピン

plugpinTAKUMI : IDEA INTERNATIONALさん)
「つまむ」行為をだれもがイメージしてしまうのです。

Ninja Tack (MoCo Locoさん)
「クルクル回して投げる」行為をイメージさせるこの不思議。

Quicktacks (design milkさん)
ポスターに穴をあけないピンはいくつかあるのですが、壁にもあけないものは珍しい。マグネットそのものが意匠になっている点も特徴と思うのです。

| | コメント (0)

2010年5月11日 (火)

ルビンの壷

ルビンの壷ってありますよね。こういうの。
rubin's vaseinkycircusさん)

最近見つけて、びっくりしたのはこれ。
the facial profile of the deceased (MoCo Locoさん)

これはこれで有名な構図なのでしょうか。まさに地と図の関係。
…ってルビンの壷がそもそも地と図の関係だから、それをさらにひっくり返して…うーむ。
デザイン的には、ルビンの壷とぴったり隣あう、ってことはわかるのです。

| | コメント (4)

2010年5月10日 (月)

紙でできた…

Digimech clock - 2008Duncan shotton | 2010 design portfolioさん)
デジタル表示を視覚化する装置。ものすごくそそられます。

fan clock (designboomさん)
扇子を使った時計。
なぜか既視感がありますが、初めて見るアイデアなのです。

ダンボールPC (革新的発明と製品情報さん)
過去にダンボールを筐体としたPCは何度か紹介したのですが…
これはダンボールでできたPC。剛性を上げるためには厚くしないといけない点がきっと壁。

The Stirling engineAstromedia Artikelansichtさん)
コーヒーカップの上で再現できる蒸気機関。

| | コメント (0)

2010年5月 7日 (金)

○○つきペン

…の中で、ブックマークしたものをいくつかご紹介。

紙つき (Gizmodo ジャパンさん)

ファンつきfind me a giftさん)

植物つき (designboomさん)

ローラーつき (サカモトブログさん)

ドアボルトつき (革新的発明と製品情報さん)

ノギスつき情報考学 Passion For The Futureさん)

最後のノギスは、もうそういう道具みたい。

| | コメント (0)

2010年5月 6日 (木)

折り鶴のような

<参考過去記事>→折鶴

トイレに鶴
先端としての鶴。どの状況で折るんだろう?

Melissa interior by Rosenbaum Design (dezeenさん)
什器鶴。 バランスが変わると恐竜のようにも見えるこの不思議。そこに進化の起源を見たり。

Solar-powered Ascension origami crane (The Design blogさん)
巨大セットの折り鶴。骨組みの段階では鶴に見えないのに、シートを貼るとちゃんと鶴に見えるのです。折ってないのに。
頭と背中のコブあたりがポイントかもしれません。

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »