« 材料:ダンボール | トップページ | じぶんでつくる紙管こどもイス »

2010年4月12日 (月)

1=1+1 と 1+1=1

Wrong Pencil (Interior design roomさん)
折ってから使う鉛筆。「先がない」ことを示すのは消しゴムなのです。
鉛筆のおしりに消しゴムをつけるという発明が生まれた瞬間、えんぴつには方向が生まれたのです。
というわけでこのアイデア、もう一度方向を無くしてしまったのです。

1 + 1 = 1 (Yanko Designさん)
これを使えば元にもどせますよ。
というわけで明らかにセットで使うと便利な本日のネタ。本来はちびた鉛筆用ですが、ある意味方向の制御器でもあるのです。
まわりまわって、普通の鉛筆に戻るんですけど。

|

« 材料:ダンボール | トップページ | じぶんでつくる紙管こどもイス »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 材料:ダンボール | トップページ | じぶんでつくる紙管こどもイス »