« もといろえんぴつ | トップページ | 絵本から飛び出した飛び出す絵本 »

2010年4月15日 (木)

Pop up city / pop up stad / Popville あたらしい飛び出す絵本

過去いくつか「これだ!」っていう飛び出す絵本を紹介してきましたが。
クッキーカウント
とびだす!うごく!てのひらえほんシリーズ

まだ四月ですけどね。
今年の飛び出す絵本のベストはこれだと思うのです。
Pop-up City (Oh Joy!さん)

Pop-up City
【Amazon】Pop-up City

うーむ。これはもう発明だ。
飛び出す絵本の世界にもきっと進化があって、ここ数年はブームもあって劇的にその速度が速くなっていたのです。
進化しすぎた文明はその全貌が見えにくくなってきて、純粋な飛び出す不思議が逆に薄れてきた気がしていました。

で、これ。
飛び出す仕組みはとってもシンプル。穴を開けて次のページでも利用する方法も、きっと最初ではないと思うのです。
でもオドロキや感動がありますよ。最初は一軒だったのに。

この仕組みだとどうしてもギミックは中央に寄るので、普通は寂しい感じになっちゃうのですが…この本はそれすらも効果として利用してあります。

色使いやイラストの雰囲気もとっても楽しい、完成度の高い一冊と思うのです。ほら、ベストっぽい。

|

« もといろえんぴつ | トップページ | 絵本から飛び出した飛び出す絵本 »

紙をあつかう本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もといろえんぴつ | トップページ | 絵本から飛び出した飛び出す絵本 »