« 鹿の椅子特集 | トップページ | 定規のゆくえ »

2010年2月 8日 (月)

かさなるかお×2

Nate Page (BEAUTIFUL/DECAY MAGAZINEさん)
表皮近くの断面が妙に皮膚っぽいのはテクニックでしょうか。
後半の目のシリーズ、元は違うページだったってところがポイントなのです。

Walee (LikeCOOLさん)
そういうスタンドかもしれません。
なんとなく口と眉にも見えてしまう、人間の顔って不思議なのです。

まったく違う表現のこのふたつ。
よく考えると積層の方向が90度逆なのです。

|

« 鹿の椅子特集 | トップページ | 定規のゆくえ »

紙を加工する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鹿の椅子特集 | トップページ | 定規のゆくえ »